旅行社74社が空港ビル見学


HOME

旅行社が新空港ビル見学会(5月01日)

 5月26日の供用開始に向け、万全の体制で旅行客を案内しようと旅行社を対象にした新しい那覇空港ビルの見学会が4月30日、午前10時から開催された(写真)。沖縄観光速報社が主催、那覇空港ビルが協力、全旅協沖縄支部、県旅行業協会、日本旅行業協会県支部、受け地連絡協議会、県旅行業協同組合の各団体から会員に呼びかけてもらって74社80人が参加。空港内に出店する琉球村は飲み物を用意した。

 見学会は那覇空港ビルの瀬底正明建設第二課長が案内。出発・到着の各階、県民広場などを案内。工事は一段落し、内装の最終段階で、什器などの搬入もほぼ終わり、商品が並べられるのを待っている。参加者からは「明るい空港だ」「広々として気持ちがいい」などの声が聞かれた。

 新ビルは各階に絨毯が敷かれて人に優しい施設となっている。また、エレベーター、動く歩道などが要所要所に配備され利用客の利便性を高めている。

 1階で手荷物を受け取った後に旅行エージェント、OCVB、ビル会社の総合案内カウンター、バス、レンタカーのカウンター、銀行、郵便局などが設けられている。

 見学した旅行社からは「広くなったとはいえ団体が重なると、到着ロビーでの混雑が予想される」「大型団体の場合8〜10台のバスが必要になるが、同時に横付けできるのか」などの指摘もあった。これに対し瀬底課長は「出発客と到着客の流れが完全に分離されており、かなり改善できる」と述べた。

 また、沖縄型特定免税店は両ウイングにそれぞれ150平方メートルのスペース2カ所、約300平方メートルが設けられているが、諸手続の遅れから目隠ししてあり、内装工事にはまだ手が着いていない状態。

 この見学会の後、新ビルは最後の仕上げに入った。5月25日に記念パーティーを開催し、26日から供用開始となる。

《最近の関連記事》
空港ビルテナント決まる 「新顔店」も続々(99年4月1日)
5月オープン、那覇空港ビル平面図(PDFファイル43KB)(99年3月15日)
新那覇空港ビルを見る 5月中旬に供用開始、工事順調(99年2月15日)
沖縄の玄関、空港ビル5月オープン テナント50店(飲食20物販30)内定(99年1月1日)


本ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は沖縄観光速報社に帰属します。
Copyright (c) 1996 Okinawa Kankou Sokuhousya. No reproduction or republication without permission.