観光速報30周年記念特別資料
創刊号から第765号までの主要見出し

(「観光とけいざい」第657号04年6月1日。WEB公開04年6月10日。05年4月12日、第676号まで追加。09年4月30日、第765号まで追加。)

沖縄観光速報社

 |  HOME |

 創刊30周年記念特集を第657号(04年6月1日)で組みました。多くの論文を準備していましたが、主要見出しを収録すると紙数が足りなくなり、後日掲載します。
 30年間を振り返って沖縄観光に明快な周期とその根拠(見つけた! 沖縄観光成長の法則)があることが分かったことは大きな成果でした。
 この間、支えて下さった多くの業界人、定期購読者、広告スポンサーに改めてお礼申し上げます。
 ネットで検索しやすいようにテキストを一挙掲載します。創刊号は全見出しを、以下は主要見出しとしました。本HPに収録してある毎号3本の見出しより分量は多くなっています。


ホテル料金値上げ
創刊号(73年12月1日)
◎ホテル料金も値上げ、1〜2割ていど近く実施
◎那覇空港ビル来年1月着工、鹿児島空港より大きい
◎気がるに世界の旅、旅券発給毎月2000人
◎米年から新しいパスボート
◎空からの観光はいかが、国和観光が遊覧飛行開始
◎海洋博に8万人、東京信金協が
◎福岡県がみやげ品に認定書
◎ホテルは54パーセント増、秋のシーズンでふえる
◎大平洋航空サービスが移転
◎東急ホテルに支店、ロジャース百貨店
◎喜瀬にクロトン園オープン
◎私の意見、ポート観光支配人北沢実氏
◎飛行クラブ会員募集中
◎ホテル大商がオープン
◎国際プラザホテルがオープン
◎福岡に営業所開設、沖縄ツーリスト近く名古屋にも
◎洋酒38品目追加、もどし税対象品
◎12月、1月の天気
◎特信トピック・初の女性パイロット近く誕生
◎旅行業者一覧

戻税トップは洋酒
創刊2号(73年12月15日)
◎あてはずれの空港急行バス
◎明るい空港へ、タクシーと乗客整理
◎10月の入城客は7万人を突破
◎パシフィックホテルが料金値上げ
◎那覇東急も料金改定
◎みやげ品の目玉商品は洋酒類
◎那覇市ホテル組合は料金すえおき
◎那覇空港に手荷物預り所
◎民芸展を1月17日から開催
◎タクシー料金値上げ
◎ホテル「サンエー」1月11日オープン
◎観光客に好評の沖縄個人タクシー
◎戻し税のトップは洋酒類



悪質みやげ品追放
創刊3号(74年1月1日)
◎社説観光界多難の年
◎出たらめ土産品を追放
◎琉球がすりに検査証
◎琉海が博多航路を開設
◎八重洲セントラルホテルがオープン
◎4月にライオンズクラブ地区大会
◎観光客8万人を突破
◎ホテル大商の電話番号決る
◎戻税実績表
◎認定証福岡も実施その他

ニセの黒真珠横行
創刊4号(74年1月15日)
◎12月の入域客は6万余人
◎スカッチ輸出価格引き上げ
◎海外パック料金下げる
◎トライスター3月に就航
◎一般旅行免許は3月締切り・運輸省厳しい基準示す
◎政府指定のホテル続々申請か
◎ホテルガラ空き
◎黒真珠にニセモノ横行
◎久米島に快速カーフェリー
◎東京などに観光案内所を計画
◎海洋博会場に郵便局
◎日台路線那覇空港も候補に
◎ホテル「いそ」「共同」オープン
◎附録「観光土産品の表示に関する競争規約」

いよいよ海洋博!
創刊5号(74年2月1日)
◎貸切りバス86%値上げ申請
◎宮古・八重山にカーフェリー
◎ビジネスホテルおくひらオープン
◎全旅協沖縄支部を結成
◎沖縄観光協議会が発足
◎九州の旅行社主任30人招待
◎ホテルのじゅうたんにも防火加工を
◎中古ホテルにも防災規定適用へ
◎貸切りタクシーで南部観光は7000円
◎5分間観光インタビュー
◎「海洋博情報」▼機関紙7万部発行、成功させる会▼那覇/会場間に水中翼船▼バスによる輸送計画調整難航▼成功させる会の事務局移転▼北部縦貫道の料金、観光バスは450円▼会場のバスターミナル造成完了▼タクシー乗り場は旧飛行場あと▼ホテルの予約は80%完了
◎12月の観光戻税他

海洋博は自爆剤
創刊6号(74年2月15日)
◎海洋博の交通規制
◎会場内に消防署、ベテラン隊員70人で万全の体制
◎海洋博の入場料は2100円程度か
◎ホテルの予約をしては絶対にダメ、深刻な宿泊施設の不足
◎「海洋博は自爆剤になりかねない」仲里県観光課長が観光界に警告
◎昨年の観光客は74万人
◎全日空トライスター24日沖縄入り
◎沖縄「都ホテル」オープン
◎ホテル「やぎ」「オークラ」オープン
◎コザ市のセールスポイントは…九州の旅行あっせん業者と地元側が熱心に検討
◎別冊資料「沖縄のゴルフ場」その他

創刊7号(74年3月1日)
◎大沖縄展100万の入場者予想
◎客足ガタ落ち国際通りのみやげ品店
◎新婚旅行ぐんぐん伸びる
◎日航の新婚旅行212%の予約
◎東急ホテル年内1万組見込む
◎那覇ホテル組合が新婚手帳発行
◎日航特選旅行318%の伸び
◎「沖縄都ホテル」「ホテルレインボー新館」「ホテルのざき」オープン
◎1月の観光客5万人突破
◎戻税ハンドバッグが伸びる
◎ロジャース百貨店が那覇に支店
◎パシフィックホテル1周年
◎日航新婚・特選旅行予約状況
◎観光戻税実績
◎中部個人タクシー料金表
◎2月の観光関係新聞報道他

一般登録は14社
創刊8号(74年3月15日)
◎海洋博前売りは7月20日から
◎アンコールフェアの突堤へ
◎美化運動に成功した香港
◎バス増車の結論出ず
◎JTB、近ツ、集客予想
◎今年度初の大型団体近く沖縄入り
◎大島運輸の神戸丸4月から就航
◎安里ホテル3月28日オープン
◎那覇グランドホテル4月13日オープン
◎ホテル香和がビジネスバック新設
◎ミニパックおきなわが移転
◎交通公社が移転
◎一級旅行登録14社が申請
◎ハブドリンク4月から発売
◎毎日琉舞がみられるG・キャッスルのシアターレストラン
◎安い舶来品一覧表(都ホテル調べ)

那覇に22ホテル
創刊9号(74年4月1日)
◎那覇にあと22のホテルが開く
◎ホテル宜野湾がオーブン
◎テレックス中し込みが殺到
◎マブニの丘に戦争資料館開く
◎新婚さんは大安の翌日沖縄入り
◎海洋博の医療体制は万全
◎急ぎの用は自家用機で
◎ホテル名護城オープン
◎石垣にホテルマエサトオープン
◎メキシコの闘牛11月に沖縄で開催
◎おみやげ品ベストセラーリスト
◎海洋博に700万人を予想
◎那覇市観光アンケート
◎観光戻税統計他
創刊8号までは『沖縄観光特信』という題名で発行9号から「沖縄観光速報』と改題、178号から『観光とけいざい』に再改題創刊号はB5版ざら紙の片面とう写版印刷で17頁購読料は年間6000円だった

第10号(74年4月15日)
◎南西航空、先島とテレタイプ開通へ
◎南西航空来年から2倍に増便
◎東急ホテル年内に新婚2万組受け入れ
◎国内旅行業者も厳しい条件
◎間に合うかホバークラフト
◎売りに出たホテル4つ
◎映画「沖縄の海」完成
◎与郡原町に「工芸村」
◎ホテル労組つぎつぎ誕生
◎沖縄みゆきホテルオープン
◎全沖縄の宿泊能力は3万人強
◎国際ショッピングセンターにおみやげ品店会
◎手製の潜水めがね等もみやげ品に
◎一般旅行業に13社が申請
◎観光公社、内部体制充実
◎総合事務局に企画室新設
◎Gキャッスルが政府指定申請
◎国民宿舎来年2月完成
◎おみやげベストセラーリスト
◎那覇市観光アンケート(続き)他

第11号(74年5月1日)
◎観光客とみやげ品店の実態(本誌調べ)
◎空港/Gキャッスル間に急行バス
◎2月の観光客は6万余人
◎昨年の海外旅行は2万5000人
◎一般旅行業の認可は10日ごろか
◎琉銀のホテル・旅館調査
◎ホテルオリオンがオープン
◎那覇つり船組合を結成
◎佳人形店が事務所移転
◎ホテル・旅館衛生組合結成へ
◎青年の家で琉舞のつどい
◎談話室(当山一夫氏)
◎海洋博、陸上輸送の難問解決へ
◎政府出展館いっせいに着工
◎レイクビューホテルが貸しネット
◎観光パートナーが誕生
◎牛肉のみそづけを新発売
◎おみやげに「さんにん茶」はいかが
◎最高のステーキ肉新発売
◎組合めぐり「沖縄みやげ品事業組合」
◎観光戻税実績他

註第9号に始めて広告スポンサーとして土産品の卸し、小売りの『美求センター』が入る第14号から第三種郵便物となる第15号広告に、『大和時計店』『琉球銀行』第17号に『ハブドリンク』『玉泉洞』『国際旅行社』『元和メガネ』『ミニパッキおきなわ』『フェリー飛龍』『関東交通観光』『ブルー観光社』『久米観光ホテル』、第21号からはさらに『沖縄ツーリスト』『国際さんご加工所』『ジョニーウォーカー』『琉球ミート』。

旅館組合を結成
第12号(74年5月15日)
◎観光土産品店の実態(続き)
◎一般旅行業13社に免許
◎県旅館衛生組合を結成
◎アゲゾコも発見、土産品審査会
◎6月から土産品に認証シール
◎織物も6月から実施
◎海洋博関連工事の進行率
◎本土損保会社営業を開始、ホテルへ融資
◎海洋博の保険はプール制で
◎150台のバス増車結論いそぐ
◎民芸ガラス売上げ好調、そえ島
◎県産極上牛肉発売、琉球ミート
◎本土へ一日で届く航空貨物0AS航空
◎県産品協会へ加入相つぐ
◎店頭の8割は京都産
◎品質アップ琉球人形のまるや産業
◎南米専門スウルアメリカ開店
◎観光客にバーベキューを
◎海洋博最悪時は入場制限も
◎3月の観光客は9万人突破
◎「ポスト海洋樽は明か暗か」琉銀調査部長稲泉薫
◎「ホテルの融資を30年にせよ」商工連会長国頭正雄、他

車両乗入れ禁止
第13号(74年6月1日)
◎マブニ丘の車輌乗入れ禁止に非難の声
◎戻税制度は残したい、県の意向
◎国際通りがアーケードを計画
◎OTS海洋博旅行本部を開設
◎海洋博入場券はJTBが委託販売
◎本土観光業者80社が沖縄視察へ
◎海洋博は船中泊で、本土7社が計画
◎海洋簿会場でカラー写真、西ドイツ製使い4時間で仕上げ
◎アリガトウチェックを実施しては、東良恒
◎海洋博民間出展館一覧

ハイヤーに138社
第14号(74年6月15日)
◎138社がハイヤーを申請
◎ホテル宿泊客は史上最低を記録
◎めいわく条例案、県警でまとまる
◎11月の観光バス早くも満パイ
◎海洋博見物はいくらかかるか(本誌試算)
◎平和祈念像世界初のツイキン像で、山田画伯日夜仕上に打込む
◎沖縄の海、ダイビング専門家が激賞
◎「闘牛」脚光あびる
◎沖縄市・観光連盟が東京に案内所を計画
◎日旅沖縄所長に下田氏
◎ホテル「梅原」オープン
◎ホテル「オリエンタル」オープン
◎全日空7月から東京など増便
◎4月は7万7000人その他

国観連支部結成
第15号(74年7月1日)
◎本土の旅行業者44人が8日に来沖
◎今秋最大の1500人が来沖
◎沖縄で熱帯医学会開く
◎全乗連全国大会を那覇で開く
◎ヤング、民宿センターへ予約殺到
◎ピストンバスで海洋博
◎名護市観光協会再発足の動き
◎舶来時計は本土の半値以下、山城時計店
◎13日から山田宝石が宝石フェア
◎縁起もの「カメ時計」を考案売れ行き好調、大和時計店の上原さん
◎久米島のイーフビーチ開く
◎国観連沖縄支部19日に結成
◎闘牛大会日程

激烈宿取り合戦
第16号(74年7月15日)
◎日航6月の入城客は2万5000人余
◎全日空は2万6000余人
◎沖縄にどしどし送客する神族協兵動団長語る
◎激烈「寝取り合戦」旅行社「野菜も配る」と契約勧誘
◎海洋博会場へバス配車案できる
◎東急ホテル争議解決の兆し
◎大型ホテル料金1万2000円?を検討
◎中型ホテルは8000円か
◎海洋博本土航路の配船計画内定
◎長崎からボーリング使節団
◎国際通りに打撃! ホテルショッピング盛んになる
◎沖縄のビーチはなぜ入場料をとるのか
◎沖縄市がゴルフ観光
◎ホテル「ポートサイド」「宗元寺ホテル」オープン
◎庶民の味「あんだんすう」発売、他

パシフィック増築
第17号(74年8月1日)
◎初の「県産品仕入れ見本市」20、21日開催
◎愛知産業が土産品卸売りセンターを計画
◎全日本ビジネスホテル協会が発足へ
◎パシフィックホテルが増築着工、来年4月完成380室に
◎ホテル「高蔵」オープン
◎海洋博の水不足、ホテルは対策早目に!
◎勇壮な南国の踊り『エイサー』近づく
◎東陽バス本社が立退き移転
◎「沖縄の資料を送って下さい」
◎「観光沖縄」への関心高い…仲里県観光課長の本土報告
◎ガイドを育てる観光学院開校
◎大東ゴルフ場の料金表
◎「G・キャッスル」「都ホテル」「パシフィック」の宿泊料金

メキシコ闘牛
第18号(74年8月15日)
◎海洋博に甘い期待は禁物?旅行業者75万と予想
◎海洋博用宿舎、住宅メーカーが開発へ
◎予納金問題でホテルと旅行業者が話し合い
◎日航3万3882、全日空は3万1642人、7月の航空2社
◎海洋博の輸送計画など9月中にはすべて決着
◎公給領収証の書き方簡素化
◎一泊二食込みで一人8000円、那覇ホテル組合が標準料金
◎沖縄への土産品一食品一進出は遠慮を、公取協が全国大会で訴え
◎メキシコの闘牛がやってくる、海洋博中ナイター開催
◎全沖縄の民宿は175軒その他

ホテル次々開く
第19号(74年9月1日)
◎(財)民宿組合中央会が発足、沖縄からは沖縄民宿協会
◎パパイヤの品種改良に成功、浜松産業5年の研究実る
◎「沖縄観光を考える」沖縄向け特殊運賃の設定を!
◎沖映が10月から観光客向けに歌と踊り
◎「戻税制延長は認めぬ」県の方針に業界あわてる
◎南米に盛り上る「海洋博」大城在亜会長語る
◎ホテルオープン特集「エメラルド」「ニューオーシャン」「南西観光」「ビクトリア」
◎本土から運転手400人を雇用、海洋博の輸送体制
◎メキシコ闘牛スタジアム近く起工式
◎土産品の新製品「不老酒」「シーサー酒」「はんちゅみ」その他

東急ホテル営業
第20号(74年9月15日)
◎プロムナードツアー、いっせいに売り出す
◎全旅連沖縄県支部を認可
◎東急ホテル営業を開始
◎一泊二食2200円、民宿協会の標準料金
◎OTSスカイメイト沖縄の旅、東京から4万3000円
◎新生トラベル「カラフル沖縄の旅」、国際旅行社「サン沖縄ツアー」、国和観光「サンセット沖縄」
◎飛龍就航12月に延期
◎連載㈪「観光沖縄を考える」業界総点検のチャンス、他

宿泊利用率33%
第21号(74年10月1日)
◎仲里観光課長、県の観光行政を説明
◎海洋博の島内輸送計画、決定は11月にズレ込む
◎ホバー1日15航海、フェリー1日3航海、琉海の計画
◎沖映の琉舞、団体観覧には最適
◎第1回宮古まつり観光振興に多彩な催し
◎公取協がお土産品審査、違反は少ない
◎グランドパーク、趣味の谷茶焼き始める
◎カツオがじゃんじゃん釣れる、民宿かがんじの話
◎琉球皮革、子牛の皮に紅型を染め人気
◎「観光沖縄を考える」沖縄の宿泊施設は平均33.6%の利用率

バス保証金問題
第22号(74年10月15日)
◎編集日記第1回「大不況」渡久地政夫
◎海洋博、貸切りバスの保証金は300万円「独占される」と中小旅行社が反発
◎バス確保できず観光団800人キャンセル
◎観光連盟と代理店が話し合い、ホテルの保証金問題
◎県観光課、ポスト海洋博で「コンベンションツアー」打ち出す
◎間に合うか渡久地港と運天港の埋め立て
◎うそつき泡盛、黒糖追放へ、県民生活福祉部動き出す
◎「観光沖縄を考える」県内の情報交換が不足、その他

航空輸送は万全
第23号(74年11月1日)
◎貸切りバス確保合戦大詰め
◎団体は60万人前後か、輸送力なく募集手控えも
◎航空の輸送態勢は万全
◎51年に全国中小企業大会、コンベンションの第一号
◎沖縄最大のゴルフ場12月3日オープン
◎「地元に優先割当てせよ」海洋博の貸切りバスで沖旅協が陳情
◎洋酒は昨年9月比38%増、戻税9月の実績
◎離島航路のスケジュール
◎中央ツーリストを認可、その他

23号までの広告スポンサーは次の各社『琉球上』『琉会館』『沖縄グランドパーク』『牧港マリン産業』『三宮』「ニューエンタープライズリサーチ』『スエヒロ沖縄店』『日産レンタカー』『琉球観光産業』『浜松産業』『経済連民芸センター』『元文堂印刷』『エコーグランドホテル』『勤労者観光センター』

自然・人工・人情の美
第24号(74年11月15日)
◎貸切りバス政治問題化
◎コザ信金がホテルに融資、16社に3億5000万円
◎政府登録ホテルに「都ホテル」
◎ピストシバス配車計画難航
◎戻税制度は5年延長、県が方針決める
◎沖縄の受入れ窓口を一本化、海洋博で全旅協沖縄県支部が引き受け
◎航空運賃団体割引き制の実現へ、総合事務局も動き出す
◎海・空港ターミナル工事急ピッチ
◎旅行業者の進出に厳しい目、県観光課が指導を強化
◎「沖縄観光を考える」団体旅行は全体の3割
◎岩切章太郎『自然の美、人工の美、心情の美』連載開始

海洋博輸送案発表
第25号(74年12月1日)
◎海洋博輸送計画特集「島内の『足』は確保する」総合事務局が海洋博輸送案を発表
◎岩切章太郎『自然の美、人工の美、人情の美』
◎編集日誌『航空運賃』

シーサイドプラザ
第26号(74年12月15日)
◎12月は最大の落ち込み、ホテル業界深刻な表情
◎ピジョン製菓「紅型染を発表」
◎岩切章太郎『自然の美、人工の美、人情の美』
◎シャンソン歌手石井好子さんにインタビュー
◎オート包装機を導入、パパイヤ漬大量生産へ
◎全日空のホテルパック、ホテル業界からモノいい
◎県産品協会、海洋博の態勢は全て整う
◎メキシコ闘牛、前売来月から一斉発売、スタジアムの建設に着手
◎本部シーサイドプラザ問題「これ以上は共倒れになる」「死活問題だ」地元は猛反対、その他


海洋博問題を特集
第27号(75年新年特別号)
◎特集さあ沖縄海洋博だ
◎年頭あいさつ、屋良朝苗/宮里定三/仲里全輝
◎「全体的に計画通り進行」古津海洋博監理官の話▼港湾那覇新港のターミナル完成/那覇港は4月に完成▼縦貫道乗用車300円、バス1000円か/所要時間は20分で▼郵便、場内本局は4月オープン/出張所は3カ所を予定▼医療本土からの応援も求めて/全医療陣が緊急体制▼場内・5救護所、救急車4台配備/診療所は事務開始▼救急車・南中北部で56台待機▼観光課・案内板、説明板を整備/情報センターの設置も▼航空・日航、全日空仮ダイヤできる/手仕舞は4月、能力は十分▼交通規制・会場まで自家用車の通行OK/那覇から片道2時間を理想に▼海運・ダイヤ決定、1日7隻入港/不定期船が19隻も▼リゾート公社・列車型宿泊所4月に完成/エキスポランドの運営も▼KDD・場内2カ所に窓口設置/テレックス、国際電話OK▼道路・58号線の拡幅順調/関連道路の整備も進む▼消防・宿泊施設へ立入検査/災害予防に徹底査察▼食品衛生・会場に9人の監視員/場外では食中毒を厳戒▼海上保安部・対策準備室が始動/場内に警備救難隊派遣▼太平洋横断ヨットレース・ハワイ、シスコから沖縄へ▼協会・4月に本部町に移動/従業員宿舎も建設へ▼物価・指定価格で値上り抑制/物価モニターが監視▼本部町・実質行動はこれから/複雑さにふり回きれる▼警察「会場警察隊」を編成/2000の警察官が取組▼電話・場内に1700本を架設/公衆は240個を準備▼報道陣・中央紙は支局を準備/プレスセンターも0K▼政府・県・民間出展館紹介▼水道・断水の心配ない/本部地区への配管完了▼島内輸送・陸上・海上二本建てで一日3万3000人の輸送体制▼南西航空・増便計画を洗い直し/ガラガラの石垣・宮古便▼ハブ対策・絶滅は不可能に近い/かまれないことが先決▼害虫駆除・薬剤散布で駆除/不快昆虫は万博の70倍▼気象台・3月10日に台風予報/各月別発生・気温・降雨発表▼衛生管理・ビルメン協会で管理▼ホテル・那覇にあと3000ベッド/業者は値崩れを心配▼観光開発公社・沖縄館に全力投入▼バス業界・配車に頭を痛める/運転手の養成に全力▼県産品協会・三店会に販売を委託/売上げ20億円狙う?▼ガイド不足は深刻▼本場メキシコ闘牛も/毎週3回「血と砂」を実演▼沖縄市・特別チームで対応策▼タクシー・接客マナーの向上へ/手引書をつくり指導▼おみやげ品・本土勢の殴り込み警戒/激しい一発屋の動き▼観光連盟・海空港に総合案内所▼那覇ホテル組合・野菜の共同購入も▼商部戦跡・ひめゆりの塔は車上参拝か/道路がせまく混乱の恐れ▼空港・4月開業7000人さばく/全国3番目の規模誇る▼観光施設・駐車場の整備など設備の拡張も進む▼磯釣り大会を沖縄で/共同企画で推進▼旅行代理店・東京発11万円ていどか/バスでイラ立つ業界▼沖縄に窓口、少人数も扱う/全旅協は(バス)2台確保▼航空貨物・1年で9倍にふくれ上る▼協力局・県内の総まとめ▼電力・会場へ送電を開始▼金融機関・琉銀・沖銀・沖相銀が出店▼成功させる会・全市町村に推進員置く、その他

定期バスの料金改定
第28号(75年1月15日)
◎2万人の団体客が来訪
◎定期バスの料金改定
◎エア沖縄、会長に具志堅宗精氏
◎沖縄ツーリスト観光部が移転
◎電電公社「支店代行電話」を開発
◎沖縄民宿協会、全国80社と協定
◎観光客のナマの声
◎岩切章太郎「自然の美、人工の美、人情の美」
◎記者手帳、他

ホテルパック打切る
第29号(75年2月1日)
◎貸切りバス割当て近く発表
◎南部に2つの大型おみやげ店計画
◎「ハブ・スパーク」新発売
◎沖縄民宿協会に予約殺到
◎北海道から6000人の観光団
◎「沖縄観光サービス」「大洋旅行社」認可
◎銀バス「中北部定観」を開設
◎税関が戻税業者と懇談
◎沖縄ツーリスト毎日90人の観光団
◎「全日空ホテルパック」3月で打ち切り、利用者は1カ月でわずか20人
◎岩切章太郎「自然の美、人工の美、人情の美」
◎観光戻税実績統計
◎保証金300万円に、国内旅行業1月から引き上げ
◎みやげ品(食品)値上げ、10〜15%砂糖の値上りで、その他

開業ホテルの一覧
第30号(75年2月15日)
◎航空運賃の割引率で難航、本土/沖縄特別運賃
◎パンナム、3月から台北線に就航
◎観光講演会、草柳大蔵氏ら招く
◎北部に8件、7000人の宿泊施設計画
◎シーサイドブラザ問題、建設阻止運動を強化
◎沖縄民宿協会八重山支部「パイン狩り」を開始/一人300円で食べ放題
◎千葉県旅行業協会50人が来沖研修
◎岩切章太郎「自然の美、人工の美、人情の美
◎これからオープンするホテルの一覧表、他

高い那覇港の家賃
第31号(75年3月1日)
◎海洋博、日航・全日空に190万席の申込み
◎沖縄は旅券発行で日本の14位
◎国民宿舎来月オーブン
◎生れ変ったムーンビーチ
◎銀バス中北部定観開始
◎北部縦貫道を初公開
◎沖縄公庫、50年度は900億円の資金
◎あと8人分残る/商議所の中小資金
◎琉銀のオンライン進む
◎日銀沖縄支店に聞く「前向き資金は貸す」
◎全国一高い那覇港/家賃は晴海の16倍、その他

石垣に新婚ブーム
第32号(75年3月15日)
◎日航が沖縄/香港線を再開
◎南西航空が熊本線を開設へ
◎航空運賃30%割引きを運輸省へ陳情
◎石垣に新婚ブーム
◎来年3月沖縄民宿まつり開く
◎保有機は8機、南西YS11を購入
◎「代理店指向型」都ホテル伊東社長が表明
◎銀座で勇壮にエイサー、観光連盟
◎海洋博料金決まるOTSは東京発10万3000円、その他

海洋博収入900億円
第33号(75年4月1日)
◎直行バス予約割当て決まる
◎海洋博で900億円落ちる、琉銀が試算
◎シーサイドプラザ1800ベッドで認可
◎直行バスのダイヤ案決まる
◎香水の値段でトラブル/観光客、三越の安売りで抗議「シャネル5番でボラれた」旅行社・タクシー・小売店がトバッチリ
◎団体3500人が来訪
◎那覇空港ターミナル14日から開業、その他
新しい広告スポンサーは『豊興産業』『日本旅行』『東邦食品』『オリエンタル酒造』『沖縄ハイヤー』『県労働商工部観光課』『那覇市観光ホテル事業共同組合』『琉鵬会』『コザ信用金庫』『ロイヤル物産』

洋酒売上史上最高
第34号(75年4月15日)
◎沖縄で民宿結婚式
◎洋酒、史上最高の売上げ
◎多幸山観光園、スキー場がオープン
◎県警、海洋博交通対策まとまる
◎空港の客引き根絶まであと一歩、常習客引きが一人
◎JTB沖縄、伊藤本部長が着任
◎海洋博これだけかかる/バスで那覇から7000円
◎岩切章太郎「自然の美、人工の美、人情の美」

貸切りバスに余裕?
第35号(75年5月1日)
◎標準宿泊料、沖縄市は6000円へ
◎台湾、大型ホテルが10%値下げ
◎ホテル「エッカ」30日にオープン
◎全国記者団、海洋博会場を視察/沖縄市で大歓迎
◎貸切りバスに余裕? バス会社セールスを展開
◎岩切章太郎「自然の美、人工の美、人情の美」その他

ホテル予約ゼロ続出
第36号(75年5月15日)
◎那覇市観光協会会長に平良市長
◎ホテル、3分の2が「予約ゼロ」/断然強い旅行社提携ホテル
◎バン、7月1日から台北=那覇を毎日運航
◎海洋博の交通料金、6月18日までに認可
◎岩切章太郎「自然の美、人工の美、人情の美」他

海洋博の各交通料金
第37号(75年6月1日)
◎特集! 海洋博島内輸送計画▼カーフェリー「ダイヤモンド沖縄」大人1000円、小人500円▼ホバークラフト大人3100円、小人1550円▼水中翼船大人2700円、小人1350円▼伊江フェリー大人100円、小人50円▼陸上・那覇/会場大人1000円、小人500円▼貸切りバス一日9万3500円、その他

南西熊本線を断念
第38号(75年6月15日)
◎日本一になった那覇市の観光ポスター
◎海洋博開催を前にサービス面の充実を、仲里全輝県観光課長
◎国際通り一部にカラー歩道
◎海洋博宿泊予約大型ホテルは100%達成
◎海洋博は160万と予想、ハーバービュー泰社長語る
◎南西航空熊本線就航を断念
◎伊江島空港は全日空・南西が使用
◎「列車ホテル」「ハーバービュー」「西武オリオン」「ロイヤルビュー」「山ノ内」がオーブン
◎岩切章太郎「自然の美、人工の美、人情の美」完、その他

沖縄海洋博が開幕!
第39号(75年7月1日)
◎沖縄海洋博が開幕
◎10、11月が最大のヤマ、海洋博で旅行社の観測
◎レンタカー協会が発足、会長に野崎氏
◎沖縄戻税協会が発足、会長に宮島氏
◎「ニューおきなわ」「那覇ショッピングセンター」オープン
◎クーポンを銀行で清算/ミニバックおきなわが
◎「最低気温15度以下は全て無料」ミニパックが企画
◎グアム・沖縄・台湾・香港線パンナムが毎日就航
◎会場に最も近いホテル、モトブシーサイドプラザ
◎OTS海洋博対策本部を設置
◎沖縄ホテル舞台付きの宴会場新築
◎リゾートホテルの決定版ムーンビーチホテル
◎本格的なべっ甲加工場、国際さんごが事業拡張
◎TDAが期間中に沖縄乗り入れ、他

セット旅行の仕組み
第40号(75年7月15日)
◎セット旅行はこうしてできる/旅行社は顧客第一主義/火花散らす集客合戦
◎東南アジアの観光地を探る第一回台湾㈰
◎情報提供に全力を、航空・宿泊の現状と対策/県観光課、海洋博で提言
◎アンコールフェアは断念、県の意向
◎あてはずれ海洋博、ガラガラ交通機関
◎沖縄の焼き物㈰、他


ホテルの苦境が続出
第41号(75年8月合併号)
◎民宿標準料金を破棄
◎海洋博の集客横バイ、各社低料金を打出す
◎ホテルも値下げ、沖縄、名護が苦境
◎民宿の資格基準決る
◎免税点3400円に
◎海洋博南口ゲートでヒロカネ弁当を発売
◎コンベンションツアー沖縄誘致に乗り出す/県観光連盟の方針、その他
週刊誌型に変形第28号からB5版よこ綴じになる

海洋博落ち込み始まる
第42号(75年9月合併号)
◎海洋博は11月で終り/交通公社の見解
◎いっせいに海洋博さよならセール/東京情報・旅行業界最後の追込み
◎戻税洋酒飛ぶ売れ行き、観光客1人平均3本買う
◎東京等に総合案内所、県観光課連盟に委託
◎モトブシーサイドプラザ、運営会社もピンチ
◎新婚組もそっぽ、予約はガタ減り
◎8月の観光客は22万5000人、他

屋良知事が送客依頼
第43号(75年10月合併号)
◎ズバリ語るこんごの観光㈰宮里定三「誘客に全力尽せ」9月は大幅な落ち込み海洋洋博関連事業
◎9月の観光客は12万人/昨年より3倍増
◎「こんごも送客を」屋良知事が大手旅行社に頼む
◎1泊10ドル相場の声も、大乱戦迫る宿泊業界
◎本誌オフセットで自社印刷を開始
◎ミニパック団体で3万7000円12月から、その他

土産品業界も大混乱
第44号(75年11月1日号)
◎編集日誌「アクアポリスは残せ」
◎ズバリ語る㈪吉田朝一「航空運賃の引下げを」
◎ホテル手数料13%へ、旅行社引き上げを希望
◎来年のコンベンション中小企業大会が決定
◎月の友も来年5月に1万5000人
◎カン入りちんすこう発売
◎那覇グランド・国際プラザ・ニューおきなわ、シティーホテルグルーブを結成
◎おみやげ品界、5カケ商品出回る/海洋博在庫で大混乱
◎海洋博が教えたもの「旅行の仕組みわかる」
◎甘い話にご用心/有名利用し売り込み/デパートもひっかかる、その他

悪徳商法が出回る
第45号(75年11月15日)
◎編集日誌「観光110番」
◎ズバリ語る㈫河野稔「観光協会を強化せよ」
◎「国や県は何もしない」発言に総合事務局は困惑
◎来年の誘客目標135万
◎「守札の国が泣く悪徳商法」その1「認定証」を悪用、数量減らし菓子を売る/その2試食させて安心させて…中味をスリ替えて売る
◎10月は22万人、昨年の3倍

「ズバリ語る」特集
第46号(75年12月1日)
◎ズバリ語る㈬井上高蔵「マスコミに不信感」
◎ズバリ語る㈭富永邦夫「南道徳を確立せよ」
◎ズバリ語る㈮大城孝心「安心できる観光に」
◎ズバリ語る㈯大城吉永「旅行社と提携せよ」
◎姿を消すか国際線
◎250年ぶりに解体修理、中村家の高倉
◎来年の観光客80〜100万人の線? その他

海洋博300万人割る
第47号(75年12月15日)
◎ズバリ語る㉀富田武富「海洋博不振の原因」
◎ズバリ語る㈷匿名ホテル経営者「航空運賃の値下げ」
◎ズバリ語る㉂小穴勲「恩納海岸を売り出せ」
◎ズバリ語る㉃嘉手苅定男「誘客には実力者で」
◎ズバリ語る兼ス名ホテル経営・元旅行社「業界紙は成り立たぬ」
◎海洋博、観客動員に失敗300万人を割る恐れ
◎よく売れたおみやげ品は沖縄特産に軍配
◎効果バツグンの案内所、要望が続々
◎海洋博破格料金のカラクリ、航空運賃を実質値上げ/盲点をついた共同企画、その他


宿泊業界戦国時代へ
第48号(76年新春特別号)
◎年頭の辞/屋良朝苗/宮里定三/平良良松
◎社説・ボク食べる人・渡久地政夫
◎各界メッセージ
◎県観光課博後対策強力布陣、座長に米村次長
◎近ツーが黒潮ライン
◎読売旅行モトブシーサイド博後も運営へ
◎沖縄エスコートサービス「フリータイムインオキナワ」を全国発売
◎脚光浴びる八重山・西表・竹富島「資料くれ」殺到
◎海洋博公園3月閉園をメド、県の基本方針決る
◎アクアポリス存置本決まり
◎沖縄市観光協会、東京事務所を開設
◎料金30%値下げ、宿泊界戦国時代
◎執念の豊興産、メキシコ闘牛、スタンド9分通り完成
◎ズバリ語る㈺市川達也「観光目的物をつくろう」
◎ズバリ語る鞄n久地政夫「必ず来る専門紙時代(業界紙は成り立たないに答える)」
◎11月の観光客は25万人、空路客が92%、その他

次ぎ次ぎ全国大会
第49号(76年1月15日)
◎那覇市観光協会が誘客隊
◎日旅が沖縄送客5万人目標
◎近ツー黒潮ライン10万人目標
◎全国中小企業大会はOTSが受け入れ
◎水道大会は中部旅行社
◎初の中学修学旅行団400人が沖縄へ
◎旅行各社次々沖縄視察
◎貸切りバス料金決まる
◎航空運賃の引下げ積極的に取組む、屋良知事が決意を表明
◎TDAも沖縄乗り入れを希望/海洋博の実績で自信
◎観光界、人と事業・多幸山観光園と渡辺良治社長
◎昨年の観光客は158万8059人、その他

海洋博公園10月開園
第50号(76年2月1日)
◎「KRT」も残したい、神戸製鋼が県に打診
◎沖縄の観光について(上)新堂盛進
◎18日に危機突破総決起大会・観光連盟
◎県観光予算ほぼ前年並み、2億2000万円台
◎開園は10月/海洋博公園
◎ズバリ語る鰹ャ山佳庸「店員教育に重点を」
◎武蔵野高の修学旅行1000人が3月に沖縄へ、その他

観光業界が総決起大会
第51号(76年2月15日)
◎「振興局」本決まり、4月発足職員は20名前後
◎農協観光新商品を企画中、4月から全国募集
◎特報! 観光業界が総決期、博後の危機を乗切ろう/緑のハチマキで結集
◎大韓民国、修学旅行で大攻勢3万円の格安料金
◎ホテル香和ついに競売へ/琉銀が申したて請求額6億円「ストと集客競争に負けた」刀折れ矢尽きた、福原社長と一問一答/いますぐではない、琉銀と一問一答
◎51年度の観光予算2億9000余万円と決定、その他

八重山に新婚ブーム
第52号(76年3月1日)
◎コンベンション続々決定
◎八重山に新婚ブーム
◎南西、団体新婚は予約OK
◎成果あった宣伝隊、沖縄市玉城観光課長に聞く
◎ズバリ語る㈴東良恒「海洋博から脱却せよ」その他

離島観光連休は満員
第53号(76年3月15日)
◎戻税制度の延長、この6月がカギ
◎離島観光は花盛り連休は満員、石垣・西表
◎連載㈰能美昌史「キメ細かなサービスを」
◎2月の航空乗客、両社で5万人ぐっと落ち込む
◎エッセイ旅・大木造
◎沖縄エスコートサービスのオプショナル、面白楽しい50コースを設定
◎エキスポランドオープン

観光振興局が新発足
第54号(76年4月1日)
◎KNT特別チームで沖縄のコンベンション売り出す
◎ケラマを売り出す、太平洋航空サービス1万5000人を送客
◎海洋博公園一部見学開始
◎観光振興局が発足、2課5係、22人で構成/局長に米材幸政氏
◎国が買い上げてホテルを減らせ、公営アパート論
◎倒産転業相次ぐ、ホテルがピンチ
◎キメ細かなサービスを㈪能美昌史
◎旅㈪大木進、その他

県内旅行業も乱戦
第55号(76年4月15日)
◎地元と大手が激突、県内旅行業界も大乱戦/発火点は修学旅行
◎JATA県支部年内発足のメドつく
◎大手ホテルも危機、東急希望退職80人募集
◎ズバリ語る㈴島尻好盛「広報センターの設置を」
◎能美昌史「キメ細かなサービスを」㈫
◎旅・大木進
◎「沖縄と観光」岩切章太郎その他

ヒルトン労組がスト
第56号(76年5月1日)
◎転廃業の促進など決議、環衛同51年度総会
◎廃業か人員整理か、名門東急ホテル重大局面
◎ヒルトン労がスト
◎航空運賃の引下げ、屋良知事が最後の政治折衝
◎これが世界一のサンゴ、国際サンゴ加工所
◎ズバリ語る牛kエ稔「観光はあと20年かかる」
◎修旅誘致の問題点トラベル明和、西川氏に聞く、その他
第51号は観光連盟の危機突破集会を写真入りで当日、まだ集会が開かれているうちに会場で発行・報道して話題を呼んだ同じ号のホテル香和の記事は、海洋博後のホテル業界の苦脳を浮きぼりにした必読のインタビュー

国際撤退する
第57号(76年5月15日)
◎予算7400万円、観光連盟の総会
◎海中公園、熱帯魚の餌付けに成功
◎必死で旅行社回り、沖縄の大手ホテル
◎ケラマが第一位、エスコートサービスの窓口から
◎沖縄の国際線は撤去、日本側の方針決まる
◎パシフィックホテル倒産の危機、博後の増築がたたる
◎大木造「旅」その他

よく釣れる沖縄
第58号(76年6月1日)
◎「来年の更新は厳しい」旅行業の一般免許
◎ホテル球陽館、政府登録
◎DISCOVERやんばる沖縄エスコートが発売
◎大ものがポンポン、沖縄の釣り
◎バンフのつくり方、新しい発想をとり入れて
◎沖縄観光のプロモーション、電通の企画報告書完成
◎4月は5万5000人が入域、昨年より2万人減
◎マスコミを知ろう、その1「敵に回すと恐しい
◎ズバリ語る㈻ジミー田中「ギャンブルを見直せ」
◎ズバリ㈶座間味崇徳「店員は琉球カスリを」その他

西表は依然好調
第59号(76年6月15日)
◎観光振興局、80万人を割る恐れ、懸命の活動
◎離島ブーム西表は依然好調、ケラマは満員札止め
◎沖縄ヒルトンエレガントホリデー人気
◎昨年の観光収入、1258億円、砂糖バインの4.6倍
◎ムーンビーチ好調、本格リゾートの実力発揮
◎全日空沖縄に全力投球、久米島を売り出す
◎沖縄売出し、国鉄に協力求めよ
◎5月の観光客統計5万4000人が入域、前年より1万人減
◎電通「沖縄観光のプロモーション」
◎マスコミを知ろう㈪「文書で売り込め」その他

海洋博直行バス
第60号(76年7月1日)
◎東急ホテル65人の新体制でスタート
◎メンソーレ新婚さん、各社誘致にマル秘作戦
◎若い女性、変わりゆく意識/ホットパンツで沖縄を楽しむ
◎ムーンビーチ海水浴バス、初のピックアップサービス
◎直行バスを毎日運行、11月1日開園
◎日航DC10、沖縄線に登場
◎電通「沖縄観光のプロモーション」
◎マスコミを知ろう㈫「社会問題は大きく報道」その他

サンゴ安い競売
第61号(76年9月15日)
◎国際線の継続就航を
◎戻税制度、延長か廃止か大詰め
◎レストセンター銀行取引き停止、沖縄への未払い7000万円か
◎パンナム、沖縄線を運航停止
◎「これは掘り出し物」地裁の競売6000万円のサンゴがたったの300万円
◎社告・渡久地政夫著『どうする観光沖縄』刊行、その他

第62号は本社に在庫がありませんお持ちの方はご連絡下さい

伊江島線は休航
第63号(76年11月1日)
◎編集日誌「琉海の悲劇」
◎来年の団体つぎつぎ、33年忌動き出す
◎南西、ジェット就航を申請、伊江島線は近く休航か
◎沖縄線は観光路線、80%が県外客
◎沖縄フォークジャンボリー、大みそかに開く
◎大嶺雅由作「あけずはべるの構え」
◎JTB高津邦生「いまやることは‐サービスの向上だ」、その他

宿泊ゼロに怒る
第64号(76年12月1日)
◎全国中小企業大会、沖縄市側が阻止叫ぶ/宿泊ゼロに怒る
◎航空運賃値上げは壊滅的打撃
◎渡久地政夫・土産品店の繁栄策
◎10月の観光客8万人の大台突破、3.5%アップ
◎大会予定を調査/観光振興局
◎編集日誌「ビール一本一万円」

ケラマ予約殺到
第65号(76年12月15日)
◎編集日誌「よろめき三年」
◎観光客100万人は固い、来年の見通しは明るい
◎南西のジェット化100億円を投入/八重山は反対、宮古は大歓迎
◎総額15億円を要求、振興局の次年度予算
◎国際ショッピングセンター大規模小売店に該当
◎ケラマ、早くも予約殺到
◎大文閣、珍しい漢方風呂
◎サービスキャンペーン来月から連盟が主唱
◎観光振興へ提言、経協青年部が発表その他


本部町観光特集
第66号(77年新年特別号)
◎年頭あいさつ平良幸市/宮里定三
◎琉銀稲泉調査部長に聞く今年の展望
◎観光産業ことしの課題と展望▼行政予算に注目、ソフト面の展開も▼旅行業・登録更新迫る、厳しさ増す経営▼ホテル・焦点は救済策、全旅クーポンに注目▼洋酒・戻税の期限は、一波乱起るか▼運輸・値上げが大問題、アシは悪材料ばかり▼土産品・Rが論議の的に、欲しい新商品の開発▼施設・美化に重点を、競争一段と激化▼離島・クレーム対策、ことしもブーム続く
◎全日空、熊本線毎日就航へ、夏までには実現か
◎サービス向上運動の沖一ハイヤー、沖個人タクシー・全国中小企業大会、事業局の手落ち/沖縄市側が経過を釈明
◎中部旅行社、大会が目白押し
◎11月の観光客8万4000人を突破、年間では86万人台か
◎本部町の有力者座談会「本部は観光の眠れる宝庫だ」
◎泣き笑い観光最前線/ガイド嬢が語る守札の邦の心配り、その他

戻税延長が内定
第67号(77年1月15日)
◎第一陣来月16日に/ケラマツアーことしは3万人を予想
◎10月に1000人が参加/保護司九州大会を沖縄で
◎続々立ちあがる、サービス向上キャンペーン
◎本土マスコミ界、沖縄取材が続々
◎戻税制度延長が内定
◎パンナム台北線再開、週3便ジャンボ機で
◎アクアポリス「沈没」の危機/観光客寄りつかず
◎経営放棄も検討、その他

イーフ全日空に
第68号(77年2月合併号)
◎33年忌法要、愛知県皮切りに始る
◎沖縄に集中送客、旅行開発市川社長語る
◎TVで沖縄紹介、全国で放送・県振興局
◎久米島観光協会が解散
◎イーフビーチホテル全日空が買収
◎宮崎から1700人、6月にチャーター船で
◎金城由美子「サービスのABC」
◎仲宗根精一「背骨の話と健康管理」
◎松平誠「今後の観光の在り方」連載開始、その他

日航が沖縄の海キャンペーン
第69号(77年3月合併号)
◎ヤングが来るぞ! 日航が沖縄の海キャンペーン/全国から記者団招待を計画
◎ゴールデンウイークは満杯/昨年比団体は8倍増
◎5月まで空路は満席、ニコニコ顔の業界
◎なぜ増えた観光客/背景を探れば…低料金で他を圧倒▼官民一体の努力が成功▼宿泊界偏りが目立つ▼サービスに全力を▼マスコミの報道が効いた、OTS東社長見解
◎沖縄観光の前進「GIT」で平良知事が談話
◎旅行開発年内8万人を目標
◎1人7万6300円使う/振興局のアンケート調査
◎那覇市内の旅行社、店を閉めて一ケ月、責任者が行方不明
◎玉泉洞フィールドアスレチックオープン、その他

恩納ビーチ祭り
第70号(77年4月1日)
◎学割り制度も検討/南西がジェット化で
◎沖縄台湾をセット販売、本土旅行社が計画
◎チービシを海の楽園へ、日帰えり観光の計画進む
◎イベント情報▼糸満ハーリー▼カーニバル▼カチャーシー祭り▼恩納ビーチ祭り▼沖縄まつり
◎観光開発公社が今年最大の沖縄PR作戦/朝日新聞などが協賛
◎人と事業「八千代バスと砂川恵一氏」「大文閣と大見謝文子さん」
◎本部町特集、その他

新しい広告スポンサー『首里物産』『那覇空港ターミナル』『田中インダストリー』『国和観光』『太平洋航空サービス』『ムーンライト』『きんだい通商』『日本航空』『石川島播磨重工業』『ホテルサン沖縄』

立直ったアクア
第71号(77年5月1日)
◎受け入れ体制を強化せよ平良知事が異例の呼びかけ
◎名鉄、石垣に観光案内所
◎幕開く先島のジェット機時代㈰
◎ホテル増築を決定、日誠総業来年4月完成へ
◎中央ツーリスト旅行開発と提携
◎Gパーク、國場組が経営へ
◎乱れ飛ぶうわさ、夕刊サン沖縄発刊で騒然
◎KNT所長に隅原氏
◎人と事業ポート観光嘉納道雄氏
◎立直るアクアポリス、他

太陽の恋人宮古島観光特集
第72号(77年5月15日)
◎今後も沖縄売り出しを、野島副知事日航・全日空に謝礼
◎幕開く先島ジェット機時代㈪
◎キャッスルのざき、和室宴会場を新設
◎人と事業・東南植物楽園李堅氏
◎太陽の恋人宮古島特集他

手形詐欺4億円
第73号(77年6月15日)
◎ヤングが圧倒的に多い、八重山民宿協会のアンケート
◎意外! 少ない慰霊団、断然多い本土の観光客
◎10万人送客を目標に/日旅連52年度総会開く
◎手形4億円詐取される/沖縄ヤクルトがパクリ屋に/映画もどきの犯行/沖縄ヤクルト回収に全力
◎またも記録を更新4月は9万5000人、他

連盟伊礼専務が辞任
第74号(77年7月1日)
◎ゆれる県観光連盟/伊礼専務が辞任/財政危機が表面化
◎この夏ヤングを迎える県内各地の表情
◎60校8000人を突破/修学旅行ことしの見込み
◎盛大に日観協総会
◎油井和一「沖縄の観光に提言」、その他

最南端の証発行
第75号(77年7月15日)
◎津和野町の観光マスコミを重視
◎ダイナミック沖縄デー29、30、31リゾート公社が開催
◎八重山観光協会「最南端の証」発行
◎南西航空10周年
◎日旅連県支部西日本キャンペーン同行記
◎日観協総会参加者への本誌アンケート調査結果
◎特別連載「観光宮崎ブームの秘密」岩切章太郎㈰、その他

花盛り、オプション
第76号(77年8月1日)
◎勝負あった! 今年10月来年3月の宿泊界/大手エージェント・キャリアはは設定完了
◎「観光大革命」が始った! オプショナルツアー花盛りの背景
◎地元の熱意に動かされ、東京新宿会を結成
◎沖個人は「沖縄の心」無線部創立5周年
◎本部海水浴場がオープン

沖縄観光ブーム
第77号(77年8月15日)
◎来年の沖縄観光爆発的ブームの兆し
◎パンナム10月から台北折返し/時間帯で好条件に
◎日旅・近ツー宿泊8000円級に全力
◎便数が少ない沖縄線/東京から札幌のわずか4分の1
◎L・ギルバートJr「他社に差をつけるものそれは『サービス』」

新婚客2割増か
第78号(77年9月1日)
◎くっきり南高北低
◎日航・全日空7、8月の実績は20万人
◎協同無線タクシー本土から10円で手配できる
◎盛りだくきん秋の催しもの
◎観光速報ホノルルに支局を開設
◎昨年より2割増か/新婚シーズン開く、その他

新婚客は日本一
第79号(77年9月15日)
◎受け入れに万全の態勢・傷い軍人大会/1万6000人集結
◎案内所を見る/旅行社を中心に営業/東京に50社が開設
◎新婚客の訪問先沖縄が日本一、JTB調べ
◎ジェット機時代をリード、パンナム創立50周年を迎える
◎沖縄ツーリスト本土大攻勢
主なスポンサー『日交オーシャンパーク』『日産レンタカー』『スエヒロ沖縄店』『元和メガネ』『沖縄パレスホテル』『ホテルエッカ』『東南植物楽園』『中部ハイヤー』『0AS航空』『新垣菓子店』『多幸山』『本部ジーグリーン』『ホテル梅原』『割烹・力』『玉泉洞』『やちむん』

ユニークな観光条例
第80号(77年10月15日)
◎来年は128万人、観光基本計画の入込み予想
◎観光条例ユニークな内容盛る
◎親切の輪を広げよう0ASがキャンペーン
◎4万人をこんがり焼いた、沖縄エスコートはだかバス大当り
◎桑原守也「泡盛礼讃論」
◎航空超安値時代へ/ロンドン/ニューヨーク2万8000円、その他

沖大に観光実務過程
第81号(77年11月15日)
◎観光連盟専務に潮平氏/事務局長は沢岻氏が昇格
◎成田開港迫る/見直される那覇空港/日航「南の玄関口」重視
◎農家も「沖縄へ行きたい」農協観光アンケート
◎団体1日平均25本
◎あなたは企画だけ、催し物引き受けます/代行会社MAPが誕生
◎自信を取戻した業界「南の島」観光の実力を発揮
◎沖縄大学「観光実務課程」を開設、石川政秀氏と本誌渡久地政夫が講師

旅行業協会が台湾へ
第82号(77年12月1日)
◎航空界に波紋PANのバジェット運賃
◎観光条例案、画期的内容の骨子/リベートの禁止も
◎編集者への手紙「有難い現地情報」実業の日本社・ブルーガイドブックス・原田興一郎
◎沖縄旅行業協会、台湾を親善訪問
◎セリーグ関係者が来沖/鈴木会長ら47人、その他


観光バスを奪い合い
第83号(78年新年特別号)
◎特集パンナムの招待▼アメリカ触れ合いの一人旅▼各観光地の表情、台湾・香港・サンフランシスコ・ロサンゼルス・ハワイ・グアム▼外から見た観光沖縄、個性のない那覇空港・お粗末な都市計画・リゾート構想が不足・コンベンションホールを・弱い広報宣伝活動・落第! 遅いサービス・米国、花盛り観光専門誌・祭り情報の徹底提供・沖縄の資源は最高・本誌渡久地政夫
◎年頭の辞、平良幸市・営里定三
◎社説「拝啓平良知事殿」本誌渡久地政夫
◎日本航空、ことしも沖縄キャンペーン実施
◎タクシーのサービス向上運動を展開
◎10%増は固い、今年の観光客
◎観光バス奪い合い/エージェントの申込み殺到
◎旅行集者アンケート、宿泊8000円が売りやすい
◎高校の修学旅行、沖縄視察団が来訪
◎連盟、小柳ルミ子に感謝状
◎札幌の雪まつり、守札門も出展/高津所長らが奔走
◎修学旅行の航空機利用、沖縄だけ認める/福岡県教委が公立高校に通達

航空会社に感謝のタ
第84号(78年2月15日)
◎盛大に航空会社に感謝の夕/平良知事ら出席/沖縄経済に多大の貢献
◎2ホテルが休業/ピンチ続く本部町の業界
◎宮古、予約早くも2万人
◎流氷まつり、30トン海中公園で展示
◎Gキャッスル小塙氏が就任
◎「修学旅行の沖縄」直言/他県の悪い点はマネするな/担当教官の紙上録音
◎嘉納道雄「生き残るため‐アクションを起せ」
◎観光連盟建て直し軌道に乗る、その他

八重山ではホテル逼迫
第85号(78年3月1日)
◎編集日誌「値上げ反対決議」
◎現年度より25%の伸び/53年予算で米材局長に聞く
◎6月から9月まで満杯/日航・全日空の予約状況
◎南西B737、7月中句に那覇に到着
◎防災設備来年4月から実施/厳しい基準・迫られる対応
◎沖縄=香港線を開設、日航4月2日から運航
◎鬼ヒトデ発生続く/ケラマ全滅、苦戦続く八重山
◎1月の観光客8万余で史上最高
◎平田観光、新鋭船を発注
◎先島レポート▼宮古・今年こそ正念場、観光協会の強化も課題▼八重山・宿泊事情が窮迫、送客には代理店も慎重に、その他

一斉に海開き
第86号(78年3月15日)
◎健保・共済プラン法人移行を決議
◎JTB春の新婚旅行調査、沖縄がトップ
◎日旅連総会、沖縄に30万泊送客
◎JTB来年1月から沖縄キャンペーン
◎入場料金を値下げ、東南植物楽園、10周年を機に内容充実
◎5社共同の先島商品スワルプランを発売
◎4月29日県下一斉に海開き、他

レンタカー値下げ
第87号(78年4月1日)
◎レンタカー50%値下げ
◎コンチ、ホノルル=グアム=沖縄=台北線申請
◎玉陵を一般公開
◎日航、4年ぶり香港線就航
◎はなやかにおんなまつり
◎上里社長が辞任、首里観光
◎修学旅行、昨年108校が来沖、他

アクア・財団が直営
第88号(78年4月15日)
◎国際線の誘致、九州各県は猛運動
◎受け入れ態勢の強化へ、宮古観光協会総会
◎国体運賃の大幅割引き、宮古観光協会、南西航空に要請
◎4月29日かりゆしの海開き、本土よりひと足お先に
◎アクアポリス、財団が直営へ
◎改正消防法、難解な注解釈、その他

消費のトップは婦人
第89号(78年5月15日)
◎公旅連県支部総会、修学旅行を積極誘致
◎「自信と誇りを持て」砂川恵勝教授講演
◎消費額のトップは40代の婦人、振興局の調査
◎ホテル香和、息を吹き返す/売買交渉進む
◎幻に終る?第三の日刊紙、その他

パンナム沖縄線停止
第90号(78年6月1日)
◎編集日誌「バスと遠足」
◎パンナム、沖縄寄港を停止
◎沖縄観光サービス、バカンスケラマを全国一斉に発売/6万2000円の低料金
◎霊友会、沖縄を目的地に選定/会員255万人が順次訪問
◎観光産業に全力、玉城村商工会その他

観光界転換期に直面
第91号(78年7月1日)
◎車は左! 勢揃いした各社の新型観光バス
◎観光業界転換期に直面! 気のゆるみに危機感▼根拠ない観光▼エアと代理店▼のど元すぎれば▼再来年が危ない▼リベートが大問題▼格安な海外旅行▼振興局の方針▼長い目で見よう
◎名護市不振の原因/根本的な見直しが必要▼まつりの錯覚▼専門家を無視▼パックの本質▼やる気があるのか▼業者だけの努力
◎南西、8月から与論へも
◎オクマビーチ22日にオープン
◎この目で見よう我が領土、尖閣ツアーを催行

宮里さんに藍綬褒章
第92号(78年7月15日)
◎編集日誌「現代の水戸黄門(あるいは島田琢郎代議士を斬る)」
◎インタビュー河路博氏
◎ブーム去る? ケラマ落ち込む
◎長崎のリベート公取委が動き出す
◎宮里さんおめでとう/藍綬褒賞受賞祝賀会
◎全日空、トロピカルキャンペーン大成功/目標を23%突破
◎日航、輸送力を増強/8月から東京=那覇6便
◎修学旅行ブームの前兆! 東京で問合わせ殺到
◎7、8月で40万人? 夏の沖縄過熱、その他

オクマビーチが開く
第93号(78年8月1日)
◎今後の観光を考える! 観光週間誌上座談会・宮里連盟会長、米材局長、佐藤日航支店長、東沖縄ツーリスト社長、高津JTB所長、司会渡久地政夫
◎全日空も輸送力アップ9月から東京=那覇4便に
◎オクマビーチがオープン
◎さんご会館沖縄がオープン/福屋観光チェーン
◎社告・創刊5周年記念東南ア観光産業視察団募集、その他

沖縄憎し、道新が報道
第94号(78年9月1日)
◎インタビュー「沖縄観光はヤングが源流だ」全日空橋本鶴男支店長
◎「あまりに客が多すぎて」与論=那覇の船、毎日3時間遅れ
◎「沖縄が憎い」北海道新聞が報道「ヤングを奪われた」
◎本誌の連絡でセーフ/旅行社(東京)がSOS/石垣空港で立往生の3女性、その他

沖縄の強敵は海外だ
第95号(78年9月15日)
◎インタビュー「熱帯花木で観光資源を」公害衛研所長吉田靭啓氏
◎日本アジア航空10月中旬就航メド
◎沖縄・台北線、日米航空会社入り乱れ熾烈な争奪戦
◎沖縄の強敵は海外だ
◎ITC10月から実施、チャーター便で安い海外旅行/グアム往復4万円
◎東南ア観光視察記㈰シンガポール
◎観光速報5周年記念東南ア視察旅行終了、その他

平和祈念堂が開堂
第96号(78年10月1日)
◎インタビュー「航空便数を増やせ!」日旅戸川正雄営業部長
◎国際線の誘致へ経済界が立ち上る
◎全日空、台北線に進出か
◎那覇に駐在所、国内旅行開発/所長に宮沢氏
◎摩文仁丘に平和祈念像が開堂
◎東南ア視察記㈪バリ島、その他
第96号別冊沖縄ツーリスト創立20周年記念特集
この年、創刊5周年を記念して観光速報社主催・沖縄ツーリスト取扱いの東南アジア観光産業視察団を派遣米村観光振興局長(現総務部長)らが参加その成果の一部は4年後同視察に参加した上田耕平氏によって「名護パラダイス」として花開いた

新婚客の消費は100億円
第97号(78年10月15日)
◎ブームの新婚客、消費額は100億円
◎編集日誌「しらけたなあ(あるいは平良市長を斬る)」
◎インタビュー「ソフト面の充実を急げ」沖縄公庫理事二子石揚武氏
◎名護さくら祭りへ西武流通グループが1000人送客
◎医学大会に3000人
◎日通航空は1万5000人
◎九州身障者大会は2500人
◎日旅は8000人
◎8000人のJC大会
◎沖縄ツーリスト20周年祝賀会
◎国際ボーリング場/土産品店に転向?
◎東南ア視察記㈫クアラルンプル、他

9月は前年比35%増
第98号(78年11月15日)
◎日航、東南アへGV25
◎客引き追放に立上る/那覇署も厳重監視態勢
◎ダメになる観光沖縄
◎インタビュー「沖縄の観光開発に協力する」日航営業本部長橋爪孝文氏
◎南西のジェット、宮古ヘテイクオフ
◎スワルプラン新たに3コース
◎9月は9万人を突破/昨年より35%増
◎東南ア視察記
◎タイ・バンコック、その他

日ハムを名護市が誘致
第99号(78年12月15日)
◎今年の観光客145万人か
◎インタビュー「観光の定着へ努力しよう」南内航空社長増茂昌夫氏
◎宮古、ジェット就航熱烈歓迎は大成功
◎国際ボーリング、土産品店にしない/うわさを正式に否定
◎県産牛肉空港で発売
◎国税事務所が方針/リベートにはビシビシ課税
◎近ツー沖縄で全社会議
◎日ハム誘致に名護市がヒット、その他
第99号別冊「曲り角に立つ観光沖縄」


フェニックスのかげり
第100号(79年新年号)
◎史実と伝統を守る沖縄の空手道
◎西銘知事への7つの注文・本誌渡久地政夫
◎インタビュー「沖縄観光は総反省の年」石垣信亨氏
◎宮崎はなぜ落ち込んだか「フェニックスのかげり」
◎来るぞFIT時代
◎脚光浴びる修学旅行
◎与那覇前浜の開発構想、東急が方針固める、その他

轟きの滝に施設計画
第101号(79年1月15日)
◎2、3月で30万人突破か、春の観光客、予約は昨年上回る
◎インタビュー「洋高和低は沖縄にピタリ」宮里定三氏
◎沖縄発のITC10月から実施へ
◎轟の滝に保養施設、300人収容の宿泊所も/本土資本が20億円で計画
◎さんごセンターが落成
◎ホテルの改装続々
◎渡久地政夫「フェニックスのかげり」が教えるもの

観光客150万人突破
第102号(79年2月1日)
◎労商部長に米村氏
◎観光振興局長に仲里氏
◎近ツー沖縄で全社大会
◎中小旅行社「なだれ現象的沖縄送客」高品質が知れ渡る
◎山陽新聞創刊100周年、沖縄ツアー大好評
◎観光110番
◎観光マイクロバスが登場
◎昨年の観光客150万人を突破
◎宮古空港ターミナルビル落成、その他

ヤマハが小浜開発へ
第103号(79年3月1日)
◎日航がウルトラジャンボ(550人乗り)計画、来年沖縄にも就航
◎仲里振興局長に聞く「阻害要因は断固排除」
◎沖縄県観光連盟に加入したい、与論が表明
◎大型ホテル建設に反対、ホテル組合が態度表明
◎八重山特集
◎日本楽器、小浜にレジャーランド、他

名護市観光協会発足
第104号(79年3月15日)
◎熱烈歓迎に感動、酒田村のお年寄り
◎観光TVフィルム完成、全国15局で放送
◎バス不足深刻、旅行社悲鳴あげる
◎あわもりのよさ
◎名護市観光協会正式にスタート
◎千葉県にくさび! 物産展初めて運営、その他

観光連盟が立ち直る
第105号(79年4月1日)
◎観光は定着した! 専門家の見解が一致、キャリア・エージェント「海洋博後のような落ち込みはない」
◎コンベンションホールを作れ/西銘知事が指示
◎観光連盟立ち直る、赤字一気に解消
◎26社が休眠中、県内の国内登録業者
◎修旅教師のミニ座談会「なっていない受け入れ」
◎与論特集「沖縄とともに栄えたい」坂元原澄、ほか

旅行業組合の股立へ
第106号(79年4月15日)
◎福田前総理、東南植物楽園を訪問
◎旅行業14社、事業組合の設立へ
◎那覇市観光課のアンケート調査
◎南西航空も本土でPR
◎熱帯魚のリースが登場
◎大当り水納島、予約殺到! 息吹き返えす本部町、その他

玉泉ハブ公園が完成
第107号(79年5月1日)
◎リベートを追放しよう! 中部個人タクシーが立ち上がる
◎海びらきは大成功/全マスコミが報道
◎観光連盟、北海道と提携
◎「観光と緑と花」吉田朝啓連載開始
◎県内のバス、系統番号が登場
◎玉泉ハブ公園が完成、その他

広がるリベート追放
第108号(79年5月15日)
◎夏の沖縄、3カ月でどっと60万人
◎入城統計は正しいか
◎修学旅行、小学校生の誘致に成功
◎リベートを追放せよ/運動広がる
◎急成長する航空貨物
◎観光みやげ品本土産菓子類が乱入/県産品はお手上げ
◎沖縄ヒルトンが身売り
◎久米島特集、その他

石垣へもジェット機
第109号(79年6月1日)
◎全日空、団体用スカイツアー発売
◎中部個人・那覇個人、リベー卜追放宣言
◎レンタカー爆発的な伸び
◎南西航空、石垣線、ジェット就航喜びの声
◎リウグウオキナエビス一般に公開/伊豆味パイン園
◎渡嘉敷特集、その他

広告界も沖縄に殺到
第110号(79年6月15日)
◎ビーチの清潔きは日本一
◎ヤマハはいむるぶし15日からオープン
◎県観光連盟、札幌観光協会と姉妹提携
◎札幌かけ歩き、本誌・渡久地政夫
◎ハワイで観光物産展
◎石油のなる木、名護熱帯園で栽培
◎無人島のチービシ売り出す
◎広告も沖縄に殺到、業界悲鳴あげる
◎観光バス、実情はこうだ/困る仮り押えとキャンセル
◎協会を結成しよう! 土産品卸し店主大いに語る、他

下地空港がオープン
第111号(79年7月1日)
◎空押えは厳禁/航空3社、全代理店に通達
◎旅行菜界は戦国時代
◎東急観光、沖縄営業所に昇格
◎近ツー仕入れセンター開設
◎ステーキブーム値段は本土の3分の1
◎下地空港がオープン
◎名護特集
◎なぜアリガトウか、海中公園職員が勉強会、その他

盛り上がるハワイ展
第112号(79年7月15、8月1日合併号)
◎航空運賃20%上げたい、日航朝田社長が表明
◎直ちに追随しない/南西航空の意向
◎盛り上がるハワイ展
◎沖縄から初の理事、JATA東社長を選任
◎沖縄観光速報主唱、親切キャンペーンを展開
◎ハワイ旅行を贈る、玉泉洞500万人目の入場者
◎航空運賃を考える
◎日下公人「80年代の文化産業」その他

土産品協会が発足
第113号(79年8月15日)
◎米村商工観光部長に聞く
◎沖縄土産品協会が発足
◎ハワイと沖縄を結び沖縄県の観光と物産展
◎東北でJ・J作戦展開か
◎小型飛行機の誘致、渡嘉散村議会が決議
◎公共航空、遊覧飛行を開始
◎石垣にホテルサンシャイン開く
◎タクシー協会、乗務員を再教育、他

沖縄市観光闘牛開始
第114号(79年9月1日)
◎台風足止め客におにぎりをどうぞ/観光客大喜び/那覇市内のホテルが
◎与論町の加盟断わる/観光連盟が回答/ヨロンはガッカリ
◎沖縄市、観光闘牛を始める
◎東北4県にキャンペーン、本部町がお礼もかねて
◎航空運賃値上げ、こんどこそ実現へ、その他
このころの広告スポンサーには『喜屋武商店』『那覇ショッピングセンタ』『一億堂』『経済連民芸センタ』『本部タワー』『中部旅行社』『日本旅行』『名城ビーチ』『おきなわファミリーランド』『沖縄相互銀行』『南西観光ホテル』ほか多数がある

コンチ、グアムを停止
第115号(79年9月15日)
◎コンチネンタル、那覇/グアムを停止
◎公社見直しの好機、観光開発公社とリゾート公社が10月に合併
◎見てきたハワイ、観光関係者の感想
◎私の沖縄旅行記「浦島太郎になったよう」東亜季
◎戻税協会の総会、戻税制度の存続を、その他

客引きの実態を追う
第116号(79年10月1日)
◎県内8カ所で建設の動き、再びホテルブーム
◎客引き、リベートの背景▼経過・2組が被害に会う▼世論・婦連が立ち上る▼実態・客引き30名が横行▼商道徳・小売店の本質は▼教訓・さんごにも注意を▼業界人は提言する▼新報・タイムスの社説▼客引・リベート今も暗躍している!▼八重山、こうして成功したリベート追放
◎沖縄観光とホテル、本誌渡久地政夫、その他

南部に大サボテン園
第117号(79年10月15日)
◎観光低成長期へ
◎南部に大サボテン園、本土資本が計画
◎最新沖縄のホテル事情
◎客引き、台北はこうして退治
◎「喜ばれる観光地へ」日吉徳蔵
◎沖永良部特集
◎客足は伸び悩む八重山、前年比5%増
◎事業所訪問「大栄空輸」「琉球硝子製作所」、その他

桜まつりに予約殺到
第118号(79年11月1日)
◎早くも予約が殺到、名護さくら祭り
◎「あれがホン引きだ」客引きがパト隊に逆襲
◎日本アジア航空、11月から那覇/台北に就航
◎反対反対の大合唱、航空運賃値上げ申請
◎JC大会成功で観光関係に感謝状
◎インタビュー名鉄鈴木国内部長、その他

地元旅行社の座談会
第119号(79年11月15日)
◎航空運賃が値上げになれば、観光客は10%減少/日航・全日空が予想
◎沖縄県観光土産品協会、会員の自覚で発足
◎われわれは地域社会に貢献してきた! 地元旅行業者の座談会
◎不当リベート追放、県タクシー協会が宣言
◎宮平観光ホテル、7階建て87室を増築
◎沖縄観光を「ブーム」に終らせぬには、本誌渡久地政夫(トラベルジャーナルより転載)その他

観光連盟創立25周年
第120号(79年12月合併号)
◎中小旅行社、次々に沖縄研修
◎「波及効果の実態は」観光部が調査
◎観光訴え続け4半世紀、観光連盟創立25周年
◎沖縄ホテル、ロビーを大改造
◎こちらはムーンビーチTVです・自主番組を放送
◎12月県議会で審議、観光振興条例の制定へ、他


インタビュー特集
第121号(80年新年号)
◎新年あいさつ西銘順治、太田昌知、平良良松、宮里定三
◎ハーマン‐カーン博士「ツーリズムの将来150年後の観光菜界の未来学的展望」
◎沖縄コンベンションセンター建設構想調査中間報告の概要
◎ホテルにもコンピュータ時代、ドレス導入を決定
◎長く厳しい道だった/盛大に観光連盟25周年式典
◎米村部長に聞く、80年代の観光沖縄
◎インタビュー観光伸ばすのが筋・國場幸太郎▼各層の変化に対応・橋本鶴男▼本土に情報送れ・福永俊郎▼楽しさを演出せよ・堤朗▼客を大切に…運動・松井繁松▼役割りの再認識を・山脇篤彦▼変化に対応する年・東良恒▼長期ビジョンの確立・小塙平馬▼トロピカル沖縄を・大林宗正
◎国際級レストランシアターを計画
◎台湾観光団はお金持ち
◎観光振興条例を可決、他

台湾の買い物客が急増
第122号(80年2月1日)
◎宮里定三氏に聴く「80年代の観光沖縄」
◎インタビュー▼冬場の目玉作れ・大城宗憲▼吸引力が問題だ・増茂昌夫▼回復の原動力は? 副島吉之助▼行政の手で花作り・平良盛三郎▼楽しいムードを・宮里辰彦
◎台湾から買物ツアーが急増
◎全国初の観光パトロール
◎沖縄リザーブセンター大活躍

観光客180万人突破
第123号(80年2月15日)
◎沖縄線にGV25新設
◎観光振興条例全文・解説
◎昨年の観光客180万人の大台突破
◎沖縄、今年も順調な入込み
◎特集ホテル那覇チェーン
◎表情豊か!本部町特集
◎修学旅行どっと沖縄入り
◎日航、ジャルコム㈽が始動
◎ホテル・サンプラザに見る1020合理化作戦
◎各地の入込状況

沖縄へ中華航空就航
第124号(80年3月1日)
◎全日空、仙台=沖縄線開設へ
◎カデナ基地観光が実現
◎沖縄へ中華航空が就航
◎インタビュー▼10年後に230万か・稲泉薫▼将来性豊かな観光・上山純▼社会環境整備急げ・佐藤学▼花の島の実現急げ・柳川成顕▼受け入れの充実を・久場政彦
◎渡久地政夫の八重山レポート「日本一へ磨きをかけよう」
◎新婚3000組集合、沖縄観光サービス
◎大城宗憲「沖縄観光の知的表現」その他

絶好調な入り込み客
第125号(80年3月15日)
◎コンベンション、今年も予定ぎっしり
◎好調な入り込み、かげり論吹っ飛ぶ
◎みやげ品の売り上げ高、那覇は全国第2位
◎那覇JCが決議コンベンションホール建設を急げ
◎連盟が観光情報ファイル発行
◎カデナ基地カーニバル、観光バス大歓迎
◎沖縄タバコ、異例の1000万本、売れ行き全国一
◎絢爛豪華! じゅり馬まつり

観光バス増車を決定
第126号(80年4月1日)
◎バス4社、観光バス増車を決定
◎轟きの滝「保養地は断念した」群馬日産天野会長が語る
◎「コンピュータと観光光業界」大城吉永
◎感動の連続・八重山特集
◎男はつらいよ沖縄の巻、いよいよ遺影開始
◎黒真珠那覇店オーブン、その他(本号より写真植字機を導入)

本部町観光協会が発足
第127号(80年4月15日)
◎ビリー・グラハム博士迎え/史上最大の国際集会/10月に2万人規模/沖縄市で
◎観光に全力を集中/55年度予算に見る各市町村の取組み/横綱は那覇市の6700万円
◎沖縄でも発行開始、アメックスゴールドカード
◎本部町観光協会が発足
◎イーフビーチ、太田総支配人が着任
◎静鉄の企画が成功/故藤野校長の顕彰ツアー、その他

久米島観光協会設立
第128号(80年5月1日)
◎日航がキャンペーン/安くておいしい県産ビーフをどうぞ
◎久米島観光協会がスタート
◎砂山ビーチに更衣室
◎ハーバービュー廣田社長が就任
◎特集ヨロン島
◎今年は1200人が訪沖/福岡少年の船
◎ホテル・ミヤヒラ、10月開業へキャンペーン展開
◎サンコースト15日新装オープン

台湾からも修学旅行
第129号(80年5月15日)
◎宿泊施設の全容わかる/軒数は676軒
◎最大の花卉センター、飛行場跡に計画/国・県・本部町・開金が
◎観光は大事ですよ、県内向けPR映画完成
◎台湾からも修学旅行生
◎廣田寛治「変化する観光動態」連載開始
◎久場政彦「有望業種にどんどん融資」
◎迎賓館、那覇に7月オープン
◎本部町観光協会「やんばる」宣言/今後「北部」は止める/永六輔氏も同意見
◎ゲートボール有望、他

宗教団体がホテル?
第130号(80年6月1日)
◎沖縄一のリゾートホテル? 恩納村に計画/宗教団体が建設/乱れ飛ぶ噂、海洋レジャーの国際版
◎久米島特集
◎沖縄線に大きな期待/電話で聞く東北の表情/全日空坂田仙台支店長・本誌
◎チービシ本格売出し
◎観光連盟の定期総会、他

観光の波及効果調査
第131号(80年6月15日)
◎全国初、観光の経済波及効果調査まとまる
◎恩納村「宇宙時代ですぞ」衛星追跡墓地を公開
◎日航、さわやかユニフォーム
◎沖縄みゆき特集
◎石垣に誕生の新施設を見る「海洋民俗村」
◎ホテル・サンコースト
◎観光バスの増車42台と決定

香港からも観光団が
第132号(80年7月1日)
◎香港からも観光団
◎「旅行商品の流通構造」WTO「観光における流通機構の研究」から
◎観光客、3カ月連続のマイナス
◎台湾その魅力
◎宮古は最高によかった/近ツー窓口職員研修旅行の感想、その他

低落に不安が渦巻く
第133号(80年7月15日)
◎観光業界、低落に不定渦巻く/背景に景気後退と節約ムード、キャリアは強気
◎スワルプラン再出発、南西航空がテコ入れ
◎来年の大会、5000人の医師会/表千家は4000人
◎設備資金貸します/初のホテル適用
◎石垣市、恵宝堂がオープン
◎観光を考える本、日観協の出版物
◎宮古観光協会ニュース、他

消えた観光客30万人
第134号(80年8月1日)
◎消えた30万人、協賛金は出したが…/送客側の会長は辞任・委員会は解散/これから募集、事務局と一問一答、関係者にショック
◎ようこそ沖縄へ、香港から観光第一陣
◎大型プロジェクト、大那覇空港の建設が課題
◎東恩納寛淳「ヤンバル・スカイラインの夢」
◎南西航空、昭和60年までの観光客の長期予測を発表、石垣は30万人に、その他

ガイド・ハワイの例
第135号(80年8月15日)
◎沖縄でも国鉄乗車券が買える
◎大城宗憲「受け入れの強化について」
◎「ハワイのガイドはこうしてやる」倉原信子社長に聴く
◎創業30周年さんごセンター特集
◎イーフビーチホテル増築完成
◎情報交換は活発に、観光協会事務局長の座談会、他

消えた30万人の続報
第136号(80年9月1日)
◎真言宗赤星会長らが語る/上松氏の行動は遺憾/純粋な気持ちで巡拝/真意を理解して欲しい
◎動き出すゲートボールツアー
◎沖バス、カラオケ付き観光バスが入荷
◎近代的アーケード、名護市大通りに完成
◎「観光収入の経済波及効果調査」連載開始

台北で観光セミナー
第137号(80年9月15日)
◎台北で観光セミナー
◎過熱する「海外」安売り合戦/ハワイ11万円も/沖縄への影響必至か
◎修学旅行、昨年の実績/105校が沖縄を訪れる
◎環衛同青年部、ふれあい運動を展開
◎ホテルニュー多かし特集
◎プラザハウス内部を大改装
◎南西、与論を毎日運航/11月から一往復、他

モニターツアー実施
第138号(80年10月1日)
◎連盟・全日空が共催/沖縄もモニターツアーを実施
◎北沢均「東急観光と沖縄」
◎東北の旅行エージェントに、本誌がミニアンケート
◎東武トラベル沖縄に6000人設定
◎新婚旅行・ホテル特集
◎全国初のドライブインムービー
◎沖縄で初のタトルマラソン全国大会

南西のホテルで論議
第139号(80年10月15日)
◎コンピュータ(電電公社のドレスシステム、予約・情報提供機能)は観光連盟で/57年実働目指す・ホテル組合
◎喜びに沸く与論島/南西航空11月から毎日運航
◎旅行業界17社で組合結成
◎南西航空のホテル問題/石垣・白熱する是非の論議/ホテル間題両者のいい分▼共存共栄が目的、大城判▼地元宿泊業者で対応・石垣信亨/両者が公表するホテル問題の経過/南西航空にホテル問題を聞く・本誌渡久地政夫
◎民宿中央会破産
◎西表バカンス村は不可/竹富町議会で決定、他
消えた30万人の記事で業界・関係者は騒然となった編集者にキケンはないかと事務所前まで確めに来る本誌ファンもあった真言宗の赤星会長らは本誌を訪れ真意を語っている

秋の新婚旅行トップ
第140号(80年11月1日)
◎日旅沖縄・来年から卸売り開始
◎石垣一の本格ホテルミヤヒラがオープン
◎いんぶビーチ・金竜号が登場
◎同期の桜(元少年航空兵)沖縄で全国大会
◎秋の新婚旅行・行先地沖縄がトップ(JTB調べ)他
第140号別冊台湾特集

知事観光業界と懇談
第141号(80年11月15日)
◎農協観光・沖縄に続々送客
◎西銘知事、観光業界と懇談
◎日航×全日空、札幌線でも激突
◎観光バス新車両が続々登場
◎勝田市、茨城の塔で慰霊祭
◎悲観派・楽観派、あなたはどちら/ポートピア81と来年の観光沖縄、他

沖縄で親切運動
第142号(80年12月合併)
◎来年の沖縄観光、客の流れが変わる?
◎沖縄でも親切運動展開、1月に県本部を結成
◎その後のレストランシアター迎賓館
◎「名護市のキャラバン隊東北3県を行く」東恩納寛淳
◎フロント業者「台湾」も取扱い
◎宮古砂山ビーチトイレ施設着工
◎北山修二「最近の旅行動向とホテル利用の実態」
◎沖縄生まれのサンウェア、ジュネオリジナルが大当り、他


花の沖縄運動を
第143号(81年新年号)
◎年頭あいさつ西銘順治・平良良松・大田昌知、宮里定三
◎沖縄観光速報社、花の沖縄運動を推進/第一弾キンレイジュを贈呈
◎新春インタビュー米材商工観部長に聴く
◎大城宗憲「県立観光案内所と案内標識を早急に」
◎新春インタビュ宮里定三「今年の沖縄観光の展望」
◎北から南から新春電話座談会/札幌/京都/長崎/宮崎/鹿児島/沖縄/中華民国
◎増茂昌夫「離島観光の明日と南西航空」
◎大城吉永「沖縄の旅館業界・苦難の歩み」
◎吉田朝啓「沖縄に花のブラジル街道を!」
◎座談会JC活動と沖縄
◎重人事態と問題視/旅行業協会沖縄リザーブ問題を討議

客一人に手数料1000円
第144号(81年1月15日)
◎問題残した沖縄送客/関西の旅行社・土産品店から各一人に手数料千円/「無茶な条件だ」/弱みにつけ込む・土産品業界が反発/旅行社は全面否定
◎台湾の観光客、今年は6万の予想
◎大成功を収めた台湾キャラバン
◎即時予約が出来る、南西のコンピュータ化
◎日航沖縄キャンペーンを開始
◎本誌の花の沖縄キャンペーン、キンレイジュに申込殺到
◎大城宗憲「二次振計では具体案を」
◎中山開発庁長官が表明/石垣は本土資本で開発・直航便の就航も必要だ、その他

航空会社がリゾート買収
第145号(81年2月1日)
◎恩納村のリゾート施設、航空会社が買収に乗り出す
◎恩納マリーナ付近にもレジャー施設計画
◎小さな親切、県本部を結成
◎石垣に250室のホテル建設、南西航空が正式発表
◎なぜホテルに反対か、石垣信亨氏に聞く
◎観光収入は1800億円余
◎「台湾からのお客さん、初めての外国沖縄に歓喜」日本アジア航空富山要支店長
◎日航各種割引運賃制度を提唱、他

公社沖縄支店に昇格
第146号(81年2月15日)
◎宮古・ホテル建設急ピッチ/砂山に200室規模/宮古島リゾート年内着工、58年開業
◎各地で華やかに海開き
◎連載「吸引力㈬免税制度を実現しよう」
◎石垣市、海洋民俗村がオープン
◎沖縄市観光ニュース
◎JTB沖縄を支店に外格
◎近ツー野口所長が着任、他

ポートピア会場見る
第147号(81年3月1日)
◎玻名城の里・いよいよ今月中に着工
◎沖縄への影響なし?ポートピア会場を見る
◎「ジック」沖縄に進出/コンピュータで業界一番乗り
◎竜宮城貸します!
◎ロイヤルビューホテル金井総支配人が着任、その他

国際線待合室パンク
第148号(81年3月15日)
◎コンベンションホール、促進協設立へ
◎沖縄県内ホテルラッシュ/5カ所に国際級
◎那覇空港国際線ターミナルパンク寸前/拡張の余地ない・空港KK大弱り
◎パシフィックホテルにUFO
◎ペリー酒販/空カン5円買上げキャンペーン
◎ホールイン・ワン空港山田部長
◎ムーンビーチにヤシ50本植える、他

新観光部長に金城氏
第149号(81年4月1日)
◎宿泊業界に新しい波・共同でホテル建設へ
◎沖縄市の大型ホテル/開発許可が出る/総工費40億250室を計画
◎全日空沖縄支店福原課長が着任
◎沖縄県観光部長に金城作一氏
◎3月の沖縄・超満員、昨年上回る
◎インタビューJTB三浦秀文
◎ヨロン特集、他

北部一周定観を計画
第150号(81年4月15日)
◎春のハネムーン行先地で沖縄・ヨロン4年連続日本一
◎那覇空港ターミナル/ロビー拡張工事進む
◎インタビュー金城作一氏
◎中華航空総支配人喜納氏が就任
◎もう一つの秘境/北部一周の定観バス/バス会社が計画
◎県教委・東南植物楽園を博物館担当施設に指定

第一回観光野球大会
第151号(81年5月1日)
◎本社主催第一回観光野球大会/知事が優勝旗を寄贈
◎市町村の56年度観光予算
◎ホテル建設に反対/八重山観光協会が声明/南西はSMを導入せよ
◎シマーグワーTシャツ、飛ぶ売れ行き
◎久米島特集
◎南西観光開発・杉本社長を選任

ホテルに適マーク制
第152号(81年5月15日)
◎日航橋爪営業本部長が表明/運賃値上げはしない/沖縄は絶対避ける/本誌インタビューで
◎南西航空・スワコムが稼動開始
◎インタビュー坂本稔
◎スポーツアイランド・ヨロンのすべて
◎ホテル・旅館に「適」マーク制
◎コマカバス運行、他

観光客を予想
第153号(81年6月合併号)
◎今年は何人来るか、画期的な観光客予報/観光企画課が来年から発表へ
◎観光連盟予算は1億3000万円
◎わいせつ物が急増/地区税関・海外旅行のみやげ摘発
◎観光戻税4月、過去最高を記録
◎迫水久正「照国郵船社長に就任して」
◎転換期迎えたパイン業者、乱立?一挙に5軒も
◎観光野球・出場チームの横顔、他

350万人説の周辺
第154号(81年7月1日)
◎糸満に大型レジャー施設/岩崎グループが計画
◎平凡ギャルコンテスト18日にムーンビーチで
◎二次振計策定と観光沖縄/フレーム350万人説の論議の周辺/東京サイド「350万人」沖縄サイド「大きすぎる」
◎3%の軽いビール、オリオンライトを新発売
◎海外旅行専門業者も沖縄送客へUターン、他

台湾のマスコミ来訪
第155号(81年7月15日)
◎【本誌招待】台湾から初のマスコミ訪問団/熱烈な歓迎受ける/観光促進に貢献/沖縄の人情に終始感激/台湾の記者団迎え西銘知事の挨拶/歓迎パーティー出席者
◎沖縄はよいところだ・台湾のマスコミ一行の印象
◎パンフの大量配布を/台湾の記者団の注文
◎ヤングの離島志向・ホンネは…?/欲しい遊ぶ施設
◎進む二つの大型計画/石川市に動植物園/首里にテレビ塔
◎メキシコサボテン到着

全日空2億人を達成
第156号(81年8月1日)
◎観光を柱に/中山長官が発表
◎岡本伸之「リゾート経営の課題」
◎56年度観光功労者
◎56年の観光事業の概況/商工観光部が発表
◎全日空乗客2億人を達成
◎23日沖縄市で華かに/全島エイサー祭り、その他

西武嵐山の開発計画
第157号(81年8月15日)
◎西武嵐山(名護)の観光開発へ/用地40万坪を確保/地元は大きな期待
◎海洋博公園・月曜日もオーブンせよ
◎小さな親切運動、会員獲得に全力
◎沖縄に負けるな/2億円で北海道が大キャンペーン
◎台湾の記者団招待で、方治理事長から礼状
◎沖縄県地域別開発調査・財団法人日本交通公社
◎小型化した慰霊祭、他
記事にはいわゆる発表もの、と記者が自ら掘り出したものがある後者はしばしば特ダネになるたとえば糸満や嵐山などは他紙誌が報道しない特ダネ記事それと日本初の台湾マスコミ招待などは観光速報の名を高めた

台湾で沖縄を大歓迎
第158号(81年9月1日)
◎宮古島のホテル・東急が建設を決断
◎JTB、ルック沖縄でも発売
◎台湾の有力紙、大々的に沖縄報道/好意的な連載もの/琉球琉球! 見出しが躍る
◎沖縄駐在の公社・日航・近ツー定期的に連絡会
◎赤星善弘「沖縄戦を忘れるな」他

秋のハネムーナー6万人
第159号(81年9月15日)
◎10、11月のハネムーナー3万組6万人(本紙推定)
◎本紙提唱「復帰10周年記念キャンペーン」来年1年間ぶち続けよう
◎下半期のメイト、沖縄を主軸に展開
◎宴会にいかがコンパニオンサービス初登場
◎沖縄製ムームー10億円産業に成長
◎朝日海外沖縄に集中送客
◎中部旅行社、基地内で営業・空軍が許可
◎10月15日から世界WS大会、他

動き出す復帰10周年
第160号(81年10月1日)
◎復帰10周年キャンペーン動き出す
◎グレードアップへ/ホテルはお化粧ラッシュ
◎30周年を迎えた日本航空
◎リベート商法の追放で石垣の観光守ろう
◎三星物産10周年迎える
◎白銀の北海道、日交観がキャンペーン
◎11月にCGG週間、他

万座ビーチ建設発表
第161号(81年10月15日)
◎危ない!来年の沖縄観光
◎観光客・10年後は300万人/県商工観光部二次振計で発表
◎万座ビーチにホテル建設/全日空が発表
◎全日空リゾート社長に近藤秋男氏
◎国定公園の恩納海岸・高層建築どこでもOK/高さ制限は無い
◎新婚旅行行先・沖縄は5年連続トップ、他

空港の客引きは33人
第162号(81年11月1日)
◎八重山の宿泊計画/燃え上る建設計画/5社760室が名乗り/南西は規模縮少を
◎JATA県支部を設立/支部長に与座氏
◎沖縄観光の原点・南部特集
◎客引きも多様化/那覇空港33人がそで引き合戦
◎スペシャリストを養成・専門学校を訪ねて
◎台風余話/参考になる米軍情報、他

オーレス来年稼動へ
第163号(81年11月15日)
◎予約コンピューターオーレス/来年5月から稼動!
◎JATA沖縄支部、21社が結集
◎吉岡支店長が着任、JAL沖縄支店
◎空港ターミナル=本部町/直通バスを!
◎市町村の観光行政・名護市
◎心豊かなふるさとづくり、盛大に記念式典

沖縄=札幌線で陳情
第164号(81年12月1日)
◎海中公園を第三セクター方式で/名護市議が提唱
◎南西航空胸のすく2つの快記録/安全運航20万時間・1000万人目の乗客
◎沖縄線の開設を/札幌の7団体が陳情
◎那覇ホテル組合のオーレスの仕組み
◎花開く電話の新時代・電電沖縄内海局長に聞く、他

南西がスカイメイト
第165号(81年12月15日)
◎那覇=台北を毎日運航へ、中華航空が増便
◎観光客に海鮮料理を、割烹・力
◎南西・スカイメイト制を申請
◎渡嘉敷社長に聞く黒真珠誕生の軌跡「水温が味方した」
◎連盟石川県へ宣伝隊
◎JAL支店長代理に平良氏
◎南部戦跡に深い感銘/仁愛高の修学旅行生


那覇に大型ホテル
第166号(82年新年号)
◎大型ホテル今度は那覇市に計画、琉球中央倉庫が建設、藤田観光に経営を交渉
◎復帰10年「沖縄観光を想う」廣田寛治/桑原守也/宇江原総健/小塙平馬/堤朗/吉岡努/金城由美子/嶺井政治/仲本栄一/富山要/東良恒/藤原治男/佐藤光彦/増茂昌夫/沢岻勝雄/平良玄勝
◎航空運賃値上げ
◎出るか! 海底に眠るン千万円のB円
◎くるぞ! 二階バス琉球バスが導入
◎日本一早い! 本部町の桜祭り
◎200万人突破を期待、今年の観光客

琉球ガラス廃業
第167号(82年2月1日)
◎300万人時代に備え宮古・恩納、一大リゾート地帯に
◎2階バス全日空がチャーター
◎琉球ガラスが悲痛な廃業宣言/リベート商法に負けた!
◎裏手川重喜「那覇の『尾類馬』行列」
◎沖縄市大当り観光闘牛
海底に眠るB円は新春らしく各界でおめでたい話題になった琉球ガラス廃業…の記事はNHKやRBCなどがとりあげ大問題になった新聞やテレビが本誌記事を追うというパターンが定着

観光客193万人
第168号(82年2月15日)
◎日航・南西、沖縄キャンペーンを開始
◎昨年の観光客193万人を記録
◎万座ビーチリゾート来年7月オープンへ
◎ホテルクラウン全面改装で面目一新
◎緑化市民センターが発足
◎民宿を成功させるコツ・上
◎南西グランドホテルの起工式
◎沖縄バンケットサービスが発足
◎沖縄県地域別観光開発整備計画調査及び保健休養型レクレーション施設整備計画調査(財)日本交通公社、その他

水不足ホテル襲う
第169号(82年3月1日)
◎国内旅行開発、オクマビーチ再開発
◎水不足ホテルを直撃
◎政府登録の取消しも、ホテル防災で方針
◎沖縄は30%増と好調、農協観光56年度実績
◎TV局設立ラッシュ、なんと沖縄で10局が計画
◎八重山観光特集
◎久米島特集
◎民宿を成功きせるコツ・下
◎各地で早くも海開き、その他

観光収入1900億円
第170号(82年3月15日)
◎全日空キャンペーンガールに尾関由紀子きん
◎市町村協議会設立へ
◎損益分岐点はいくら? 日観連が貴重なデータ
◎観光収入は1900億円
◎沖縄は全国一安い、貸切バス新運賃
◎宮古観光特集㈰平良玄勝「沖縄一の海を誇る」㈪砂山ビーチの整備完了㈫国際級ホテル実現へ「東急」「ダイエー」㈬楽しきいっぱい観光宮古
◎伊江島観光特集㈰内間慶長「歓迎!観光団の皆様」㈪充実する施設㈫安心のナイトライフ㈬海の幸に恵まれた伊江島、その他

多幸山に琉球村を建築
第171号(82年4月1日)
◎全日空沖縄キャンペーンを開始
◎JTB調べ・沖縄が圧倒的人気、春のハネムーン5年連続一位/40.8%でハワイ抜く、2位北海道の1.9倍
◎多幸山・琉球村を建築
◎南西航空スカイメイトを実施
◎沖縄県の観光予算、前年並みの6.6億円
◎台湾、課税を強化
◎安全は何よりのサービス‐専門家に聞くホテルの防火態勢
◎10年後には300万人、大型ホテル20軒必要
◎かりゆしの海関き
◎与論特集、その他
第171号別冊・中部旅行社創立25周年特集、渡久地明入社

滞在自由に延長
第172号(82年4月15日)
◎スカイツアーズ「滞在は自由にどうぞ」
◎台湾のもぐり旅行業者、沖縄で堂々と営業行為/20人が業法無視、ホテルたたき目に余る悪徳商法
◎観光客200万人に早くも赤信号3カ月連続ダウン、秋には地滑り的落ち込みか/運賃値上げの影響・連盟宮里会長の話
◎JTB調べ・節約ムードが徹底、GWの旅行客減少
◎連載開始「沖縄のホテル業界の現状と課題」(沖縄公庫のレポートより)
◎レンタカー快走!売り上げ遂に19億円
◎裏手川重言「ハーリーと波上祭」他

南西のストに不信感
第173号(82年5月1日)
◎さすが香港商人! 形だけの日本旅行/台湾の観光客、石垣経由で香港へ
◎ケラマ(渡嘉敷島)このごろ
◎連載開始・小金井隆造「観光地のマーケティングの在り方」
◎沖縄のホテル業界の現状と課題
◎日本縦断ヨットレース
◎観光沖縄に不信、南西航空のスト、労使は猛省を

旅行業者の研修ラッシュ
第174号(82年5月15日)
◎旅行業者、5月は研修ラッシュ・大挙600人が来島
◎モグリ旅行業者との取引き停止を!
◎日旅の赤い風船コンパニオン那覇で初の全国大会
◎「一流の観光地だ」池田社長が語る沖縄
◎復帰10年企画・観光地はいま…石垣市
◎ハーバービューホテル20億円で増築に着手
◎企業誘致の第2弾・東京の食品工場が進出、他

海上防衛と関連
第175号(82年6月1日)
◎平良港の新港湾計画、シーレーンと関連か
◎「シーレーン防衛は日本の義務だ」加瀬英明氏講演
◎昭和57年度府内市町村の観光予算(本誌調べ)
◎新日本航空、県内初のヘリ観光を計画
◎ムーンビーチに「適」マーク

豪華客船で周遊
第176号(82年6月15日)
◎豪華客船で周遊・船の旅も「滞在型」香港フラリビアン海運、香港=台湾=沖縄の新ルート
◎那覇市・沖縄市・名護市各観光協会が総会
◎各種大会・会議などの開催予定表
◎国内登録のジャンボツアーズ登場
◎制限給水を解除、約1年ぶり
◎サボテン10万本・ひめゆりパーク着工、その他

修学旅行白書
第177号(82年7月1日)
◎華やかにフェスティバル沖縄開く
◎昨年は2万人が来訪・県の修学旅行白書がまとまる
◎万座ビーチ日帰りゾーン10日からオープン
◎復帰10年企画・観光地はいま「竹富町」
◎連載「沖縄のホテル業界の現状と課題」「観光地のマーケティングの在り方」
◎全旅連青年部327人参加のチャリティーゴルフ大会
◎お昼寝プラン、ヒルトンが始める、他

丸適と宿泊業界
第178号(82年7月15日)
◎「適」マーク廃業もささやかれる宿泊業界の周辺
◎2階バス2台を借り切った緑化市民センターの実力
◎地場企業訪問記・オリオンビール
◎騒然!恐怖のハイジャック沖縄ツーリストの30時間
◎3社大激戦の不渡り情報誌
◎インタビュー上原清善氏、初めて明かす事業のひけつ
◎連載「沖縄のホテル業界の現状と課題」「観光地のマーケティング」
◎空港へスイスイ、10月から自衛隊が道路開放
◎最も沖縄的熱帯植物園・ナゴパラダイス
第178号から題号を「沖縄観光速報」から「観光とけいざい」に改めた。

空港ビルは海側?
第179号(82年8月1日)
◎特集ほんものを売りますというプロフェッショナルたち㈰八重山NP会㈪生まれ変った多幸山観光園㈫ヴィラ・フサキリゾート㈬とろぴかる・くいーん就航㈭JTBのDXバスお目見得㈮ケラマに私設飛行場㈯名護パラダイスオープン
◎日航・沖縄開発に全面協力、資本は地元で・運営一切を引き受ける
◎那覇空港本格ターミナル海側に決定?
◎地場企業訪問記・山田宝石
◎焼きすぎにご用心・赤道小町たち!
◎おみやげ業界・沖縄らしさ装い県外産食品類が乱入/紅型に続いてニセモノおまえもか

サービスのこころ
第180号(82年8月15日、9月1日合併号)
◎深田祐介氏の講演「サービスのこころ」連載開始
◎宮崎辰雄神戸市長「都市にロマンを求めて」
◎混迷深める先島便・かずさ史郎
◎国体までに空港ターミナル造れの大合唱
◎冬はスキー、夏は沖縄、3000人送る大学のクラブ
◎地場企業訪問記・拓南製鉄
◎インタビュー照星盛通氏「観光から都市造り」
◎連載「沖縄のホテル業界の現状と課題」「観光地のマーケティング」
◎琉球村がオープン、その他

糸満の企業誘致
第181号(82年9月15日)
◎写真特集熱狂する本場のエイサー
◎輸送力に影響はない・南西航空の事故
◎新型の旅行商品・団体並みの料金で個人旅行、日旅が開発
◎糸満の企業誘致は成功するか、投資額すでに250億円
◎北海道にみる本土先端企業の「誘致法」
◎宮古で頭がいっぱいの東急グループ
◎「沖縄開発庁を問う」
◎インタビュー関通彰氏(沖縄開発庁総務局長)
◎地場企業訪問記・沖縄信販
◎連載沖縄のホテル業界の現状と課題、その他

蔵相来沖の目的は
第182号(82年10月1日)
◎渡辺蔵相「来沖の目的は?」小渡代議士が横取り・むくれる那覇JC
◎ついに出た狙い撃ち広告、コンチがサイパンと沖縄比較
◎知事選・保革の集票力は互格
◎インタビュー方治氏「中流の親善のために握手」
◎地場企業訪問記・酒造協同組合
◎空港の客引き動き出す
◎東京直行便を開設して下さい、宮古の願いです
◎沖縄に修学旅行送り17年九産大付属九州産業高校、その他

積極集団・全日空物語
第183号(82年10月15日)
◎京王プラザ、那覇に進出?
◎明日に挑戦する積極集団、全日空物語
◎琉球村が盛大に開園10周年
◎総合事務局が報告書、高齢者の保養地も有望
◎特集・激動のマスコミ界㈰マスコミ革命前夜㈪すっぱ抜きこそ新開の原点㈫TV局争奪戦㈬座談会「県紙へ!新報・タイムスの死闘」㈭本土新聞の大攻勢㈮チャンバラ映画を楽しむ在沖米人㈯サムライ記者奮戦記連載開始
◎プロ野球・キャンプ誘致へ火花
◎渡久地政夫「今後の観光の在り方」(九州観光都市連盟の講演を連載)
◎渡久地明編集後記連載開始第1回「がっかりしたカラー舗装」、その他

ハワイ観光事情
第184号(82年11月1日)
◎世界に誇るハワイの観光事情・「ハワイ報知」渡辺編集局長に聞く
◎本部特集㈰座談会・本部町は滞在型観光地だ㈪花と緑に包まれた海洋博公園㈫本部町ニューススポット
◎やったぜ留萌高校3年B組・文化祭で沖縄を演出、輝く三冠王
◎業界・来年の観測「厳しさは今年以上」海外と競合激化、不況深刻見当たらない好材料
◎南海の楽園タヒチを見る・金城廣明
◎あなたも太公望連載開始・新垣柴太郎
◎サムライ記者奮戦記㈪その他

サラ金のすべて
第185号(82年11月15日)
◎6000万円の分譲マンションOTV国和プラザ
◎JTBオフ期の目玉商品「暖然!沖縄」
◎県に調査を依頼、京王プラザ進出でホテル組合
◎特集・我ら中小企業、成功への挑戦㈰みやげ品店をチェーン展開、琉球民芸センター㈪社長自ら営業に走り廻る石垣の港運送㈫みやげ品店をマニラにオープン・ファッションの共同企画
◎台湾よいとこ奥様方は大満足、日本アジア航空・夫婦で台湾同行記
◎みやげ品最大のヒット商品・サーフボード型キーホルダー
◎沖縄大百科事典出版・沖縄タイムス社
◎サラ会業界の内幕㈰連載開始・池宮城紀夫弁護士、他

八重山観光特集
第186号(82年12月合併号)
◎初公開! 対局丸を沈めた米潜水艦の艦内を見る
◎八重山特集㈰観光新時代へ動き活発㈪座談会・訪客へ新エネルギーを語る㈫また黒真珠のニセ物㈬八重山ニューススポット
◎選挙に威力発揮、ワープロショップが誕生
◎地場企業訪問記・年商30億円に急成長沖ハム総合食品KK
◎我ら中小企業、二つの商社がハワイへ土産品輸出「ジュネ」「石川工芸」
◎難問! モーターハングは飛行機か? 他


ハワイ特集など
第187号(83年新年特別号)
◎特別取材ハワイのリゾート開発をみる!㈰最先端を行くマウイ島の開発㈪強気のハワイステートプラン㈫ワイキキはバンク状態だ㈬アンケート結果からみたハワイ㈭海岸線の決め方・法改正の動き
◎社説・結束して誘客宣伝に全力を・渡久地政夫
◎新春随想と新年のごあいさつ
◎新連載わきなわリフレッシュ83㈰はいむるぶしとQC活動
◎サラ会業界の内幕(完)池宮城紀夫弁護士
◎地場企業訪問記・昭和製紙株式会社
◎新連載・沖縄のこれからの小売業・城一人
◎いよいよ来月着工、宮古島東急リゾート、総工費50億円、来年3月オープン、他

大型ホテル断念
第188号(83年1月15日)
◎琉球中央倉庫、大型ホテルは建設しない
◎昨年の観光客は189万人
◎客引き姿消す、那覇空港・キャンペーンが奏効
◎サラ会業界の内幕番外編「銀行はどう考えているか」本誌編集部
◎宮古平良市・ダイエーに決別宣言、港湾整備を優先
◎熱烈歓迎プロ野球のキャンプ
◎低迷よサヨナラ、回復に向う名護の観光業界
◎おきなわリフレッシュ83窓口を一本化した県の観光行政
◎地場企業訪問記ニューラッキーランドリー、他

南部に海水浴場
第189号(83年2月1日)
◎本島南部に最大の海水浴場5月オープンへ
◎久米島に大型レク基地建設
◎RBC特約座談会沖縄自立の展望を語る・國場幸一郎・中山吉一・山里将晃
◎高まるうねりフリートレードゾーン㈰
◎第二次沖縄振興開発計画(観光関連)
◎東京ディズニーランド早くも爆発的な人気
◎アメリカンスタイルのステーキ店、観光業界にも進出、今年は200万人、商工観光部が目標、他

徹底インタビュー
第190号(83年2月15日)
◎徹底インタビュー廣田寛治氏「沖縄の観光ざっくばらん」㈰
◎プロ野球三球団写真特集V目指して沖縄でダッシュ
◎琉銀調査部発表沖縄の観光㈼
◎おきなわリフレッシュ83「緑の館・ムーンビーチ」
◎リージェントシドニーを見る(上)小笠原滋
◎沖縄のこれからの小売業㈫城上人
◎石垣産パイナップルワイン静かなブーム
◎JTB創業70周年の「杜の賑わい」沖縄の伝統芸能に600人、他

沖縄電力の問題
第191号(83年3月1日)
◎全日空リゾートピア沖縄キャンペーン
◎RBC特約大激論沖縄電力は独立か?合併か!(上)
◎徹底インタビュー廣田寛治「沖縄の観光ざっくばらん」
◎スキューバダイビングとナハマリンスポーツ
◎リージェントシドニーを見る・下・小笠原滋
◎あなたも太公望
◎誘客に確かな手応え、八重山観光協会の東京キャラバン
◎台湾観光客勢い衰えず
◎石垣シーサイドホテル18日から営業
◎琉民が創業10周年
◎観光速報ニュース32項目

ジャラナ大戦争
第192号(83年3月15日)
◎ジャラナ戦争第二ラウンド
◎日旅、送客に備え関西所長級が研修
◎ヨロンパナウル王国の光と影
◎沖日旅行が発足へ
◎万座ビーチホテルのすべて
◎新婚旅行人気、沖縄ついにハワイを抜く
◎徹底インタビュー廣田寛治氏「沖縄の観光・ざっくばらん」他

動き出したINS
第193号(83年4月1日)
◎観光収入2000億円突破
◎新設の観光文化・局長に仲里全輝氏
◎土産品公取協が発足
◎座談会沖縄の伝統工芸の魅力と問題点
◎児玉廣一「観光客の流れについて」
◎動き出したINS構想
◎シンガポールからもお客さん・中華航空
◎那覇東急が地元密着経営
◎ひめゆりの塔で共同の花売り
◎ニュースストーリー「史上最大のモグリ営業、沖縄に8000人送客バレる」その他

CATV放送開始
第194号(83年4月15日)
◎中華航空・臨時便不許可に大あわて/その背景をさぐる
◎沖縄有線TV・いよいよ来月から放送開始
◎200億円のブライダルマーケットに切り込むBIC
◎これが類似品の実態・関係者を仰天させたこの低コスト
◎観光・文化局の分担役割り
◎宮城弘岩「沖縄自由貿易港への提案」
◎県内各地に大型ホテル歓迎の空気、見直された高級化のメリット
◎宮古=東京直行便TDAも計画、他

見てきたアセアン
第195号(83年5月1日)
◎西銘知事に同行特別取材・友好深めるアセアンと沖縄▼タイ・ウリミバエ撲滅のノウハウに強い関心▼マレーシア・留学生は基磯科学を重点に▼シンガポール・日本の生産性向上運動学びたい▼インドネシア・職業研修所の指導員を送ってほしい▼フィリピン・沖縄の留学生は喜んで受入れたい他
◎県外客は47%、南西航空の乗客実態調査
◎久米島特集・くるまえび東京へ高値で出荷・引っ張りだこのビッグピー
◎観光・文化局の重点施策
◎各種大会・会議等の開催予定、他

食中毒が倍の発生
第196号(83年5月15日)
◎食中毒! 発生昨年の倍以上
◎認めよ、マイクロバスのレンタカー・旅館組合が異例の要請
◎沖縄は世界のダイビングポイントだ・パディジャパンが指定
◎戻税制度・自然消滅の恐れ
◎佐伯信雄「『リゾート開発‐マリンスポーツ』論」
◎連載開始・企業の繁栄に役立つTQC読本
◎INSの世界
◎昭和58年度市町村観光予算一覧(本誌調べ)
◎台湾からの乗客ガタ減り、他

那覇空港10年凍結
第197号(83年6月1日)
◎那覇空港の整備・向う10年間凍結/運輸省が決定、モノレール・空港ビルに大きな影響
◎晴れ姿・万座ビーチホテル
◎徹底インタビュー東良恒氏「沖縄の観光ざっくばらん」連載開始
◎海中公園の整備/国際的なリゾートヘ、県が再開発に3つの案を提示
◎沖個人、喜びの創立20周年
◎赤瓦で沖縄埋め尽くそう沖縄陶業新城社長

ジョニ黒が値下げ
第198号(83年6月15日)
◎琉球ミート金城社長のアメリカ視察談「大規模なショッピングモールの全盛」
◎急成長! アメリカンスタイルレストランの経営術
◎ジョニ黒を大幅値下
◎観光に大きな打撃、バスストで危機突破大会開く
◎アオウミガメが産卵、石垣フサキリゾート
◎ホテルレインボー2億円かけて改装
◎プロジェクト・コア、宜野湾市民会館にレリーフ、その他

大文閣がクローズ
第199号(83年7月1日)
◎モロに大資本の影響! 大文閣、宿泊部門を閉鎖
◎本島周辺にあと8つ、リゾートホテル時代へ突入
◎JTBフレッシュ会発足、高品質の食事を35店が参加
◎旅行業界もカード時代・OTSが発行
◎玉泉洞が環境保護で洞内に冷房
◎南西航空、新社長に庵原氏
◎トリオで新発売、オリオン生カンが好評
◎あのロックバンド「紫」がヒヤミカチ公演
◎常識としての新旅行業法「消費者保護を優先」
◎八尾泰弘「戻税と航空運賃の見直しを!
◎観光速報ニュース37項目

創刊号から199号まで
第200号(83年7月15日)
◎200号に寄せて・嘉手川重喜・知念光弘・島袋盛昌・堤朗・金城由美子・吉田朝啓
◎プラザハウス750万円の大看板
◎人形組合スタート
◎このアロハ1着4万円、宮古上布に紅型初め
◎観光連盟、愛のアルバムを配布
◎ロイヤル物産新社屋落成
◎沖縄相互銀行・全行員がアロハ着用
◎レンタバイク登場
◎津堅島にビーチホテル計画
◎沖縄銀行がクリーンバンク、国体に向け県内をキレイに
◎話題の記事を再録、他

宮古/東京直行便
第201号(83年8月1日)
◎内幕レポート「東京/宮古直行便の虚々案々」上総史郎
◎宮古直行便は調整が必要、全日空中村社長が会見
◎INSは沖縄を発展させる・沖縄電々杉本局長に聞く
◎各地で観光週間の多彩な催し
◎コンベンション産業、全国の情報
◎3000万円で改装完了、ホテル梅原
◎護岸工事は慎重に、恩納村地元観光業者からクレーム
◎ジャンボタニシ盛んになる養殖、商品化が課題
◎「とてもおいしい」むちゃむちゃ黒糖が好評、他

中国経済特区を初めて取材
第202号(83年8月15日)
◎独占取材!中国のフリーゾーン■団員の眼参加者全員にインタビュー■中国こぼれ話■中国のフリーゾーンを見て(宮里辰彦)■中国経済特区視察報告(古渡津清貞)
◎宜野座村に沖縄一のレジャー施設計画
◎中華航空B767お目見得
◎INSの世界
◎沖縄文化雑学のタネ本
◎佐渡紀行
◎入墨考
◎観光もビジネスも国際通りで便利・南西観光ホテル、その他

沖縄INS大特集
第203号(83年9月合併号)
◎「これからはビーチリゾートだ」本土地場企業入り乱れ、海中公園争奪戦
◎異変続出・今夏の総決算、扱いやすいニューギャルで大賑わい
◎特集!『沖縄lNS』最前線■通産・郵政・県の対応■沖縄にあるニューメディア■用語解説■旅行業界にも新兵器・渡久地明
◎徹底インタビュー折田喜作氏
◎21世紀に躍進する市町村「宜野座村」の巻
◎「これが有料土産品だ」公取協が安心して買える96点、その他

沖縄を救う科学農法
第204号(83年10月1日)
◎沖縄を救う驚異のハイポニカ農法
◎相互理解と親善に成果・台北で日華観光セミナー
◎小説『毒蛇殺人事件』
◎読谷村山内村長大いに語る
◎ひん死の新報を蘇らせた伊豆見社長の次のチャレンジ
◎那覇東急・宴会場完成で地元密着経営を強化
◎琉球村を一年で軌道に乗せた上地社長の若さと情熱
◎八重山は避寒型観光の最適地だ・キャラバン総まくり座談会、その他
第204号別冊・沖縄ツーリスト創立25周年特集「旅・無限」

コンベンションのすべて
第205号(83年10月15日)
◎特集1・コンベンション産業のすべて(神戸市・コンベンション都市への政策ビジョン講演会より)■コンベンションとホテル■コンベンション都市への政策ビジョン他
◎論文・不公平航空運賃を衝く・渡久地政夫
◎座談会・ポケベルでサービスが向上した
◎三味線・坂本正行
◎沖縄ツーリスト25周年記念講演・兼松学/朝来普男
◎県知事杯はホテルエッカ、第三回観光野球大会戦いの跡
◎21世紀へ躍進する市町村・恩納村特集、その他

ゴルフ天国沖縄
第206号(83年11月1日)
◎冬の沖縄へ!ゴルファー南下中
◎21世紀へ躍進する市町村C本部町
◎4日から第7回産業まつり
◎盛大に沖縄まつり
◎INSの世界㈷ディジタルとアナログ、他

ハワイからみた沖縄
第207号(83年11月15日)
◎ハワイからみた沖縄の観光・渡久地政夫
◎味覚の開発を急ごう・大阪グルメ研修旅行から
◎特別寄稿・沖縄の観光振興・折田喜作
◎21世紀へ躍進する市町村・八重山特集
◎心くばりが観光客の胸を打つ・観光の翼訪問記・琉球新報中村昌朝記者
◎キジムン考・坂本正行
◎大型観覧車を導入・豊見城城址公園
◎洋酒は全国の9%を輸入・沖縄地区税関まとめ、他

初の新婚客アンケート
第208号(83年12月合併号)
◎沖縄で初めての新婚客アンケート、本誌が122組に直接インタビュー
◎伊江島・コンパクトな観光地
◎クレーム解消へ県が強い対応
◎ほんもののアメリカの味、サムズ・バイ・ザ・シー那覇にオープン
◎INSの世界㉂
◎沖縄文化雑学のタネ本
◎さんごセンター1億円かけ増築
◎オクマリゾートWS大会100人が熱戦展開
◎琉舞を一般公開、ハーバービューが夜のスポット開発


新年ホラ吹き座談会
第209号(84年新年号)
◎四国で沖縄そば大繁盛!
◎那覇空港ターミナルは内陸側に決定?
◎新年ホラ吹き座談会
◎今年の景気・沖縄はプラス材料なし
◎杉本社長に聞く南西グランドホテルの営業方針
◎ハワイ観光動かすプロたち・有村善一
◎座談会・お土産業界はどう生きるか
◎忘れるな! 観光の原点・仲里全輝
◎久米島ハンググライダー大会に40人参加
◎韓国重油を精製輸出
◎サンパウロ広場がJTBの観光コースに、他

東急インが那覇に?
第210号(84年1月15日)
◎あのヒルトンが沖縄で大苦戦
◎震度9? 宿泊業界をゆるがせた東急イン・那覇に進出の衝激波
◎南西航空・需要喚起へ家族ぐるみで
◎21世紀へ躍進する市町村・名護市はやんばる開発の拠点だ
◎ハワイ観光セミナーのお知らせ
◎公租公課の免除を、沖縄線で全日空が主張
◎300年前の中国のシーサー、玉泉洞に安置
◎花のカーニバル華やかに第一回

ニューメディア先取り
第211号(84年2月1月)
◎マル秘情報・これが県内の観光開発予想地だ
◎2.4%減の185万人、昨年の観光客
◎ニューメディア・先取りのシナリオ、沖縄は実験に最適
◎海邦国体スローガン「きらめく太陽」大論争
◎ラジオ沖縄新垣社長のユニーク経営
◎南西グランドホテル石垣の横願
◎日航沖縄線30周年・地元と力を合わせ観光を促進
◎意外、飛ぶ売れ行き暖かい沖縄で毛皮コート
◎今年の沖縄観光海外と激突必至、低価格競争も悪影響

竹富町に潜水艇
第212号(84年2月15日)
◎竹宮島・潜水艇で海底散歩、フランス製8人乗りの新鋭艇
◎沖縄の新しい酒誕生・即製古酒と評判、泰石酒造
◎アクアポリス10年目の大改装
◎130年前の沖縄・米国の新聞を入手
◎釣り観光の受け人れは慎重に
◎専門学校・企業に役立つスペシャリストを養成
◎観光文化局の59年度予算案8億9000万円
◎航空季節割引、沖縄は大歓迎
◎宮古空港盛大に完工祝賀会、その他

戻税制度の現状
第213号(84年3月1日)
◎基地内の米大学分校・民間地域に移設しよう
◎宮古観光の今後‐八重山観光と関連して、渡久地政夫
◎広島で沖縄観光の夕、路線開設も訴える
◎ヴィラ・オクマ新装特集
◎戻税制度はどうなっているのか!
◎INSの世界
◎沖縄の古城グスク・坂本正行
◎アイデアきまざま全国産地フェア㈰
◎様変わり・新婚客が激減
◎地元の作家が案内、全日空・沖縄今昔物語がヒット
◎地元にも積極販売・津堅島にヒルトンビーチ

リージェントの方針
第214号(84年3月15日)
◎東南アジアが日本に訴えるもの(アリフィンベイ氏の特号講演会より)
◎これがリージェント沖縄の方針・松本社長らが本誌に語る
◎売り上げは年々低下・那覇市内の中小ホテル
◎東急リゾート・宮古にリゾートタウンを作りたい
◎八重干瀬まつりに送客続々
◎海外専門のジェットツアー・沖縄パックを販売
◎コンベンションセンター工事開始、ダンプ18万台で埋め立て、他

八重山・久米島・ヨロン
第215号(84年4月1日)
◎戻税洋酒、20%の大幅値下げを断行
◎今年も活発な動き・八重山観光特集
◎海外へ70%が出かける・春の新婚旅行情報
◎INSの世界㈾光通信の技術はトップレベル
◎受本走水・坂本正行
◎手軽な観光地・久米島
◎今年にかける!与輪島観光
◎夏を彩るムームー・ジュネが新商品発表会、その他

一村一品運動の舞台裏
第216号(84年4月15日)
◎一村一品運動の舞台裏、溝口薫平氏の講演会より
◎フレッシュインタビュー㈰堤胡氏
◎ゴールデンウイーク、ホテルは早くも満杯!
◎22日にかりゆしの海関き
◎全国産地フェア84から・最終回
◎スカイツアーズ、公共航空の総代理店に
◎観光バス、ストはしない長濱琉球バス社長が言明
◎南西航空、自動発券機が始動
◎海外専門がまた沖縄進出・中堅のウイングツアー
◎沖縄でダイビング全国大会・6月下旬に万座で、その他

揺れる観光行政
第217号(84年5月1日)
◎特別取材・あらゆる現代病が治る!奇跡のゲルマニウム
◎観光行政も大揺れ!市と町村に核分裂
◎南大東島・ハーベスターが大暴れ・反収ガタ落ちキビ作農家悲鳴
◎フレッシュインタビュー㈪藤原治男氏
◎経済ざっくばらん㈰金城弘征
◎創業30周年を迎えたプラザハウス
◎新沖縄風土記㈺朝為渡来伝説・坂本正行
◎新工芸を試作、物産振興会土産品開発に意欲、コンセプト‐1の前田章氏がデザイン
◎各萬漆器がライターケース
◎タイラがシークワサーチョコ
◎値下げの効果? 戻税洋酒売上伸びる、他

新工芸の意義
第218号(84年5月15日)
◎座談会・土産品開発の新しい波・荻堂盛運、新城俊雄、宮里一夫、前田章、渡久地政夫
◎航空運賃・海外旅行に夫婦割引、沖縄に打撃?
◎日旅のコンパニオン美しい八重山に感嘆、全国大会に250人が参加
◎りゅうきんベンチャーキャピタル・将来性にかけてどんどん投資
◎フレッシュインタビュー㈫安里悌次氏「観光の振興で農業を安定性産」
◎今帰仁村特集
◎新沖縄風土記轄笆{正行
◎新連載・アイデア売ります・朝田啓吉
◎新連載・政治の裏表・大城翔
◎経済ざっくばらん㈪金城弘征
◎新聞時評・津田健、他

西武が東京で沖縄展
第219号(84年6月1日)
◎トマトの大木、ゴーヤーは鈴なり「ハイポニカ」指宿のホテルで成功
◎西武の沖縄展・充実した展示で高い評価
◎フレッシュインタビュー㈬平井智氏
◎工事着々・熱帯ドリームセンター
◎新連載・沖縄の石碑を訪ねて・裏手川重言
◎観光連盟副会長に国場幸一郎氏、中山吉市氏、専務に金城慎徳氏
◎「釣り観光」「日本文化」台湾客誘致に新企画
◎全日空の767沖縄線就航、その他

修学旅行の研究
第220号(84年6月15日)
◎沖縄・修学旅行の研究
◎海中公園の再開発、日航が積極参加の意向!
◎1ドルで買った!世界一の帆船
◎浮島ホテルストーリー・戦後初めてできたホテルの栄光と終焉
◎フレッシュインタビュー㈭上原判氏
◎特別読物・企業内教育と新入社員たち
◎アロハシャツで執務、大好評・県観光部の課長以上
◎1周年を迎えた万座ビーチ・安田常務に聞く

ハウ・ツウ・ハワイ
第221号(84年7月合併号)
◎観光速報主催セミナー報告/ハウ・ツウ・観光ハワイ
◎右翼も観光気分だった? 日教組大会始末記
◎フレッシュインタビュー㈮湖城其仁氏
◎多幸山観光園・全員朝礼で活気
◎第三金竜丸が進水、いんぶビーチ50人乗り大型グラスボート
◎初心者にWS教える、海中公園に沖縄マリンクラブ発足
◎観光速報ニュース48項目その他

連盟新役員にきく
第222号(84年8月1日)
◎ハンビー飛行場跡・県下最大・初のショッピングモール計画
◎観光週間特集・観光連盟新役員に聞く・中山吉一氏・國場幸一郎氏・金城慎徳氏/記者座談会・今年前半を見る・出足好調!自信みなぎる業界
◎フレッシュインタビュー㈯「修学旅行の切り込み隊長」久保田智氏㉀「完全に回復した台湾の観光客」富山要氏
◎コンベンションを狙え! 火花敵る全国の誘致戦争/いま沖縄では、急げビュー口ーの設置
◎家族旅行が増加、JTB夏の旅行動向
◎日航が鶴の恩返し、9月から沖縄特別企画
◎利用率低くオーレス停止・ホテル組合
◎最新鋭のゴミ処理機Gキャッスルが設置、その他

買い物アドバイザー
第223号(84年8月15日)
◎執念のパイオニアたち・ぶどうの王様、沖縄巨峰を開発
◎写真特集・観光の日、観光週間で多彩な催し
◎座談会・観光で沖縄市を活性化しよう
◎フレッシュインタビュー㈷東江正喜氏
◎新連載・沖縄の工房めぐり
◎ショッピングアドバイザー制を導入・ダイヤスタンプ会
◎いかが、ヘリで空中散歩・恩納海岸で初の遊覧飛行
◎お母さんも一緒、佐敷マリーナ小中学生に海の教室
◎その他、

台風対策で異論続出
第224号(84年9月1日)
◎台風対策会議・異論続出の内幕
◎那覇市が観光功労者を表彰
◎観光野球24チームが参加・組合せ決定
◎執念のパイオニア達㈪世界に誇る黒真珠養殖技術
◎新しい沖縄の味・平良克次(59年観光論文優秀賞)
◎タンクトップが大ヒット・ジュネ
◎フレッシュインタビュー㉂「泡盛の販促は観光客から」石垣孫彦氏㉃「ソムリエはワインの水先案内人」金城昇氏
◎史上最高の入域7月は22万人、その他

ブライダル激戦
第225号(84年9月15日)
◎船旅の魅力を語る座談会・久場政彦氏・与座弘喜氏・佐藤光彦氏・安里順吉氏・伊地鉄雄氏・金城珍和氏・有馬雄之助氏・渡久地政夫
◎秋のブライダル、激戦を展開中!
◎ジェットツアー沖縄オペレーションセンターを開設
◎フレッシュインタビュー戟u仕入一筋プロに徹したい」王城晃氏
◎盛大に那覇大綱挽き
◎人生を楽しむなら船旅が一番
◎九州観光都市連盟が東京で誘害キャンペーン、その他11項目

コアラの国の話
第226号(84年10月1日)
◎第4回観光野球大会・エッカと八重洲セントラルが優勝!
◎火花散るJAL・ANA・JTB沖縄売り込み合戦
◎東北で味の研究会・成果あげたグルメツァー
◎「コアラの国のでっかい話」オーストラリア・カプリコーンイワサキの招待を受けて・渡久地政夫
◎フレッシュインタビュー㈺「高品質のリゾート沖縄を集中販売する」軍司芳道氏
◎観光の支持率は43%、県民の選好度調査
◎沖縄で地中海クラブ、西武と合弁で乗り出す、その他

沖縄もコンドミニアム時代!
第227号(84年10月15日)
◎浜北嘉島に一大レジャー施設計画
◎沖縄にもコンドミニアム時代来る!希望ヶ丘
◎台北=沖縄線、満席満席、乗客あふれる
◎ゲートボール界、全国統一で大揺れ
◎CGG佐敷町の実践
◎写真特集双十節・那覇まつり
◎知ってますか!旅館の日常業務知識
◎糸満に共同工場、ガラス協業組合
◎2億円で増改築・グリーンパーク
◎廣田寛治演出のオペラを講演

中国民航が乗入れ
第228号(84年11月1日)
◎中国民航の沖縄乗り入れで何が起る?
◎格安航空券一斉に姿消す・大乱戦の一部始終
◎全日空・「第二万座」構想が浮上
◎「くらしと開発‐CGGに関連して」横浜国大教授・宮脇昭
◎ムーンビーチが育てたクラシック音楽祭
◎社内からモシモシ、自動車電話・玉泉洞大城社長が第一号
◎近ツー沖縄、低価格で大暴れ、香港5万円地元むくれる、その他

那覇にまたホテル
第229号(84年11月15日)
◎那覇市内にまたホテル、大島運輸が着工へ
◎さぼてん公園着工
◎球陽館が増改築に着工
◎日航・沖縄=札幌線を申請
◎フレッシュインタビュー激}リーウィズメデューサ
◎八重山観光協会20周年特集
◎宮里定三氏(観光連盟会長)に勲四等瑞宝章、その他

山田温泉にホテル
第230号(84年12月合併号)
◎山田温泉跡に超豪華ホテル
◎宮古観光島ぐるみで立ち上る
◎座談会宮古観光の明日を語る
◎「ハイタッチのホテルとは何か」橋本保雄ホテルオークラ常務
◎フレッシュインタビュー㈾「村内への進出企業は大歓迎します」比嘉茂政氏
◎薬草ブームホテルに進出
◎ファクシミリ設置Gキャッスル
第230号別冊特集
◎琉球村「編集日誌」「多幸山漂籟物語」「伝統文化・工芸㈰暮し㈪住い㈫サーター㈬薬草㈭織り物㈮紅型㈯陶芸㉀藍染め「ハブの生態を研究」「多幸山観光園案内国」「多幸山上地社長インダビー」「スタッフ紹介」「琉球村の想い出」「琉球村によせて」西銘沖縄県知事・比嘉恩納村長


新春エッセイ集
第231号(85年新年号)
◎名物!新春エッセイ集
◎トラジヤル中村編集長に聞く「外国は猛烈な誘客活動を展開している」
◎シンポジウム・コンベンション・シティーの条件より「これからの街づくり」黒川記章
◎60年代はシー&エアーの時代・座談会「沖縄観光海上の道」
◎「地域文化の掘り起し」ホテル界の新戦略
◎コラム・金城弘征・大城翔・裏手川重言・津田健
◎座談会・21世紀のメディアを考える(第5回シンカジウムの報告)
◎JAL・札幌/沖縄線開設記念、北海道特集
◎あれから40年「最後の一中生」出版計画
◎今年の景気は持続する・日銀高田支店長の経済展望
◎潮平観光・文化局長に聞く「これからが真剣勝負だ」
◎県内19カ所にゴルフ場計画のウワサ!
◎ヒルトンが撤退12年の営業に幕
◎やんばる園が開園
◎沖縄のロック東京で大ヒット、その他

200万人時代の戦略
第232号(85年1月15日)
◎200万人時代!沖縄観光の戦略戦術・渡久地政夫
◎経費節約!これが省エネシステム
◎JAL北海道=沖縄直行便で多彩な催し
◎黒糖の商品化に成功伊江黒糖
◎ウッチン茶が大ヒット・仲善
◎今年の目標210万人
◎宮古島で鉄人レース、他

観光客数獅万人を突破
第233号(85年2月1日)
◎那覇の中心に日航ビル
◎べール脱いだ長期滞在型・友善ホテルのすべて
◎昨年の観光客は205万人を突破
◎日航が5億円投じ沖縄キャンペーン
◎JTB今年の旅行見通し・昨年に比べて増加傾向
◎中小企業を助ける・沖縄抵当信用
◎食中毒は絶対に出すな
◎徹底サービス誇る沖一ハイヤー
◎観光と農業がドッキング、県内11ホテルがカボチャ料理
この夏は潜水ブーム
第234号(85年2月15日)
◎初公開、沖縄県内のTV視聴率
◎全日空も5億円で沖縄キャンペーン
◎この夏の予感「潜水がブームになる」
◎観光客は伸び予算はバッサリ・前年度より7.6%も減少
◎那覇に9階建てホテル来年4月オープン
◎ミニブック沖縄昔ばなし発売
◎GWホテルは早くも満杯
◎みゆきが全面改装

ナハマラソン
第235号(85年3月1日)
◎運輸省、航空運賃割引き制度の実施を指示・沖縄観光に大きなプラス
◎ナハマラソン12月に開催42・195キロ市民参加の国際大会へ
◎沖縄売り出しに積極姿勢、東海予約センター20周年を迎える
◎21世紀に夢を託して若い美容師130人集巣立つ
◎宮古=東京直行便就航へ、南西・庵原社長が表明
◎タイムスがスポーツ紙を発刊、どう出る20万部発行の新報
◎西表島にバス会社新設の声高まる
◎、その他

観光人アンケート
第236号(85年3月15日)
◎本誌が県内外の観光人にハガキアンケート㈰観光客今後も増える82%(県外)㈪行政に望むのはイベント開発42%(県内)㈫受け皿の充実急げ76%(県外)
◎JTB調査・海外志向が75%も、今春の新婚動向
◎那覇起点にクルージング、JTBが5月から
◎週刊レキオいよいよ4月1日創刊
◎保険会社とのわが闘争・渡久地明、他

海中公園開発始動
第237号(85年4月合併号)
◎「沖縄の発展は前途洋々だ」宮城弘岩工連専務に聞く
◎来目からヒアリング、県の海中公園開発始動
◎夏本番・海中公園で多彩な催し
◎那覇市に11階建てホテル、五味観光が告知看板
◎少年の船・日程決まる
◎後継者をどう育てるか
◎10日もかかるビザ発給
◎沖縄カラー石垣でスピード仕上げ・観光写真センター
◎ホテルタイラ居酒屋平家亭がオープン

久米島にホテル
第238号(85年5月1日)
◎昨年の観光収入は2200億円
◎久米島にリゾートホテル着工
◎海鮮料理海覇王かオープン
◎充実する沖大観光学科
◎修学旅行韓国へ殺到
◎「観光の町」へ条例・佐世保市
◎トップが語る私の人づくり㈰
◎来年中に1000室増加、那覇市内のホテルラッシュ
◎週刊レキオは新体制で、本紙の協力は終了、他

ガラス村オープン
第239号(85年5月15日)
◎公害衛所・ハブ探索犬を訓練
◎民宿経営の光と影
◎本物・沖縄ロックの真価を発揮
◎新しい沖縄の味をどうぞ、日本ホテル協会沖縄支部
◎完全協業で琉球ガラス村が発足
◎沖縄のゲートボール界は統一でゴタゴタ
◎泳いで良し潜ってよしヤングの楽園久米島
◎写真特集フィリピン
◎鮒光速報ニュiス4・の他

万座ビーチが遊泳禁止
第240号(85年6月1日)
◎沖縄の目玉・万座ビーチが遊泳禁止、海底の岩を浚渫
◎南西航空東京直行便・10月就航を目標
◎60年度・県観光・文化局予算19億5000万円
◎豚肉缶詰沖縄が輸入日本一
◎電話はビジネスの武器
◎沖縄黒糠の将来(上)平野哲部氏
◎観光戻税、17%も伸びる
◎ガラス村に名人・福円富伸顧問
◎台風でも泳げる、ヴィラフサキに新型プール、他

玉城TCM問題
第241号(85年6月15日)
◎「玉城TCM、一連の企業倒産を考える」沖大土曜講座・宮城弘岩氏の講演から
◎航空各社・ニーズに応えて新制度で割引き
◎恩納マリーナホテルいよいよ着工
◎名護パラダイス・レストランや音楽広場

◎西鉄旅行が沖縄に事務所を開設
◎7月にサマーMインオキナワ開催
◎新那覇空港を建設しよう、建設大会盛り上がる

大型ホテル26カ所も計画
第242号(85年7月1日)
◎激戦地を往く・ホテル業界・狂乱建設? 大型が26カ所も計画、5000室が増える
◎重大な岐路に立つハワイ観光、ハワイ銀行レポート
◎日本人の海外旅行の素顔JALレポート
◎ハワイ観光客の誘客作戦・旅行社に集中キャンペーン
◎引っ張りだこの全旅協、日航とも業務提携
◎ビーチをきれいに米国製クリーナーを実演
◎沖縄信販今期778億円の取扱
◎2人だけの結婚式・石垣で全日空商事が企画、他

国際通りにホテル
第243号(85年7月15日)
◎国際通りにプール付きの豪華ホテル
◎全日空も海中公園に名乗り
◎激戦地を往く・レンタカー業界
◎観光の目玉・珍魚マンタ論争
◎昨年の修学旅行314校が来訪
◎台風!もう心配ない
◎リフレッシュしたはいむるぶしを見る
◎来年2月に2万5000人の団体、他


観光情報システムを考える
第244号(85年8月1日)
◎観光週間ワイド特集/非日常からの発想/観光論文・標語法まる/高度情報化社会が旅行業に与える影響/観光情報システムを考える
◎日旅・関根社長にインタビュー
◎未来型リゾートプリシアオープン
◎サンパレス8月4日新装オープン
◎那覇に夜の観光名所国内最大のライブハウス「スクランブル」その他
第244号別冊特集・マリンレジャーハンドブック
◎沖縄の海・新垣柴太郎
◎座談会「マリンレジャーのトップダイビングを語る」川満英世、池田重夫、久保寛司、亀田章、渡久地政夫
◎カメラマンが見た海の世界・新田勝也
◎ヨットはマリンレジャーの王様・玉城幸輝
◎沖縄のサーフィン・大田俊成
◎ウインドサーフィンのスポット沖縄・新垣勝利
◎気をつけよう日射病・県環境保険部

サンエーがリゾート開発
第245号(85年8月15日)
◎与久田ビーチに国際級リゾート、サンエーが計画
◎あふれるアメリカンムード・基地内の将校クラブ訪問はいかが
◎カプセルホテル、那覇に新登場
◎包丁一筋35年・5階建て味の店「三郎」を開店
◎紹介カード商法が大ヒット
◎電話もカード時代が来た
◎名護に観光の目玉ナゴパラダイス
◎本部町特集
◎南西航空が機内誌を創刊
◎守礼門に公営駐車場

マーケティング戦略
第246号(85年9月1日)
◎東南植物楽園東洋一のドリームセンターを建設
◎饒波正之新局長インタビュー「民間活力が発揮できるお手伝いをしたい!」
◎新装なったホテルサンバレスを見る
◎最近の消費者ニーズの変化とマーケティング戦略・佐川幸三郎氏講演から
◎日航機事故・沖縄にも大打撃
◎東南アジアのビーチリゾート爆発的な売れ行き、他

一流の料理を研修
第247号(85年9月15日)
◎新連載・宮城弘岩のズバリ沖縄診断㈰「県産品奨励の新しい展望」
◎JTB沖縄フレッシュ会・北陸の一流宿泊施設・料理を研修
◎ホテル日光全面改装を完了
◎リフレッシュオープン・琉球共栄ガラス工房
◎航空3社・新MTPを認可
◎第三セクターで運行・倒産の公共航空
◎東京でダイビングまつり、県内業者も参加
◎販売に役立てるスワルプラン27人が八重山研修、他

12月にNAHAマラソン
第248号(85年10月1日)
◎フリーゾーン、沖縄観光の超目玉になる可能性
◎NAHAマラソン、12月8日に号砲
◎実現するか第3のTV局・関心呼ぶ郵政大臣の発言
◎在日韓国人青年の船・大挙700人が初の訪沖
◎冬でもアッ熱帯・地域ぐるみでキャンペーン
◎やってくるぞ、スカイスポーツ観光!
◎ハブボックスが直営店
◎日旅沖縄キャンペーンガールを沖縄で選出、他

南西直行便は九州から
第249号(85年10月15日)
◎開設近い!南西航空直行便
◎日本ホテル協会、20年ぶり沖縄で総会
◎サンエー盛大に35周年式典
◎観光野球大会・八重洲セントラル、國和観光が優勝
◎旅館組合青年部、本島内で研修
◎ホテル那覇チェーン豪華宴会「暖琉満菜」を発売
◎大分路線を開設、全日空が11月から、他

沖縄に世界一のホテル
第250号(85年11月1日)
◎NBCが沖縄に2000室の大ホテル建設計画
◎58号線沿いに大型シティホテル
◎国際ツーリズム専門学校・来年4月那覇に開校
◎交流もできた!お年寄り大満足
◎座談会・宮古のよさを見直そう
◎花のカーニバル・イベントスケジュール決まる
◎10月に入り客足がた落ち、8月12日のジャンボ機事故が影響
◎どこへ落ち着く観光連盟、道路工事で立ち退き要請、その他

南西航空の基本方針
第251号(85年11月15日)
◎冬場沖縄観光の起爆剤・NAHAマラソン
◎NBC副会長・ハン氏が来沖「沖縄のプロジェクトの実現を希望」
◎ホテルを利用したいが93%、ホテル組合の飲食需要調査まとまる
◎沖縄の産業まつり開く
◎「専門学校の現状と将来について」
◎南西航空の基本方針・航空路線を全国に展開したい
◎全日空の大分=那覇線開設
◎パシフィックホテルの宴会場華やかに新装オープン
◎60年度食品衛生表彰式、那覇東急が受賞、他

冬場のキャンペーン
第252号(85年12月合併号)
◎全日空が初めて冬場の本格キャンペーン
◎西銘知事を先頭に沖縄観光感謝の夕べ
◎県庁前ホテルレインボーが大改装
◎中華航空が台湾研修を実施
◎ムーンビーチ内外を6億円投じ大改装
◎沖縄ツーリスト大型計算機が稼動
◎近距離が那覇=奄美=鹿児島に就航
◎リージェントのモデルルーム完成
◎八重洲セントラルホテル和室宴会場を一新
◎本部のホテルオリオンは多目的ホール
◎エッカは宴会場
◎西原町に都パレス建設
◎山田宝石の和議、満場一致で成立


海中公園再開発
第253号(86新年特別号)
◎新春エッセイ特集
◎石垣「ヴィラ・フサキ」のすべて
◎観光のRST・内田州昭
◎体験的経営論「ザ・ホテル」石塚康之
◎4100人が完走大成功NAHAマラソン、参加者座談会
◎中部地区の観光を模索
◎海中公園・ワイキキ方式で再開発か
◎曲り角に立つ沖縄経済・宮城弘岩
◎今年の景気はなだらかに推移・佐々木信行
◎新春座談会「イベントで地域の活性化」
◎国際会議・国際イベントを考える
◎「今年は激しい!急げ受け入れの強化」東良恒、西山邦直、梅原昇
◎首里城復元・年内に遺構調査終了
◎新沖縄観光読本㈰「小学生との対話」
◎航空自由化テイクオフ、国際線複数化、国内競争促進
◎琉球エアーコミューターを設立
◎観光客に大受け、ジミーのクッキー
◎那覇=鹿児島が有力・南西航空の本土乗入れ
◎全日空、広島=沖縄開設へ
◎日航、春のキャンペーンは実施


海外旅行は台湾から
第254号(86年1月15日)
◎海外旅行は台湾から、OLが語る初体験
◎技術の不毛地帯か・宮城弘岩
◎ザ・ホテル・石塚康之
◎日本一早い桜まつり
◎沖縄の「模合」と金融の最新システム
◎50倍の消費量、沖縄のトマトケチャップ
◎老舗の三星物産、土産品から撤退
◎玉キ米屋がステーキ店
◎シェラトンが盛大に1周年パーティー
◎リージェント、予約受付開始、他

国際的リゾート論
第255号(86年2月1日)
◎全日空の広島/沖縄線4月にも開設
◎南西航空4月から鹿児島へ就航
◎国際的リゾートによる地域づくり(地域政策フォーラムから)
◎滞在型ホテル・久米アイランド開業
◎新形式の移動ホテル・キャンピングカーが登場
◎8月から盛大に花のフェスティバル
◎赤い風船天文台がオープン、他

競争激化の航空界
第256号(86年2月15日)
◎東洋一のランセンター・熱帯ドリームセンターカメラルポ
◎海外国内競争激化・乱気流に突入した航空業界
◎「電気通信新時代に右ける通信行政」小山森他「地域社会と電気通信」北原安定(宇宙通信とニューメディア展記念講演から)
◎ヨロン島近況報告・ホワイトキャンペーン実施
◎ビジネスランド入力から使い方まで格安指導
◎波照間島の最南端の碑、建立者分かる、他

漁協が賛助金を要求
第257号(86年3月1日)
◎また那覇に二軒のホテル建設計画「サンレー」と「パスコ」
◎「もうお手上げ」と地元は悲鳴・ホテルウォーズ「5000室増える?」裏側
◎カメラレポートオープンを待つホテル群
◎恩納村のマリンレジャーに新たな難問・漁協がビーチに賛助金を要求
◎南西航空・スワルプランを全国で販売開始
◎沖縄の受け入れ「ここを直せ」河本芳人
◎那覇セントラルリフレッシュオープン、その他
第257号別冊FAX・電話帳

土産品展示会開く
第258号(86年3月15日)
◎卸業20社が土産品展示会
◎宮古島に2つのゴルフ場計画「平瀬カントリークラブ」「宮古東急リゾート」
◎沖縄の技術開発はどうあるべきか・宮城弘岩
◎全日空・広島/沖縄線を4月26日から運航
◎コンベンションに力入れるシンガポール
◎ホテルサンコースト室内全面改装
◎パネル討論会・沖縄の特産品フォーラム
◎青年会館が落成、他

空港ヘカウンターを
第259号(86年4月1日)
◎那覇空港へ旅行社のカウンターを、旅行社が要望
◎沖縄本島を国際観光モデル地区に指定
◎春のハネムーン76%が海外へ
◎コンベンションセンターが発足
◎新企画・海外のニュースと話題
◎底地にホテル、シーマンズクラブが経営
◎ニュース43項目
◎編集後記・観光文化局にもFAXを

見直せ公共投資
第260号(86年4月15日)
◎ひめゆりパークに珍しい竜舌蘭が満開
◎観光予算は24億円、24%増
◎効果はあったか? 見直せ公共投資・宮城弘岩
◎国際観光時代沖縄にカジノはどうか
◎成約も次ぎ次ぎ、第一回卸業展
◎ひと味違う高原のリゾート・ホテル友善グランドオープン
◎コンベンション・ビューローQ&A
◎東洋の真珠!ヤングに大人気・ヨロン島の海開き
◎カメラレポー卜「さよならハレー彗星」
◎幻の大陸に1000人上陸、他

広島線が開設
第261号(86年5月1日)
◎観光客6カ月連続ダウン
◎海邦国体の会場建設急ピッチ
◎宮城弘岩の、ズバリ沖縄診断・21世紀沖縄の企業と経営を読む
◎全日空の広島線就航
◎やる気の130人が入学、国際ツーリズム専門学校
◎アジアのコンベンション事情
◎沖縄旅行もこれで安心・全国有力信販17社が握手
◎オクマに国内最大級のカタマラン
◎利用回復の兆し、日航沖縄線
◎当たるかクエフ島、全日空那覇沖を売り出す、他

最近台湾・香港事情
第262号(86年5月15日)
◎編集日誌・なぜ売れないか・渡久地政夫
◎サンマリーナ工事快調
◎新連載・黒川新八短編小説第一回「佐野のドジ」
◎台湾・沖縄密着大作戦(有村産業の海外視察から)
◎ニッポンレンタカー全国初の新型オープンカー
◎人気上昇のサボテンアイスクリーム
◎プールを地元にも開放、那覇東急ホテル

第一線観光座談会
第263号(86年6月1日)
◎座談会・お客本意に考えよう(大城賢、上田昌昭、松尾憲司、村山盛善、阿部豊、渋谷一男)
◎サンシャインリゾートかりゆし来年6月オープン
◎ポーラがえらぶゆりで香水・石鹸
◎運輸省、通行税廃止の意向、沖縄10%の値下げ可能
◎原因は「円高手控え」旅客減で業界が情報交換、他

グアムの観光事情
第264号(86年6月15日)
◎グアム・サイパン研修ツアー記/「荒らけずりの魅力・サイパン」「沖縄より数段進んだエンターティメント」「グアム・サイパンの観光事情」
◎21世紀沖縄の企業と経営を読む・宮城弘岩
◎県下各市町村の61年度観光予算
◎土産品業の実態と動向(下)
◎宴会場を充実・販売を強化/サンプラザホテル5周年
◎沖縄観光・今年後半を占う
◎観光速報ニュース37項目、その他

60年版観光要覧発行
第265号(86年7月1日)
◎那覇空港国際線ターミナルが完成
◎60年版観光要覧にみる沖縄観光の実態・訪問客205万人、観光収入2300億円
◎中部に生れた経済文化について・宮城弘岩
◎国体輸送計画まとまる、東急観光軸に手配
◎第6回観光野球大会、熱戦を展開
◎グアムエサイパン研修ツアー記
◎琉球サンロイヤル華麗に優雅にオープン
◎観光速報ニュース49項目
第265号別冊観光連盟特集
◎沖縄観光は一大改革が必要だ・宮里定三
◎10周年誌にに見る創立のころ
◎観光連盟のポスターにみる沖縄観光
◎私と観光沖縄・各界のリーダーが明らかにする秘話/富田祐行(OTV社長)湖城其仁(いんぶビーチ社長)石野朝孝(週刊レキオ社長)大城孝心(沖縄バス観光部長)宮里政欣(沖縄ツーリスト副社長)瑞慶覧長弘(県土木部総務課長)廣田寛治(ハーバービューホテル会長)

悠々中国の旅
第266号(86年7月15日)
◎沖縄のホテルブーム第3ラウンドへ、中高年層に的絞りリゾート施設続々
◎台湾はなぜ工業国に躍進したのか・宮城弘岩
◎悠々たるユーモア大国、資本主義もある中国の旅
◎グアム・サイパン研修ツァー紀
◎オリオンビールの自立への挑戦
◎料飲に重点スカイプラザオーブン
◎建て売り別荘はいかが、本部と恩納に55戸
◎沖縄のスクーバ、ブームに
◎将来有望なな観光潜水艇
◎観光速報ニュース26項目

安い香港旅行
第267号(86年8月1日)
◎6割も安い!香港発世界旅行
◎近代経営は時間が収益を左右する・宮城弘岩
◎観光開発基本計画、県内6カ所を重点整備
◎航空新割引連貨沖縄線に35%割引!
◎シティコート那覇オープン!
◎グアム・サイパン研修ツアー紀
◎沖縄観光7つの提言!
◎観光速報ニュース30項目その他

脚光浴びる与勝半島
第268号(86年8月15日)
◎海上公園に最適・脚光浴びる与勝の島々
◎高まる航空運賃値下げの声!
◎新しい二次産業を求めて㈰・宮城弘岩
◎開発計画が目白押し!本島北部に集中
◎観光野球大会22チームの組み合わせ決まる
◎観光速報ニュース32項目

カジノを沖縄に
第269号(86年9月合併)
◎国際的な社交場を!優先権は沖縄にある・サラリーマン新党八木大介議員に聞く
◎新しい二次産業を求めて㈪・宮城弘岩
◎各党に聞く、基本姿勢と振興策
◎工連の琉球館、広州など3カ所に本決まり
◎低成長時代に人った沖縄観光
◎カムバック観光客、日航が暖かい沖縄キャンペーン
◎那覇空港到着口に旅行社の案内カウンター開設
◎リニアモーターカー建設コストはモノレールの3分の1
◎ワシントンホテルが那覇に進出
◎パシフィックホテル沖縄リフレッシュ
◎観光速報ニュース47項目

沖縄の観光宣伝シンポ
第270号(86年10月1日)
◎観光連盟シンポ・沖縄の誘客宣伝はどうあるべきか
◎イベント・コンベンションの取組強める旅行大手3社
◎リージェント自社集客・高価格で勝負
◎第2回観光土産品展に29社
◎日航が羽田=那覇を減便
◎大成功SWALカップゴルフ大会、アマ最大規模の350人が参加
◎トンネルを抜けた、航空2社9月はプラス
◎都パレスがオープン嘉弥真リゾート来年3月オープン、他

各党の観光政策
第271号(86年10月15日)
◎観光客300万人時代をどう達成するか・宮城弘岩
◎沖縄経営学会講演「沖縄は一流のリゾート地目指せ」・渡久地政夫
◎南西航空が待望の本土線開設!
◎各政党に聞く、基本姿勢と振興策
◎リニアモーター交通問題の解決が21世紀の課題だ
◎太平洋観光の未来
◎知的で健全なルーレットゲームの公営化を
◎中華飯店新装オープン
◎観光速報ニュース30項目その他

松山線開設
第272号(86年11月1日)
◎南西航空松山線テイクオフ
◎押し寄せる金融自由化と銀行・宮城弘岩
◎シェラトン沖縄が2億4000万円で大改装
◎ホテルエメラルド、沖縄旅行社が経営
◎那覇にまたビジネスホテル、エアウェイ2・4月オープン
◎ニュース40項目

恩納村で地価高騰
第273号(86年11月15日)
◎産業まつりのイベント経済を諭ず・宮城弘岩
◎松山で多彩な行事展開
◎花のカーニバル・海洋博公園に大花壇
◎客引きに関係者立ち上る・那覇空港
◎地価5割もハネ上る・リゾート恩納に殺到
◎土産品展示会に1000人が参観
◎観光速報ニュース32項目その他

国体後の県経済
第274号(86年12月合併)
◎国際経済と沖縄自由貿易地域の展望
◎台湾側が沖縄自由貿易地域に注目
◎どう変わる!国体後の県経済・宮城弘岩
◎今度はビジネスホテルブーム・那覇、沖縄、具志川に波及
◎コーストビューリゾート着工へ・海中ディスコもお目見得
◎観光速報ニュース27項目


東大で沖縄シンポ
第275号(87新年特別号)
◎今年の経済を予測する・日銀那覇支店・佐々木信行
◎フリーゾーン無効論を斬る
◎人工衛星を産業開発に活かす方
◎中退金制度と企業
◎東大駒場祭から・沖縄からみる21世紀・筑紫哲也、岩井康彦、宮城弘岩、海治広太郎
◎沖縄から世界が見えるか・大前研一
◎那覇空港近くにホテル計画
◎新春エッセイ特集
◎回想の外周で・有村善一
◎花のカーニバル、今年からランのコンクールも開催
◎観光速報ニュース45項目その他

210万人を設定
第276号(87年1月15日)
◎KDDが国際パソコン通信をキャンペーン
◎62年は消費経済が活発化する・宮城弘岩
◎今年は沖縄の国際観光元年!
◎観光・文化局、宣伝・誘客に新戦略
◎210万人の入域客設定
◎観光速報ニュース34項目他

玉泉洞が大整備
第277号(87年2月1日)
◎沖縄フリーゾーンは来年オープン
◎台北琉球館の運営会員を募集
◎玉泉洞が26億円で園内大整備
◎沖縄の観光は理論不足だ・宮城弘岩
◎どう見る!今年の沖縄経済・RBC新年特番から
◎ホテルサンルートが閉鎖
◎旅行社が2000万円未払い
◎観光速報ニュース34項目その他

与那国にYS便
第278号(87年2月15日)
◎シルバーコロンビア計画はまず国内で
◎商法改正・法務省で検討中!
◎南伸道でマラソンを計画
◎日本最南端の島、与郡国観光の幕開く
◎那覇空港第二ターミナル・ゆったり広々と完成
◎スクスク育つ南米産花木の苗
◎海外ブームの次ぎは再び沖縄ブームだ・黒木純一郎
◎観光速報ニュース32項目その他

人工島に1000億円
第279号(87年3月1日)
◎沖縄に1000億円の大海上レジャー基地構想
◎観光客がパイン一缶運動
◎商品価値支えるサービス体制
◎日航が民営化に向けて計画
◎7月にロックフェスティバル
◎実行が先きだ、私の意見・金城幸松
◎観光速報ニュース20項目その他

絶好調230万人の声
第280号(87年3月15日)
◎絶好調の沖縄観光、この調子だと230万人
◎那覇市内に三重城オープン、琉球料理と琉舞を提供
◎春のハネムーン75%が海外へ
◎日航今年も強力キャンペーン
◎恩納村発の観光バス6月から運行
◎6月に花のカーニバル、観光需要を掘り起こし、他

JTB梅雨を底上げ
第281号(87年4月1日)
◎八重山・宮古・久米島観光協会が大同団結
◎沖縄金環食ツアー、スカイツアーズが催行
◎日航が11年目のキャンペーン9大マリンスポットで
◎JTB6月末まで雨天の時は1泊無料キャンペーン
◎今年の夏に再生かけるヨロン
◎ワシントンホテルが着工、他

第3回卸業合同展示会
第282号(87年4月15日)
◎第3回卸業合同展示会取引も活発化
◎12年ぶり豪華観光船が寄港ロイヤルバイキング号
◎那覇市広域商業(観光)診断、県中小企業指導課
◎新婚客も長期滞在、変化する沖縄へのニーズ、他

中部旅行社30周年
第283号(87年5月1日)
◎中部旅行社が創立30周年
◎沖バスが嘱託制導入、ガイド不足を解消
◎南米の花で埋めよう、オリオンビール苗木配布始まる
◎桃原農園のトロピカルガーデン開く、琉球庭園が目玉
◎南西航空松山線利用率72%で絶好調
◎赤い風船コンパニオンが全員集合
◎恩納村伊武部、貸別荘・ペンションブーム、他

南西航空ジェット8番機
第284号(87年5月15日)
◎南西航空ジェット8番機、攻めの計画
◎ジェットツアーが意欲的に格安航空券発売
◎観光文化局予算4億4000万円
◎太陽館リフレッシュオープン
◎厚生省がシルバーピック、県の構想の先を行く、他

八重山でマリンフェスタ
第285号(87年6月1日)
◎残波岬ロイヤル13階建て500室に着工
◎かりゆしビーチリゾートが本格営業を開始
◎マリンフェスタ準備OK、八重山の海を売り出す
◎高速フェリーの就航も、久米島観光夏にかける
◎JNTO訪日外客調査、那覇の印象16位に浮上
◎沖縄線は大幅な伸び、日航61年度の営業概要
◎近ツー夏のメイト、沖縄は8割増目標、他

第286号(87年6月15日)
◎山田温泉のホテルラマダチェーンが運営
◎昨年の観光収入2200億円突破
◎ジェットツアー沖縄開設3周年、今年度は200%達成確実
◎メキシコサボテン公園、植え込み始まる
◎9月にオープン、スポーツクラブジスタス
◎増茂昌夫氏に日観協観光功労賞
◎素敵なナイトコース、ショーボート那覇に8日開店
◎ワイキキの2倍の規模、コオリナリゾート開発の実際を見る、他

フリーゾーンの全国展開
第287号(87年7月1日)
◎通産省、フリーゾーンの全国展開を検討
◎沖縄フリーゾーンは来年オープン
◎南西航空盛大に20周年式典
◎運輸省の海外倍増計画と沖縄「まず運賃値下げが先決だ」
◎大成功の沖縄海のカーニバル
◎観光要覧、3年連続200万人突破
◎沖縄でも流行る、リースバック方式の魅力
◎オーシャンビュー12階建て207室オープン
◎海水浴場は快適、県環境保険部、他

フリーゾーンの全国展開
第288号(87年7月15日)
◎シルバーコロンビア、研究会で国内版も検討
◎市民座談会「宜野湾市にコンベンションがやってくる」有村善一
◎オキハム構内にレストランと黒糖工場
◎宜野湾市に300艇、沖縄初の公共マリーナ開港
◎ナハビューホテル梅原、全面改装でグレードアップ
◎業界紙招き研修会、ジェットツアーが沖縄見せる
◎NTTがセールスフェアで観光討論会開く
◎ねぶたに参加、県が東北博で、他

損失多い沖縄の流通機構
第289号(87年8月1日)
◎観光功労者に桑原守也氏ら
◎工連主催・観光土産品開発シンポ「損失多い沖縄の流通機構」
◎観光地を県民が視察、観光連盟がふるさとめぐり
◎太陽物産がビーフパイ開発
◎サンゴ会館がステーキ料理
◎ヴィラフサキ5年で宿泊客延べ20万人
◎ジュネのアロハ、山口県がキャンペーンに採用
◎ロックの祭典に9000人
◎二次振計後期の展望と戦略
◎データで比較・沖縄と競合する海外、他

沖縄でカジノ有望
第290号(87年8月15日)
◎観光連盟が研究会、沖縄でカジノは極めて有望
◎ラスベガスでディーラーだった佐次田さん「雇用効果抜群、犯罪とは全く無縁」
◎県、11月にコンベンションビューロー設立へ
◎コンベンションセンターを記者団に公開説明
◎供給過剰で青息吐息、今夏の総決算
◎高速道路でカーニバル、南進道開通記念で
◎沖縄公庫の観光融資、利率は4.6%
◎「国際化時代の沖縄観光」沖大教授・石川政秀、他

求められるリーダーシップ
第291号(87年9月1日)
◎リゾートブームに沸く沖縄、求められる強烈なリーダーシップ
◎豪華絢爛・パブシアターショーボート
◎ハワイの21店に納入、フォトチャイナ
◎久米島「民宿不振、リゾート人気」
◎ちんすこう乱売合戦、かけ率は3.5
◎日航、下期沖縄キャンペーン
◎県、部瀬名岬地域の構想を諮問
◎話題のリゾート法はこう読め
◎編集後記・熾烈な引き抜き合戦、他

8月の入域客過去最高
第292号(87年9月15日)
◎台湾が中国への渡航を解禁
◎フリーゾーンに向け続々新会社
◎玉泉洞にエスカレーター完成
◎8月は過去最高の伸び
◎大綱引き10日に開催
◎土産品をカタログ販売、さんごセンターが東京で開始
◎マニラ線を復活、2年ぶりノースが10月から
◎金環食に取材陣続々、天文ファン5000人来沖
◎訪米日本人が著増、1〜3月に15%伸びる
◎西武オリオン、かたばみが新装オープン、他

海開きを元旦に
第293号(87年10月1日)
◎JAL「あったから島沖縄」を11月からキャンペーン
◎ホールセラーオフの沖縄を考える座談会「いっそのこと海開きを元旦に」
◎パシフィックホテル沖縄、グルメアベニューをオープン
◎国際通りに本格飲茶の「青葉」
◎名護自然動植物公園12月オープンに向け準備整う
◎OTS観光部コンベンションセンターを開設
◎沖縄発、台北=アメリカ好評、中華航空のキャンペーン
◎台湾で沖縄の番組、日本アジアがヤング向け、他

コンチグアム線申請
第294号(87年11月合併)
◎コンチがグアム=沖縄申請
◎香港のドラゴンエアーは沖縄乗り入れ希望
◎1台3800万円の超デラックスバス、JTBが5台導入
◎デニス仲里、ハワイのノウハウを紹介しよう「観光は常に前進あるのみ」
◎旅行社、団体に直撃インタビュー「どう見る国体後の入域客動向」
◎恩納村うりずんの里に27棟、県内初の貸別荘村
◎ジミー田中版「アメリカ村構想」
◎第7回観光野球始まる
◎さんごセンター観光ドライブイン100選九州一に、他

さとうきびが10倍取れる
第295号(87年12月合併)
◎さとうきびが10倍取れる、染氏の特許に視察団続々
◎宮城弘岩のズバリ沖縄診断
◎初の水中トンネルも、名護自然動植物公園オープン
◎八重山民俗園のリスザルが童謡に
◎3月11日に岡山線就航、南西航空
◎全国初の観光科、浦添商高で来年スタート
◎県内18サークルが成果を発表、沖縄のQC活動
◎衝撃のデビューから10カ月「沖縄産業経営新聞」創刊から休刊までの軌跡
◎国際パソコン通信とニュービジネス・前川昌道
◎全日空冬の沖縄キャンペーン「あったかいからできちゃった」開始
◎公庫レポート「沖縄のリゾート開発に見る資金計画」
◎会長に西銘知事OCBが12月中に発足、他


目標は235万人
第296号(88年1月1日)
◎今年の沖縄観光「前半好調、後半?」目標は235万人
◎今年の展望「波動少ない県内景気」日銀佐々木支店長
◎新春メッセージ、西銘順治、親泊康晴、宮里定三、住田俊一他
◎新春随想、饒波正之、八木大介、廣田寛治、神保哲夫、山本武男、池田健蔵、桑原守也、石川秀雄、石田博、定歳実勇、船越義彰、新垣柴太郎、大城光恵、吉田朝敬、池村賢次、他
◎落花生の輸入が急増、中国産が97%
◎レーガンの経済失敗からの教訓・宮城弘岩
◎世界に広がるQC活動・琉球大学西賢祐
◎生産額は36億円、61年の伝統工芸品
◎フリーゾーン入居は2月29日締切、説明会に250社
◎5階建て50室を増設、久米アイランド125室へ
◎活発化しそう今年の航空界、沖縄関連8社新規10路線開設計画
◎県外進出で局面打開、米軍払い下げ品業者の動き、他

危うし、戻税制度
第297号(88年1月15日)
◎危うし、戻税制度、酒税法改正・流通の変化で骨抜き
◎さとうきび1反歩から30トン、染式栽培法
◎琉海の高速新造船、東京航路に投入
◎60代は働き盛り、雇用開発協会が就職促進
◎冬場対策にサントピア沖縄、県が企画・12月に開催
◎インタビュー新垣富男OCB事務局長
◎春らんまん、本部八重岳、名護桜まつり開幕
◎JALは今年も強力に沖縄販売
◎全国で一台英国製クラシックカー、ニッポンレンタ沖縄が導入
◎日航パソコンで旅行VAN
◎今年から県も共催、JTB杜の賑わい
◎紙上経営塾・里村稔
◎修学旅行も海外時代へ、他

格安旅行姿消す
第298号(88年2月1日)
◎MTPを遵守せよ、運輸省が取り締まり・格安沖縄旅行姿消す
◎7月からTDAが那覇に就航
◎南部広域圏の滞在型観光を考えるシンポ
◎円高における食品輸入動向、台湾・韓国・タイから急増
◎海中でおしゃべり、超音波無線機を開発
◎グアムを調査、県内の金融・報道機関
◎JTB今年の旅行動向、総消費額は11兆円
◎36億円で劇場棟に着工
◎海中公園の再開発、国際級・滞在型の決定版目指す
◎「わたしの沖縄経験」都ホテル桑原社長が出版
◎1室3000万円で分譲、今春開くヨロンプリシア、他

沖縄は重点地区
第299号(88年2月15日)
◎観光文化局63年度予算案は総額23億円
◎「沖縄は重点販売地域」日旅関根社長に聞く
◎徹底取材、急成長するグアム観光の実態
◎南西航空庵原社長インタビュー・岡山線の開設で期待に応えたい
◎パラプレインが登場
◎実用品に重点、琉民が土産品発表会
◎10月オープンのラマダ、客室販売を開始
◎友の会会員募集、ホテルビクトリー
◎コンベンションビューロー業務を開始、他

石垣に2つの大型ホテル
第300号(88年3月1日)
◎石垣島に大型ホテルが2つ「全日空サンコースト買収」「平久保に奥村ハウジングが計画」
◎42社が入居を希望、フリーゾーン
◎泡盛「海の道」をKDD沖縄支社が開発・販売
◎県内主要ホテルの稼働率、本紙調べ
◎リゾート沖縄を強力に訴求、日航が4月からキャンペーン
◎インタビュー・東亜国内航空真島社長「沖縄線は魅力ある幹線だ」
◎1億円の大型カタマラン、今月中旬那覇起点に就航・イナーナ、他

JRが沖縄送客
第301号(88年3月15日)
◎JRグループが沖縄送客、地元大きな期待
◎ラマダ392室で7月8日オープン
◎スカイホリデー・万座に海からチェックイン
◎コマカ島を結ぶ、シェラトンからオプション
◎OTS本格的にダイビング販売
◎恩納村が観光課新設を検討
◎日銀短観・県内に景気良好感
◎南西航空岡山線、満席で就航第一便飾る
◎エエッ天皇が近く来沖? マスコミ緊張・東京でうわさ流れる
◎世界一近い楽園、全日空沖縄キャンペーン、他

メンバー輸送開始
第302号(88年4月1日)
◎エアーオリオン、日本発のメンバー輸送開始
◎今帰仁にリゾート、ベルモア東洋7月オープン
◎グアム直行便22から運航
◎「全国1200カ所で沖縄を販売」JR九州日吉政和常務に聞く
◎屋嘉インターが開通
◎沖縄のリゾート開発について梅澤忠雄氏講演
◎4月3日、知事が海開き宣言
◎ハワイで那覇の物産と観光展
◎堺屋氏らが討論、リゾート開発でシンポ
◎那覇東急、ウォーターパークが登場、他

メンバー輸送開始
第303号(88年4月15日)
◎1000万年前のクジラの化石? ウカワ島で発見
◎那覇などコンベンションシティーの指定受ける
◎アメリカ人は沖縄のフリーゾーンをどう見ているか
◎近ツー沖縄滞在ツアーを商品化
◎琉球銀行金融資料館を創設
◎JRの沖縄発売、手応え確か
◎沖縄市にデラックスホテル
◎ラマダ、浮きステージ建設
◎残波岬ロイヤル県内最大の501室7月オープン
◎サントピア沖縄実行委が発足、他

フリーゾーン建物落成
第304号(88年5月1日)
◎フリーゾーン落成、一足先に内部を見る
◎観光客に売り込め、工連が県産品の開拓報告書
◎重点地域に8カ所指定、リゾート構想
◎ハンビー跡にSC、サンエーと山城時計店
◎「現実に合わない通行税を廃止せよ」航空政策研究会レポートから
◎ピザハウスが新築移転
◎敷地を2倍に拡大、中山パイン園
◎ジェットツアー・昨年の沖縄は6割増
◎OTSハイビー会会長に国吉真市氏、他

フリーゾーン落成式典
第305号(88年5月15日、6月1日合併)
◎「拡大発展を願う」フリーゾーン落成式で小林次官
◎観光文化局予算は23億円、部瀬名のマスタープランなど重点
◎沖縄市、国体施設を活用してスポーツ合宿売る
◎GWは入込20%増
◎沖縄ワシントンホテル7月22日開業
◎日旅、赤風コンパニオンが研修
◎「ポスト二次振計はリゾートだ」新垣徳夫県振興開発室長インタビュー
◎JAS沖縄支店を設置、柳下所長着任
◎入居27社を選定、フリーゾーン
◎パインを柱に農産物を考える・山入端好盛
◎読谷リゾートが地鎮祭
◎伊計島にリゾート施設7月開業、他

ドラゴン舞う
第306号(88年6月15日)
◎ドラゴン毎週舞う、OTSのチャーター絶好調、円高メリットで満席
◎テンミリオンの国内版実施・運輸省
◎岡山線が絶好調、夏休みに4便増やす
◎連盟会長に西銘沖縄県知事、宮里氏は顧問に
◎ナイスウイング、沖縄商品設定
◎宮古観光協会、東京直行便を推進
◎名護、開発構想目白押し、他

リージェント不振
第307号(88年7月1日)
◎リージェント不振、マネジメントを全日空に打診
◎グアム専門のアール・アンド・シー沖縄進出
◎MTP廃止で求められる新航空運賃体系・ジェットツアー取締役加藤典平
◎観光業界、西銘会長を歓迎
◎フリーゾーン入居企業に認定証
◎「新聞を国を動かした米国視察機が火つけ役」渡久地政夫
◎ビューローが客取った? 沖縄市宿泊地変更に関係者怒る
◎無人島のクジラ化石見せる、糸満海洋レジャーセンター
◎JAS那覇営業所を開設
◎10倍取れるキビに見学続々
◎サントピア沖縄を東京で発表
◎琉球新報で何が起きた、ビラ・怪文書飛び交い社長交代、他

那覇=厦門に定期航路
第308号(88年7月15日)
◎那覇=厦門に定期航路、片道100ドル・南西海運
◎JTB沖縄が発足、社長に横溝氏
◎96人乗りクルーザーに許可、PMSが本格クルーズ開始
◎ラマダ、盛大にオープン
◎オキナワコンベンションビューロー、主催者に支援サービス
◎ロビー天井を高く、Gキャッスルが全面改装終了
◎カリフォルニアのホットタブ、イーフビーチで大好評
◎リゾート開発と産業構造、宮城弘岩氏講演から
◎読谷村、残波岬ロイヤルが開業
◎カジノゲームなどユニーク企画、下期のシェラトン沖縄
◎修学旅行誘致協議会を結成、県が音頭
◎飛龍㈼に船上ダイビングスクール
◎台湾の観光客が増加
◎万座ビーチが5周年、他

リゾート開発殺到
第309号(88年8月1日)
◎リゾート開発沖縄に殺到、計画は100カ所以上、総投資額は1兆円
◎日航山地社長「沖縄はまだ開発の余地ある」
◎JASが運航を開始
◎楽々空中遊覧、万座ビーチに日本初のスカイライダー
◎万座ビーチに海中展望船が登場
◎OTSがビーチバス南十字星号を運行
◎中山パイン園、フルーツランドに改称
◎移転後のピザハウス好調続く
◎玉泉洞内で1万5000年前の化石が続々
◎琉球民芸センター、国際通りに新店舗
◎オリオン、ドライを新発売
◎今帰仁村のベルモア東洋、魅力たっぷり専用ビーチ
◎那覇=台北運賃値下げ往復で3万8200円
◎沖縄旅行社輝く創立35周年、他

中小ホテルピンチ
第310号(88年8月15日)
◎最盛期、中小ホテルはピンチ/7月の売上例年の5割、ダンピング朝付き2500円も
◎観光収入は2500億円
◎那覇=厦門航路、高まる期待
◎ホテル友善にレストランシアター
◎宮城弘岩のリゾート産業論「観光の産業としての理念の蓄積」
◎金秀、リゾートマンション150室を販売
◎本紙調査・観光客に聞きました「海に大満足」
◎新開発の潜水艇はいかが、仏コメックス社が売り込み、他

那覇=鹿児島にエアーニッポン
第311号(88年9月1日)
◎那覇=鹿児島にエアーニッポン、全日空から路線移管、先島線の布石
◎伸び悩む八重山観光
◎リゾート計画をまとめる、琉銀調査部「総額やはり数千億円規模」
◎観光議員連盟が発足、県議ら8人が参加
◎人員で30%増加、昨年の修学旅行
◎那覇東急シティーリゾートに変身、8億円で施設を拡充
◎沖縄市100万坪を埋め立て、リゾート誘致を計画
◎トップ沖縄「芸」を披露して大人気、他

下期も好調
第312号(88年9月15日)
◎下期の入込、団体客が大幅増・旅行社の見通し
◎スイスの国際旅行見本市で沖縄紹介
◎グアムへのビザを免除、10月から
◎コンチ、グアム線利用率は7割突破・利用者の8割は米軍関連
◎入居27社が協会設立・フリーゾーン
◎競合市場としてのグアム・サイパン・公庫レポートより
◎現地で聞く「八重山をどう発展させるか」
◎客室と車をセットで販売
◎ソフトウェア農業を討論・沖縄フルーツランド、他

那覇祭り中止
第313号(88年10月1日)
◎しこり残し那覇祭り中止、天皇の容態が影響
◎サントピアは開催
◎厦門港路を開設、3等往復5万円台
◎昨年は過去最高、観光戻税の利用実態
◎沖縄フルーツランド主催、ソフトウェア農業の展望詳報
◎日本発を大幅値下げ、日航円高で運賃是正
◎盛大に披露パーティー・JTB沖縄
◎直行便は南西か全日空か
◎あったかい沖縄を強調、ジェットツアー「正月に泳ごう」発売、他

国際紛争生む、新石垣空港?
第314号(88年10月15日)
◎国際紛争生む、新石垣空港? 台湾防空体制と関連
◎画廊南都オープン
◎ほ場視察を呼びかけ、ヨロンのさとうきび見せる
◎リゾート法をめぐる期待と思惑
◎紛糾するメンバー輸送、那覇空港事務所とエアオリオンが大論争
◎白保の生態系を破壊、日本自然保護協会が視覚化
◎1年目を迎える台湾からの里帰り、他

リゾート志向くっきり
第315号(88年11月1日)
◎リゾート志向、数字でもくっきり・ホテル稼働率90%台ズラリ
◎リージェント沖縄から撤退、全日空グループが引き継ぐ
◎前年比11%下回る、戻税9月の実績
◎社交業の誇りを堅持、那覇で盛大に全国大会
◎温水シャワーなど完備、ホテルオリオンダイビング客が急増
◎3月まで誘客続行、JALの冬場キャンペーン
◎宿泊施設各地に続々、ブーム加速
◎秋の新婚旅行97%が海外へ・JTBまとめ
◎厦門航路「海櫻」号で行く中国ルポ
◎土産品業界と飲食業界への警告・有村善一、他

国内初のバイオ温泉
第316号(88年11月15日)
◎国内初のバイオ温泉が登場、いこいの里年内に営業開始
◎サザンリンクスが開業
◎10アール25トン、理論通り成長・ヨロンキビ便り
◎山陰の旅を新発売、スワルプラン下期
◎サントピア申込は定員の5割、自粛ムード響く
◎全日空、サロンド沖縄キャンペーン
◎各リゾート県民割引で攻勢、オフ対策6割引も
◎沖縄・奄美を組み合わせ、ナイスウイングの下期商品、他

5万円のハワイ
第317号(88年12月合併)
◎5万円(大阪発着)のハワイ登場
◎今度はゴルフ場ブーム、21カ所で計画進む
◎目標235万人突破確実
◎予想されるコンベンション一覧
◎夢開く南西諸島・染寛
◎民営化1年迎えた日航
◎神話の宝庫山陰を行く
◎フリーゾーンで展示即売、タイの宝石とシルク
◎琉球村で毎日エイサー、他


新ターミナル建設へ
第318号(89年1月1日)
◎新ターミナル建設へ、県が準備作業開始
◎巨大フリーゾーン・関西新空港に併設を計画
◎東京ドームで産業まつりはいかが
◎需要地から見た沖縄への注文(東京で旅行社座談会)
◎新春メッセージ
◎新春エッセイ特集
◎県内景気は今年も好調、日銀豊田支店長
◎9万円台のハワイジェットツアーが発売
◎3月に第一回アジア音楽祭、谷村新司らが出演
◎1日フリー券も発行、バス料金値上げ
◎創立20周年を祝う・沖縄市観光協会
◎ふるさと資金ポンと一律1億円
◎ガラス村、増設
◎沖縄でも動き出すCATV、他

250万人設定
第319号(89年1月15日)
◎輸入品を割安販売、フリーゾーン活動第2弾
◎「沖縄を花で包もう」花のカーニバル実行委が提唱、盛り上がる
◎県観光文化局めんそーれ運動展開
◎往復7万円台か、宮古直行便3社が就航希望
◎今年の目標250万人を設定
◎ジェットツアー金貨探しラリーを企画、他

昨年は239万人を達成
第320号(89年2月1日)
◎昨年は239万人を達成
◎フリーゾーン輸入フェア盛況、観光客が4割占める
◎JTB修旅にタクシー使用
◎建設ブームに浮かれるな・宇井純
◎今年はやんばるが面白い
◎琉球ミートがチルドビーフ発売
◎利用者急増のバイオ温泉、他

加熱するゴルフ事情
第321号(89年2月15日)
◎海開き、今年からやめる・海のカーニバルに統一
◎沖縄・奄美をキャンペーン・JAS
◎沖縄線の増便へ・JAS
◎南西航空消費税で平均5.14%値下げ
◎加熱する沖縄のゴルフ事情
◎カジノを造れば客が殺到する、八木大介氏の沖縄プロジェクト構想
◎輸出は6億、輸入は14億・フリーゾーンのこれまでの実績、他

東京乗り入れ
第322号(89年3月1日)
◎南西航空念願の東京乗り入れ、宮古と3時間で結ぶ
◎石垣にはANK
◎離島へ安く行ける、南西航空、団体包括割引を新設
◎台湾のヤングに沖縄ブーム
◎航空機利用の沖縄修旅、東京・大阪で働きかけ
◎19ホテルが加盟して、東武トラベル旅連県支部発足
◎リゾート沖縄マスタープラン全文
◎真栄田岬にコスタデルソル
◎人気集中スクーバダイビング、他

JRがキャンペーン
第323号(89年3月15日)
◎JR九州、沖縄キャンペーン
◎千葉真一氏が買収、石垣のヴィラフサキ
◎JALキャンペーン、10大リゾートを設定
◎朝日物産が獲得、ジョニ黒の沖縄販売権
◎那覇にマリン基地、スカイホリデーが商品化
◎コンドミニアム計画中、なんと1万室
◎マリーのロックコンサート、修旅に組み込む、他

これがリゾート法融資制度
第324号(89年4月1日)
◎これがリゾート法融資制度、沖縄公庫
◎恩納村に国際級ホテル124億円投入、客室500・91年開業
◎9人乗りジャンボハイヤー、国和ハイヤーが3台
◎石垣に国際保養基地、台湾の投資家グループ、100億円投資・ジェットホイルで輸送
◎中華航空、沖縄線をデイリー運航
◎人工ビーチに着手・サンマリーナ
◎サンビーチが起工式、まずゴルフ場、他

オキナワシャツを販売
第325号(89年4月15日)
◎ホテル組合、オキナワシャツを販売
◎観光文化局、振興課設ける
◎運営は専門家におまかせ、大型ホテルで目立つ
◎従来通り本土の半値、酒税法改正で戻税洋酒ホット一息
◎ジェットツアー宝探しラリー開始
◎新潟に直行便、JTBがSWALチャーター
◎コンチ、沖縄=グアムを週6便に増便
◎全日空、ベイリゾートがオープン
◎宙に浮く増改築、狭い那覇空港ターミナル
◎郵政省、OCNに許可状交付、都市型CATVスタート、他

主要ホテルの稼働率
第326号(89年5月1日)
◎本紙調べ、県内主要ホテル稼働率まとまる
◎6月17日から海のカーニバル、44のイベント準備
◎東海岸にリゾート、ゴールデンサンビーチ24室
◎オーストラリアのパラセールボート、はいむるぶしが導入
◎全国平成太鼓サミット開催、他

部瀬名立ち往生
第327号(89年5月15日)
◎水がない、部瀬名岬開発計画、立ち往生
◎恩納村、独自の土地計画策定、国土庁も応援
◎世界の那覇ハーリー、国際爬龍船大会へ
◎大当たり、アメリカ湯
◎盛大に歓迎セレモニー、JR九州沖縄キャンペーンの第一陣到着
◎観光連盟青年部発足
◎36階建てホテルでムーンビーチと宜野座村が協定調印、他

トロピカル構想提出
第328号(89年6月1日)
◎県内全域をリゾート地に設定、重点地区に9カ所、トロピカル構想国土庁に提出
◎チャーターフライト相次いで那覇進出
◎観光連盟、修旅の誘致に全力
◎KYって朝日新聞だった、記者がサンゴ写真をねつ造
◎台湾から観光客が殺到、満席続き、他

県、部瀬名に出資
第329号(89年6月15日)
◎今年度予算は38億円、部瀬名にも出資
◎産業振興公社、人材派遣8月から実施、1年間の費用を負担
◎北谷町サンセットビーチ、無料でオープン
◎サムズグループ、四国松山に出店
◎どこへ行くアクアポリス、県が8月に結論
◎スワルプラン、松山研修同行記、他

韓国から観光団
第330号(89年7月1日)
◎韓国から初の大型観光団
◎観光連盟中心に修旅誘致協発足
◎需要が拡大、タマはあるが席が取れない
◎国内旅行主任者試験、今年から沖縄でも実施
◎沖縄マリン倶楽部が発足
◎宮古に17階建てのホテル計画、来年4月着工
◎久米島、空港近くに5階建て87室、本格リゾートホテル着工
◎うりずんの里貸別荘が完工、他

東京乗り入れ
第331号(89年7月15日)
◎那覇空港ターミナルビル、国際線近くに移転新築・県が近く正式発表
◎目に余るコピー商品の横行、沖縄にマイナス・国際団体が指摘
◎沖縄サンコーストがオープン
◎那覇から30分、前島ビーチ売り出す
◎ハワイ、昨年の観光客600万人
◎JAS追い風に乗る、沖縄線を1日2便へ、他

ココガーデンがオープン
第332号(89年8月1日)
◎昨年の観光収入2600億円
◎修学旅行協議会が発足
◎開業1周年のワシントンホテル、女性の利用目立つ
◎ビッグタイムリゾート伊計島、7月20日にホテル棟オープン
◎トップ沖縄が7周年、おもしろ旅行で発展
◎国際サンゴ、上地健次社長の就任披露
◎観光収入の波及効果
◎ベスト電器那覇店オープン
◎直行便、宮古6万郡民が歓迎、他

東京乗り入れ
第333号(89年8月15日)
◎簡易保険旅行団が大挙来沖、10月から2万人
◎下期の沖縄、マイナス要因なく10%の伸び期待
◎11月にツール・ド・おきなわ
◎運行は琉海の手で、わが国初の潜水艦、恩納海岸で10月から営業
◎韓国観光団大喜び、各地で温かい歓迎
◎JR九州の沖縄キャンペーン大成功、目標を58%上回る、他

那覇に450室
第334号(89年9月合併)
◎那覇に450室の水際ホテル
◎八重洲セントラルホテルが転業
◎名護の双葉荘も転業
◎東アジア観光協会、沖縄で総会
◎那覇に旅行センター、日通旅行
◎MTPは独禁法違反、公取委が警告
◎ジェットツアー5万円の沖縄
◎来るぞ海中時代、観光潜水艇、本部町でも計画
◎平成景気か、リゾート景気か、2桁増で沸き立つ沖縄観光
◎名護市に本格派シティーホテルゆがふいんオープン
◎苦渋の転業ドラマ、八重洲セントラル、黒字だが・続けるかやめるか
◎高まるキャンプ熱、海中公園テントも引っ張りだこ
◎目玉はガラスドーム、来年オープンのガラス村本館、他

隠れ観光バス
第335号(89年10月1日)
◎隠れ観光バス堂々と営業、台湾客向けに40台
◎観光コースに那覇市場、那覇市がキャンペーン
◎進貢船の模型が完成、文化の日に龍潭池で出航
◎中小ホテル業績好転、夏のピンチ切り抜け
◎大成功、離島フェア
◎社員ヤーイ、深刻な人手不足、悲鳴上げる中小企業
◎潜水艇もぐりんサンマリーナに着く、他

台北=那覇増便
第336号(89年10月15日)
◎台北=那覇増便、日本アジア来年4月から、中華航空は来年末から
◎那覇市観光協会、創立25周年
◎館内改装を祝う、パレスオンザヒル
◎沖縄と北海道拠点に、全日空エンタプライズ、後藤社長「新ホテル建設の可能性も」
◎160人乗りB737‐400、南西が導入
◎仏料理の三国氏、11月にピザハウスでフェア
◎ケラマの前島ビーチ、来年は3隻で輸送強化
◎アメリカ湯、那覇に進出
◎260室のマンション、大拓本部町に来年2月着工、他

ビーチリゾート波に乗る
第337号(89年11月1日)
◎ビーチリゾート波に乗る、9月も90%稼働
◎サンマリーナ、100室増築へ
◎西銘知事4選出馬決定
◎琉大も観光講義
◎ホテルでプリペイドカード、かりゆしビーチで初の採用
◎ホテルのリノベーション活発化
◎サンマリーナの人工ビーチ完成
◎冬の沖縄へ50万人送客計画JALが下期キャンペーン、他

琉海が韓国航路
第338号(89年11月15日)
◎琉球海運、麗水=博多=那覇に配船
◎イザイホー消滅の危機、来年のまつり絶望か
◎年末年始の旅行、旅行社一斉発売
◎全日空が成熟世代狙い「冬浪漫」
◎太鼓サミットに30団体が出場決定
◎台湾キャンペーン報告
◎サムズグループ本土でも話題に
◎琉球ガラス村新館が落成、他

目標突破263万人
第339号(89年12月合併)
◎来年は270万人、観光文化局が検討開始
◎ホテルの等級制、運輸省が検討始める
◎イザイホー消滅、過疎が追い打ち
◎修学旅行、台湾が激増
◎屋内プールを着工、かりゆしビーチ
◎航空3社、史上最高の収益
◎ムーンビーチ、全客室に蘭を飾る
◎元旦に海開き、ラマダ
◎みゆきビーチ、5億円かけ改装
◎アクアポリスは第三セクターで、県が決断
◎三国フェアー大成功
◎コスタデルソソル、那覇店がオープン
◎四竹久米店新築開店、他


オフの個人割引35%までOK
第340号(90年新年特別号)
◎2月からオフの個人割引35%認める
◎南西航空、周遊券発行を計画
◎東南アジア製品の輸入展示場に、フリーゾーンに新たな機能
◎リゾート法が適用されると、重点地区に各種助成
◎開発なんと102カ所全リスト
◎少量多品種時代の工芸産業、新しい可能性を期待
◎90年代の沖縄観光座談会、沖縄から一流ブランドを
◎座談会・連盟青年部「沖縄は楽しめる演出を」
◎ダイビング座談会、89年は絶好調だったが…なくなる海を心配
◎座談会・宮古編「50万人へ挑戦」
◎座談会・久米島編「久米島こそリゾートの最適地」
◎企業はなぜ本部町に殺到するか
◎観光連盟専務理事に就任した平良哲氏
◎古酒1本100万円也、イメージ一新の「泡盛館」那覇にオープン、他

目標突破263万人
第341号(90年1月15日)
◎オキナワントレイン構想が浮上、JR主要駅でPR
◎3%増の275万人、県が目標
◎宜野湾市に観光協会設立
◎恩納村の与久田、竹富町カヤマ島、恩納リージョン、恩納村ウエストコースとに開発許可
◎知念村に全国初のケア付きホテル、他

ゴルフ会員権急騰
第342号(90年2月1日)
◎ゴルフ会員権が急騰、ブーム反映2年で4倍
◎生産額は72億円、62年の工芸産業
◎サントピア沖縄、県外客5万人が参加
◎此の古酒ハウマッチ、初の稀少泡盛展示即売会
◎県庁舎が落成、他

部瀬名で3セク
第343号(90年2月15日)
◎大詰め迎えた部瀬名岬開発計画、3セク来月発足
◎部瀬名、周辺地かが高騰山林坪当たり7万円の声も
◎宜野湾市の観光を語る座談会
◎JALSTORY14年ぶりに名称変更
◎売上が回復、那覇市内中小ホテル昨年の実績
◎新たにジェット機導入、南西8番機
◎4月からJALハイテクジャンボ沖縄に就航、他

ホテル満杯
第344号(90年3月1日)
◎県庁ぐるみ観光の振興へ連絡協議会を設置
◎3月までホテル満杯、民宿も動員、なだれ現象に悲鳴
◎航空会社が割引運賃平日シルバー25%引き
◎記者座談会・個人客が増えてきた、ホテルも対応急ぐ
◎恩納村、押し寄せる企業群、公園法でがっちりガード
◎海港の整備を急げ・有村善一
◎波之上人工ビーチに着手、他

守礼門下車を停止
第345号(90年3月15日)
◎守礼門、首里城工事で下車を停止
◎狭い那覇空港、乗降客で大混乱
◎部瀬名3セク20日に設立総会
◎三重城の大型ホテル4月着工へ
◎日航・全日空沖縄キャンペーン開始
◎名古屋=那覇を計画、日航
◎大型ホテル建設に期待、玉城村、新原ビーチに250室計画、他

ビーチの入場料で対立
第346号(90年4月1日号)
◎ビーチの入場料で対立 恩納村とサンマリーナホテル
◎R問題で県内の土産品業者 旅行社の姿勢に不満爆発
◎県内の旅行社が反発 世界のウチナーンチュ大会

土産品店のR問題
第347号(90年4月15日号)
◎土産品店のR問題 公正取引室も重視
◎変わる! 沖縄のホテル業界
◎合い言葉は共栄共存 スワルプラン協力会が発足

ビーチは自由使用
第348号(90年5月1日号)
◎台湾で高まる沖縄活用法 大陸との航空路線開設で構想
◎ビーチは自由使用 恩納村と話し合いつく
◎《記者座談会》メディアが変える旅行スタイル

与久田ビーチ長期計画
第349号(90年5月15日号)
◎名門ホテルが沖縄進出検討
◎台湾客の豪華な沖縄旅行
◎350室のホテルなど 与久田ビーチ長期計画で展開

赤土汚染は観光の危機
第350号(90年6月1日号)
◎農振地域は解除できる 永久不変は神話
◎《記者座談会》 赤土汚染は観光の危機
◎《連載コラム視点》返還軍用地の思想

大手土産品店が撤退
第351号(90年6月15日号)
◎ヤンバルに空港を建設せよ 沖縄観光問題研究会が提唱
◎R商法はもうコリゴリ 大手土産品店が撤退
◎ジェットフォイルで与論町、大きな関心寄せる

南海の孤島にもリゾート開発
第352号(90年7月1日号)
◎南海の孤島にもリゾート開発の触手
◎自然保護が聞いてあきれる 鳥羽水族館の不可解な行動
◎《本紙記者座談会》メリット大きいやんばる空港

ビーチ条例はできるが
第353号(90年7月15日号)
◎久米島に国際級リゾート、三菱地所が打診
◎やんばる空港で伊江島動く
◎《記者座談会》ビーチ条例はできるが、厄介な問題がたくさんある

宮古でホテルブーム
第354号(90年8月1日号)
◎宮古でホテルブーム 10カ所で建設計画
◎ジェットフォイル説明会盛況
◎客室清掃係がいない! 求人・採用にあの手この手

サンリーフ
第355号(90年8月15日号)
◎超高速船 伊藤忠も売り込み
◎マリンビューパレスがオープン
◎サンリーフリゾート久米島がオープン

土地高騰
第356号(90年9月合併号)
◎盛大に謝恩パーティー パシフィックホテル沖縄
◎《連載コラム・視点》ああ、土地高騰
◎《連載コラム・観光時評》観光収入3000億円突破 一次二次産業へ積極発言せよ

前払いカード
第357号(90年10月1日号)
◎航空会社 沖縄に意欲
◎前払いカードでリゾートの売上70億円見込む
◎《コラム観光時評》新空港ターミナル、計画案を公表し意見を聞け

県が強硬方針
第358号(90年10月15日号)
◎乱開発を禁止 強引なリゾート開発に県が強硬方針打ち出す
◎石灰岩山積み、景観破壊 ひめゆりパーク前
◎《コラム観光時評》乱開発を警戒せよ 本物と見分ける眼力も必要

600万人目指す
第359号(90年11月1日号)
◎観光客600万人を目指す 日航利光社長が表明
◎《観光時評》木部長官をコケにした総合事務局失格課長の発言
◎最高の設備・環境 スタシオンを企画 大拓・與那覇社長に聞く

埋め立てラッシュ
第360号(90年11月15日号)
◎注目の恩納村で今度は埋め立てラッシュ
◎本島周辺からウリミバエ駆除
◎「人材育成に重点」 沖縄フルーツランド社長に就任した安里廣氏

観光目的税案
第361号(90年12月合併号)
◎観光行政の財源に 観光目的税案が浮上
◎県内で旅行業者 多方面へ進出盛ん
◎戻税制度を守れ 業界がキャンペーン


修旅、海に潜る
第362号(91年新年号)
◎今年の目標は310万人
◎修旅、海に潜る
◎暴力団追放県民会議
◎土地ブーム沈静化
◎泡盛でリゾート開発
◎21世紀を開く国際観光


汚名返上キャンペーン
第363号(91年1月15日)
◎全員合格、サービス技能試験
◎コンベンションシティーの役割
◎行監が受入の改善求める
◎県が汚名返上キャンペーン
◎機内で旅客調査を実施

湾岸戦争のカゲ、沖縄にジワリ
第364号(91年2月1日)
◎湾岸戦争のカゲ、沖縄にジワリ
◎恩納村環境保全条例
◎観光CIを始めるときだ!
◎プセナリブート来春着工
◎県、旅客減で対策会議

ジェットフォイル快走
第365号(91年2月15日)
◎比屋根局長抱負を語る
◎新年度観光文化局予算
◎ジェットフォイル快走、那覇=本部45分
◎首里場来秋公開
◎スワルプランが宮古島研修

フリーゾーンにレストラン
第366号(91年3月1日)
◎公立高の修学旅行に航空機
◎25ヵ月ぶりに観光客減
◎観光客用プリペイドカード発売
◎JAL、上々沖縄キャンペーン
◎フリーゾーンにレストラン

湾岸戦争の後始末
第367号(91年3月15日)
◎湾岸戦争の後始末活発化
◎南西航空座談会、今年は離島族宣言
◎パレットくもじ開業、流通戦争激化
◎県庁総ぐるみで観光推進

GW石垣活況
第368号(91年4月1日)
◎高校生アルバイト原則禁止
◎南西、小松線免許を申請
◎「湾岸戦争終結後」の国際観光情勢
◎GW石垣活況
◎かりゆし、本社ビル落成

台湾客大幅増
第369号(91年4月15日)
◎台湾客大幅増、昨年の2倍
◎PATA、竹富島に1万ドル寄付
◎ANK石垣線増便
◎ビーチ条例消化不良!
◎お粗末なリゾート批判を批判する

活発なホテル建設
第370号(91年5月1日)
◎ストップ環境破壊、PATA総会決議
◎パヤオ利用で釣り観光
◎沖縄本島で活発なホテル建設、年内に1135室
◎OCB広報・宣伝に最重点

撤退も出るディスコ界
第371号(91年5月15日)
◎ディスコ界に異変、撤退も出る
◎「歓迎光臨」バス沖縄を走る
◎水不足解消にマンボウ計画
◎渡久地記者への反論(琉球新報・三木健)

客室7.4%増加
第372号(91年6月1日)
◎赤土問題を一挙解決
◎民放2局、同時に許可か
◎コメ、那覇に産地直送店
◎客室7.4%増加
◎三木氏の反論に答える(渡久地明)

当初予算は25億円
第373号(91年6月15日)
◎国頭村に3700億円の開発計画
◎小松線就航
◎観光局、当初予算は25億円
◎ラグナ、全日空ホテルズと契約
◎日旅と堤櫟、サザンカード

6月の沖縄、オフを返上
第374号(91年7月1日)
◎韓国からチャーター便
◎6月の沖縄、オフを返上
◎かりゆしオーシャンタワー落成
◎CAL、高雄・那覇開設か
◎台湾で沖縄の歓迎光臨バス話題

JR旅連沖縄支部
第375号(91年7月15日)
◎JR旅連沖縄支部が発足
◎エバー航空が沖縄乗入れ表明
◎伊江畠にリゾートホテル
◎名鉄が沖縄キャンペーン
◎ホテル稼働率6月は満杯状態

断水で沖縄敬遠
第376号(91年8月1日)
◎南西、日航名古屋線を引継か
◎断水で沖縄敬遠
◎修旅、空前のラッシュ
◎関心高まる外国人研修制度
◎那覇市観光功労者を表彰

伸び悩む沖縄観光後半
第377号(91年8月15日)
◎観光連盟、情報網構築など新体制作りへ
◎県観光功労者8氏を表彰
◎観光収入3000億円突破
◎伸び悩む沖縄観光後半の展望

ハブがいなくなった
第378号(91年9月合併)
◎何とかならぬか那覇空港、台風時の混乱・原因と対策
◎あったかランド沖縄、JTBがキャンペーン
◎開発に追われ?ハブがいなくなった

NHKが大河ドラマ
第379号(91年10月1日)
◎沖縄を舞台にNHKが大河ドラマ
◎台風時の混雑緩和に成功
◎琉球村が10周牢
◎海外格安ツアー続々
◎久米島空港拡張工事に着手

嵐山、パームヒルズ開業
第380号(91年10月15日)
◎JTB旅行クラブ沖縄大会開く
◎ゴルフ場予約難解消か、嵐山、パームヒルズ開業
◎脚光浴びる浦添西海岸開発
◎スワルプラン松山・岡山研修

沖縄のTV界
第381号(91年11月1日)
◎新会社で運営、ホテルロワジール
◎マリンポーツ連盟発足
◎東南植物楽園新施設が完成
◎第3の電波を確保せよ多局化迎えた沖縄のTV界

リゾート法、沖縄適用
第382号(91年11月15日)
◎世界初、黄金真珠がとれた
◎伊江大臣、30日に就任祝賀会
◎全日空の最新鋭A320那覇=大分線に就航
◎リゾート法、沖縄適用決定

水中観光船が就航
第383号(91年12月合併)
◎リゾート法、開発虎の巻できる
◎沖縄経由、東南アへKAL趙会長が表明
◎水中観光船が就航
◎国際旅行社「北陸の買い物ツアー」が人気


激白、宮里定三氏
第384号(92年新年号)
◎首里城工事進む
◎今年の目標は315万人
◎玉泉洞が進貢船
◎開業凍結スターヒル
◎沖縄リゾートの特性、ハワイとの比較
◎激白、宮里定三氏

県産品展示センター
第385号(92年1月15日)
◎今年の観光出足は好調
◎SWAL山形・名古屋=那覇を開設
◎ソウル=那覇本決まり
◎8日から花のカーニバル
◎県産品展示センター、4月開業

観光振興に補助金
第386号(92年2月1日)
◎国が観光振興に補助金
◎沖縄ツーリスト、東京に本部開設
◎個性豊か、伊豆味街道
◎数宇で見る戻税20年の歩み
◎スワルプラン久米島研修

ハウステンボスを見る
第387号(92年2月15日)
◎TV3・4局認可近し
◎NHKがホテルを狙い撃ち
◎15億8000万円、観光文化局予算
◎長崎ハウステンボスを見る
◎復婦20年の難題、沖縄航空

琉球王朝で売り込み
第388号(92年3月1日)
◎嘉手納基地周辺から水銀
◎沖縄公庫、土産品業界の調査結果
◎アシアナ航空、沖縄支店を開設
◎日旅、琉球王朝で沖縄売り込み

那覇は満室状態
第389号(92年3月15日)
◎ハイテク真珠、琉球真珠が開発
◎気温上昇ハブにご用心
◎那覇は満室状態
◎台湾・韓国の旅行事情
◎地上15階建て、泊再開発ビル

目前で開業できず
第390号(92年4月1日)
◎TV3・4局を急げ
◎ホテルグランメール目前で開業できず
◎大型化する受入れ施設
◎500万人時代へ動きだした沖縄旅行
◎バスがとれない

運営者不在のFTZ
第391号(92年4月15日)
◎運営者不在のフリーゾーン
◎今秋に開園メキシコサボテン公園
◎外国特派員に琉舞を抜露
◎好評の県産品展示センター
◎泡盛をタイで生産

アエロフロート来る
第392号(92年5月1日)
◎アエロフロートをチャーター、那覇に入る
◎名護動値物園が閉鎖
◎文化に関する県民意識
◎4人乗り水上バイク大人気
◎白バスに続き無免許ガイドも問題に

宮古=大阪にANK
第393号(92年5月15日)
◎復帰20年、観光振興など課題山積
◎波の上のビーチ開き
◎2局新設、TV間題決着
◎新連載・沖縄観光を支える人々
◎宮古=大阪にANK

閉鎖に揺れる名護動植物園
第394号(92年6月1日)
◎傷痍軍人大会に13000人15年ぶりの大型団体
◎閉鎖に揺れる名護動植物園
◎那覇空港事務所が20周年
◎赤風20周年沖縄大会

首里城見学会
第395号(92年6月15日)
◎那覇空港ターミナル、国際入札か
◎代理店対象に首里城見学会
◎昨年の旅客アンケート結果
◎スワルプラン名古屋研修
◎2日から日本観光学会

スタジオパーク
第396号(92年7月1日)
◎海の園、JAL・オークラ・ロイヤルと調整
◎ラグナガーデンが開業
◎開業目前のスタシオン
◎琉球の風スタジオパーク、10月開業
◎名護動植物公園が閉鎖

レンタカー需要が急増
第397号(92年7月15日)
◎レンタカー需要が急増
◎宇宙会議が二つも
◎首星城の入場料決まる
◎バブルの崩壊と沖縄の観光業界
◎首里城で観光地図に変化の風

琉球の風キャンペーン
第398号(92年8月1日)
◎貨物運賃値上げで論争続く
◎9氏に観光功労賃
◎10万人を目標に、近ツーが琉球の風キャンペーン
◎課題も期待もいっぱい復元首里城

琉球の館開業
第399号(92年8月15日)
◎日航・南西が堤携強化
◎連盟、情報ネット構築
◎旅行4社が共同キャンペーン
◎南西DHC移管問題の背景
◎琉球の館開業
◎フルーツランドの魅力

不況が直撃沖縄観光
第400号(92年9月合併)
◎来年は20%増、380万人
◎大幅赤字の旅行収支、韓国で問題化
◎リザンリゾート来年4月開業
◎本紙400号を達成
◎不況が直撃沖縄観光

スタジオパーク完成
第401号(92年10月1日)
◎首里城、県警が近く交通規制
◎琉球の風キャンペーン開始
◎首里城クーポン認可
◎スタジオパーク完成
◎DHC移管、円満解決
◎SWALが北陸研修

新ターミナル、年内着工
第402号(92年10月15日)
◎3つの企画が大ヒット
◎那覇市内ホテル9月落込む
◎ロワジール、12月一部オープン
◎シンガポールコンベンション事情
◎新ターミナル、年内着工、6年後完成

FTZホーメルが撤退
第403号(92年11月1日)
◎首里城の写真、無断使用×
◎運輸省コンベンションフォーラム開く
◎観光動向の調査方法
◎フリーゾーン、ホーメルが撤退
◎公旅連沖縄支部20周年

首里城写真問題
第404号(92年11月15日)
◎首里城写真問題が波紋
◎5年目を迎えたサントピア沖縄
◎官民一体の新組織を・与座局長に聞く
◎人気ナンバー1は玉泉洞
◎リゾート国際セミナー

読谷リゾート着工
第405号(92年12月合併)
◎読谷リゾート、ホテル着工
◎首里城クーポン、全旅協も許可
◎那覇空港新会社が発足
◎座談・入込は前半好調、後半は息切れ
◎花のカーニバル


目標330万人
第406号(93年1月1日)
◎今年の目標330万人
◎那覇でビジネスホテルブーム
◎JALシティー国展開
◎SWAL、新社名はJTA
◎航空業が沖縄にもたらすもの
◎OCBが新展開

年末年始は2桁減
第407号(93年1月15日)
◎連載「旅行社はいま」㈰日旅
◎年末年始は2桁減
◎昨年目標315万人を達成
◎第3次沖縄県観光振興基本計岡(概要)
◎花のカーニバル開幕

県物産公社が発足
第408号(93年2月1日)
◎県物産公社が発足
◎オーラ新垣会長に聞く
◎ANK宮古=那覇を申諦
◎コンベンション産業の振興
◎かりゆしアーバン着工
◎リゾートイメージ沖縄は2位

丹羽晟氏講演
第409号(93年2月15日)
◎「旅行社はいま」㈪JTB
◎SWAL鹿児=那覇を申講
◎JALついてるキャンペーン
◎花のカーニバル華やかに
◎コンベンション産業の振興・丹羽晟氏講演

合同沖縄宣伝
第410号(93年3月1日)
◎関西で航空、旅行社が合同沖縄宣伝
◎空港ターミナルを堤訴
◎日旅諸隈社長が業界展望
◎工芸産業の実態
◎琉石グループがビジネスホテル着工

観光予算16億円
第411号(93年3月15日)
◎テレホン情報開始
◎県観光予算16億円
◎都、リザンに出店
◎砂地バイク耐久レース
◎八重山特集
◎6月から海のカーニバル
◎「旅行社はいま」㈫東急観光

沖縄初の輸出超過
第412号(93年4月1日)
◎県内ホテルGWは満杯
◎新局長に瑞慶覧氏
◎レストランで割引回数券
◎火ブタ切ったホテル大競争
◎沖縄初の輸出超過
◎SWAL、22日に鹿児島乗入

成功した沖縄市
第413号(93年4月15日)
◎「旅行社はいま」㈬近畿日本ツーリスト
◎関西キャンペーン、那覇で歓迎会
◎宮古特集
◎新石垣問題を解剖
◎成功した沖縄市のスポーツコンベンション

ガントリークレーン
第414号(93年5月合併)
◎瑞慶覧・新局長インタビュー
◎SWAL石垣=東京線を申請
◎ANAは那覇=高松
◎6日から海のカーニバル
◎貿易協会、中城にガントリークレーン設置を提唱

近いハワイ
第415号(93年6月1日)
◎CAL、台北=ホノルル線を開設、沖縄から最も近いハワイ
◎観光振興に各地で総会
◎平成4年の来訪外客、出国日本人統計
◎TV3、4局認可の背景

5月は急落
第416号(93年6月15日)
◎5月は急落、西海岸ホテル2桁減
◎航空各社、厳しい決算
◎新登場J・TAP
◎琉球亭がオープン
◎ROK社長に島袋氏
◎空港拡張進む久米島特集

ストで会見
第417号(93年7月1日)
◎知事が送客要請へ
◎奥野社長ストで会見
◎JAL香港線にCクラス
◎SWALのストを斬る
◎公社大城副理事長に聞く
◎11月までの大型コンベンション

パシフィックホテル20周年
第418号(93年7月15日)
◎下期は苦戦、観光連盟が大手にアンケート
◎県議会で観光政策論議
◎国際通りを探検
◎ガントリークレーンに融資の申し出
◎パシフィックホテル20周年

知事が送客要請
第419号(93年8月1日)
◎大田知事、航空・旅行トップに送客要請
◎ホテル業界、大手厳しい決算
◎海水淡水化装置の必要性・知念弘
◎沖縄に民放2波割り当てる

琉球の風に感謝
第420号(93年8月15日)
◎観光功労者7氏を表彰
◎ゴルフ場つきホテル完成
◎中国沿岸急ピッチで港湾整備
◎クレオパトラがオープン
◎観光収入3400億円
◎琉球の風に感謝

外国機で離島結ぶ
第421号(93年9月1日)
◎外国機で離島結ぶ、石垣=那覇7000円
◎観光功労賞特集、西村吉彦氏・堤朗氏
◎沖縄観光・今年前半を語る
◎バスガイド、初の平和学習

ブセナ着工
第422号(93年9月15日)
◎国内線でも格安航空券
◎ブセナ着工、平成7年完成目指す
◎ロイヤル物産、戻税から撤退
◎ダバオで慰霊祭
◎外国人観光客の日本離れ進む

CALでいく楽園ハワイ
第423号(93年10月1日)
◎問題点多い水難防止条例
◎ホテル組合、地元需要開拓へ
◎マリンジャンボ就航
◎OCBが誘致支援大会開く
◎CALでいく楽園ハワイ
◎シーサー・カン開業

組織統合本決まり
第424号(93年10月15日)
◎連盟・公社、組織統合本決まり
◎水難防止条例可決
◎JTBが沖縄キャンペーン
◎サントピア特集
◎フルーツランドが観光ビール園
◎観光闘牛ヒットの予感

NWA、沖縄を撤退
第425号(93年11月1日)
◎松山市の物産展会場で旅行受付け、成功
◎NWA、沖縄を撤退
◎フルーツランド20周年特集
◎座談・観光を支える社交業
◎J・TAP岡山研修から

観光農園計画
第426号(93年11月15日)
◎JNTO香港で沖縄の駐在員受入
◎28万人の参加を目標にサントピア
◎糸満市が観光農園計画
◎海軍壕、展示を刷新
◎香港観光事情と戦略

国際通りにホテル
第427号(93年12月合併)
◎エアーオリオン会員を募集
◎サントピア、めんそーれフェスで開幕
◎国際通りにホテル
◎JTA、16億円の欠損
◎上期、沖縄線は前年上回る
◎アーネスが稼働


財団法人で運営
第428号(94年新年号)
◎新組織は財団法人で運営
◎黄金のニシキヘビが登場
◎宗教団体が沖縄で法要
◎座談会・新しい観光沖縄を語る
◎初の県産パソコンが登場

ビジネスホテルがブーム
第429号(94年1月15日)
◎確保せよ大型予算
◎公社・連盟統合、財団か、社団か
◎今年の目票は330万人
◎ビジネスホテルがブーム
◎ジャンボタクシー、沖縄本島に登場

銀座に店舗
第430号(94年2月1日)物産公社、銀座に店舗開設
◎JTA、大阪=石垣を検討
◎アジア・太平洋地域における観光リチャードL・ジェームス
◎昨年の観光客はは318万人

ホテルに大浴場
第431号(94年2月15日)さよなら観光連盟
◎ハワイは楽園だった
◎北部観光の時代がやってきた
◎これだけは聞きたい観光連盟の解散総会
◎2ホテルに大浴場

ビジターズビューロー
第432号(94年3月1日)
◎連盟と公社が統合、名称もビジターズビューロー
◎エアーオリオン、会員制で運営
◎子供・中学生料金も設定・スカイホリデー
◎沖縄軸に総需要喚起・JAL

議会で観光論戦
第433号(94年3月15日)
◎県議会で観光論戦
◎ジャパレンが30周年企画
◎OVB発足でキャンペーン
◎30周年迎えたJNTO
◎基地内で初のリゾートフェア
◎不況は変革の好機

ガソリン無料
第434号(94年4月1日)
◎理事・役員を選出OVB発足特集
◎沖縄はPR不足・最新韓国旅行事情
◎無事故返しでガソリン無料・ニッポンレンタカー
◎レジャー白書93から

レンタカー協会
第435号(94年4月15日)レンタカー協会法人化
◎南海王国を建設
◎小型機の世界一周レース
◎座談会・早かった沖縄のコンベンション構想
◎ヘリ遊覧開始
◎迎賓館10月再開

ノービザ制を検討
第436号(94年5月合併)OVB伊野波常務に聞く
◎県のノービザ制を検討
◎海のカーニバル特集
◎海洋療法の実現性
◎GW航空各社の実績
◎オキテワンテキスタイルを試作

洋酒宅配便を開始
第437号(94年6月1日)
◎洋酒宅配便を開始
◎GWの入込は12万人
◎昨年の修旅は11万人
◎関空でJALが1便増便
◎OVBに期待する
◎21世紀の観光行政の在り方

日航アリビラを見る
第438号(94年6月15日)
◎石垣に、鍾乳洞
◎空港ターミナル基本計画
◎日航アリビラを見る
◎観光文化局の重点施策
◎沖縄市、黒潮リーグ誘致ヘ
◎ビーチ付き町有地を払い下げ

前年割れの危機
第439号(94年7月1日)
◎沖縄観光前年割れの危機
◎戻税洋酒全国宅配を許可
◎JTA737‐400が到着
◎新造フェリーなみのうえ就航
◎海のカーニバル華やかに開幕

沖縄ホテルリューアル
第440号(94年7月15日)
◎県、強力な誘客を計画
◎ホテル7、8月は悪い
◎送客、各社の見通し
◎OVBに盛大に発足
◎沖縄ホテル見事なリューアル
◎10古酒が2でできる

観光危機、緊急部長会議
第441号(94年8月1日)
◎新割引制度国内線に導入
◎観光危機、緊急部長会議開催
◎円高ブーム、グアム、台湾緊急取材
◎コンベンション誘致キャンペーン
◎JTBナイトクーポン発行

観光収入が減少
第442号(94年8月15日)
◎新割引、事前購入が有力
◎9月県議会で補正予算
◎観光収入が減少
◎観光功労者、晴れの受賞
◎記者座談会・観光危機に揺れる業界

関西4社がキャンペーン
第443号(94年9月1日)
◎期待集める新3路線
◎関西4社がキャンペーン
◎夏休み、沖縄線微減
◎大阪、那覇で八重山観光感謝の夕
◎三重城が改築
◎首都圏消費者調査

観光危機で緊急予算
第444号(94年9月15日)
◎観光危機で緊急予算
◎8は稼働率伸びる
◎迎賓館10月1日オープン
◎ホテル組合設立20周年
◎JTA格納庫を着工
◎那覇イーストホテル10月開業

国内旅行の空洞化
第445号(94年10月1日)
◎誘客3カ年計画を策定
◎運輸省、沖縄観光にテコ入れ
◎OVB専務に銘苅氏
◎国内旅行の空洞化
◎JALで行く美しま福島
◎迎賓館がオープン

明るい見通し
第446号(94年10月15日)
◎入込に明るい見通し
◎JRが協力会を結成
◎海岸美化にビーチクリーナーが活躍
◎JTA下期販売に全力
◎OCB東京で誘致

必至のリストラ
第447号(94年11月1日)
◎JRがキャンペーン
◎JAS、沖縄線を2便化
◎宮古でJTAとANKが空中戦
◎20日からサントピア
◎県内企業、必至のリストラ
◎県がアクションプログラム策定へ

やんばる亜熱帯園
第448号(94年11月15日)
◎JTA、与論線の季節運航を表明
◎全日空、下期に3億円を投入
◎那覇にまたホテル
◎やんばる亜熱帯園がオープン
◎北谷町がアメリカ村構想

オキナワワンリーグ
第449号(94年12月合併)
◎オキナワワンリーグ開催へ
◎県の誘客14事業発表
◎与論の季節運航を撤回
◎那覇セントラルが一新
◎長寿社会で沖縄有望
◎印刷業界の電子化


事前割引へ布石
第450号(95年1月1日)
◎那覇市観光協会を大改造
◎多様化する修旅
◎事前割引へ布石
◎名護市観光協会が財団で出発
◎NZ滞在記連載開始
◎インターネットの活用

オーガストイン開業
第451号(95年1月15日)
◎目標は330万人
◎JAS大阪=那覇を開設へ
◎今年のコンベンション
◎シャトルバス構想
◎宿泊施設実態調査
◎オーガストイン開業
◎那覇ユースホステルが新築

シャトルバス4月運行へ
第452号(95年2月1日)
◎シャトルバス4月運行へ
◎保存版県内主要ホテルの稼働率、3年分一挙掲載
◎緑化と取り組む㈰那覇空港ターミナル
◎希望ヶ丘浄化槽が送電停止

コンビニで航空券
第453号(95年2月15日)
◎観光予算は36億円
◎緑化㈪海邦銀行
◎スポーツ推進協を設立
◎浄化槽運転再開
◎花満開ひめゆりパーク
◎コンビニで航空券
◎花のカーニバル

沖縄線30〜36%割引
第454号(95年3月1日)
◎沖縄線30〜36%割引
◎阪神大震災被災者を無料招待
◎沖縄観光とホテル「ハーバービュー」
◎緑化㈫オリオンビール
◎かりゆし、ケラマを売り出す
◎日航SRE導入

沖縄の夜をデザイン
第455号(95年3月15日)
◎長寿協議会を結成
◎海のカーニバル8日から
◎社交業組合、沖縄の夜をデザインするパネルディスカッション
◎バリリゾートの現状
◎沖縄観光とホテル「グランドキャッスル」

反響呼んだ被災者招待
第456号(95年4月1日)
◎JAL沖縄専用幾が就航
◎OVB理事長に仲程氏
◎15万人目標・海のカーニバル
◎沖縄観光とホテル「沖縄都ホテル」
◎反響呼んだ被災者招待
◎ANAが電話で航空券

生残りの戦略
第457号(95年4月15日)
◎アーバン20日開業
◎野球リードした日ハムの名護キャンプ
◎大型連載・沖縄観光生残りの戦略(渡久地明、公庫レポート「総合産業への変容が求められる500万人時代の沖縄観光」より)
◎浄化槽 また止まる
◎一斉にマリンイベント
◎日航久米が発足

ムーンビーチでダイエット
第458号(95年5月合併)
◎活発化する建設計画
◎JAS伊丹線開設
◎ラスベガス最新事惰
◎ムーンビーチでダイエットパスポート
◎チャーター小型幾でダイビング
◎GW予約昨年上回る

那覇市が平和ガイド
第459号(95年6月1日)
◎観光産業交流会議の設立へ
◎那覇市が平和ガイドを養成
◎13年ぶり旅行業法改正
◎10月に大琉球まつり王国
◎ホテル組合好決算

夏場も安心できない
第460号(95年6月15日)
◎琉球王国村を着工
◎重くなる旅行社の責任
◎各地の総会から
◎物産公社売上17億へ
◎夏場も安心できない、旅行業者が懸念の声

プラザハウス増築
第461号(95年7月1日)
◎宿泊業、危機に直面
◎まつり王国初の数直目標
◎OTSがグランプリ
◎プラザハウス増築
◎アンテナ普及が難題、QAB開局間近
◎修学旅行20%増

水上バイクを自由に運転
第462号(95年7月15日)
◎県、観光立県宣言へ
◎国際通りで1万人エイサー
◎ホテル組合青年部が研修
◎伊江島この頃
◎水上バイクを自由に運転
◎観光政策審議会答申

水上バイク凍結
第463号(95年8月1日)
◎台風保険を発売
◎10億円のサンゴ
◎JNTOがインターネット
◎観光功労賞に上地栄氏
◎街路樹孝・吉田朝啓
◎夏の海外絶好調
◎水上バイク凍結

広がる航空券の直売
第464号(95年8月15日)
◎JTB・近ツー旅連がまつり王国に2000万円
◎OVBがフリーペーパー
◎赤土条例でシンポ
◎広がる航空券の直売
◎観光要覧を発行
◎那覇市功労者

夏休みの入込み絶好調
第465号(95年9月1日)
◎夏休みの入込み絶好調
◎海洋療法を政府が支援
◎ANA新潟=那覇を申請
◎夏休みに39万人、予想外の大健闘
◎宮崎で思い出のハネムーン

琉宮城11月開業
第466号(95年9月15日)
◎大琉球・まつり王国へ向け準備完了
◎ホテルでユニークサービス
◎琉宮城11月27日開業
◎ANAグループが沖縄にシャトルバス
◎2ホテルが再出発

大田知事インタビュー
第467号(95年10月1日)
◎観光は沖縄の基幹産業・大田知事インタビュー
◎1日に観光立県宣言
◎識名園が一般公開
◎来年の修旅は絶好調
◎那覇の大綱ギネスが世界一認定

観光立県を宣言
第468号(95年10月15日)
◎大田知事が観光立県を宣言
◎10、l1月も好調予想
◎世界帆船フェス・受入準備進む
◎観光立県宣言を祝す
◎ホテル内にスロットマシン
◎宮古にチョウ園

泡盛業も大転換
第469号(95年11月1日)
◎地元密着ホテルの企画がヒット
◎エイサー見事に踊れたよ
◎大琉球祭り王国に69万人
◎NTTのマルチメディァ戦賂
◎ホテル経営概況
◎泡盛業も大転換

バス不足深刻
第470号(95年11月15日)
◎修旅ピーク時のバス不足深刻
◎ANA新潟線を開設
◎紅いもほり大人気
◎琉宮城がオープン
◎足のマッサージ登場
◎移動電話の時代
◎サントピア情報

先行投資に積極融資
第471号(95年12月合併)
◎県内活発化するインターネット
◎運返還軍用地、平和産業立地へ情報収集活発化
◎沖縄公庫・先行投資に積極融資
◎スポーツコンベンション推進会議


「沖縄観光ニュース」開設
第472号(96年1月1日)
◎ネット上に本紙が「沖縄観光ニュース」開設
◎4月1日に沖縄観光コンベンションビューロー発足
◎ブセナか起工式
◎運輸省が新旅行業法で説明会
◎東京・大阪でカレンダー騒動

ホームページ続々開設へ
第473号(96年1月15日)
◎ホームページ続々開設へ
◎今年の目標は340万人
◎久米島空港ビル着工
◎観光業界新春の集い
◎JTB今年の観光予測
◎日銀那覇・昨年の県経済回顧

ホテルに緊急融資
第474号(96年2月1日)
◎沖縄公庫ホテルに緊急融資
◎保存版県内主要ホテルの稼働率
◎旅行社、選別送客を強化
◎総合務局がスポーツコンベンション調査
◎うつくしま福島特集

各社、幅運賃申請
第475号(96年2月15日)
◎観光予算は43億円
◎航空各社、幅運賃申請
◎沖縄観光とホテル「西武オリオン」
◎本紙主催インターネット実践講習会が盛況
◎中城湾MTPがスタート
◎花のカーニバル

フランスのタラソ
第476号(96年3月1日)
◎新久米島空港めぐり路線争奪戦
◎10月9、10日にTAP90s
◎評判悪い幅運賃
◎写真特集・フランスのタラソを見る
◎節電器の導入企業増加
◎日旅那覇で大会

観光客350万人の勢い
第477号(96年3月15日)
◎今年の観光客350万人の勢い
◎OCB誘致担当者大いに語る
◎4月1日から海の力ーニバル
◎巨大カジキを追え、大会続々
◎那覇市が無償で平和学習ガイド

OCVB発足
第478号(96年4月1日)
◎(財)沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)が発足
◎琉宮城がグランドオーブン
◎海水淡水化施設に見学多数
◎糸満市に100億円かけ観光農園
◎8年間で16人、伊計島・くるくる代わる支配人

アトール
第479号(96年4月15日)
◎恩納村に巨大リゾート計画
◎快適な乗り心地B777
◎琉宮城グランドオーブン
◎サンマリーナ沖釣りツアー発売
◎アトールエメラルド宮古島開業
◎海のカーニバルが幕開け

着々進む那覇空港整備
第480号(96年5月合併)
◎着々進む那覇空港整備
◎パシフィックホテル内にインターネットプロバイダー
◎GWの沖縄線は好調
◎琉球王国村建設進む
◎ドーム球場など那覇軍港の跡利用計画

着工に待った
第481号(96年6月1日)
◎OCVB財務改善に着手
◎6月12日にハワイと観光協定
◎那覇空港ターミナル着工に待った
◎タイムス・新報が相次いでホームページ開設
◎サン沖縄が7億かけ大改装

移入航空券
第482号(96年6月15日)
◎えっ「移入航空券」、往復割引廃止で誕生
◎JR九州川尻支店長インタビュー
◎R&Rが有望、NTT沖縄嘉陽支店長
◎バスレーン廃止を要請
◎宮古観光協会が旅行社招く

嘉手納飛行場をみたい
第483号(96年7月1日)
◎嘉手納飛行場を一度みたい
◎旅館業法を改正
◎運輸省ウエルカムプラン21
◎空港にレンタカー駐車場を
◎わしたのマーケティング
◎ホテル組合青年部中北部支部結成

琉球王国村がオープン
第484号(96年7月15日)
◎航空会社供給をコントロール
◎観光週間テーマは美しい観光地
◎10月12日からハサイリーグ
◎琉球王国村がオープン
◎パイナップルハウス那覇にオープン
◎HISが沖縄パック
◎大型連載「沖縄県におけるタラソテラピー事業可能性の検討」(高良和夫、公庫レポートより)

首里向け3車線に
第485号(96年8月1日)
◎JAS沖縄線強化計画
◎夏休み昨年上回る
◎航空各社、便毎の割引も検討
◎バスレーン問題、首里向け3車線に
◎観光沖縄への要請
◎B&G財団が建て替え

タラソテラピー
第486号(96年8月15日)
◎沖縄振興策に業界も注目
◎JTA殿様スト
◎ハブとなる条件シンポが盛況
◎観光収入は3500億円、観光要覧発行、県内ホテル稼働率他
◎まつり王国に大口寄付
◎大型連載「沖縄での展開が有望なタラソテラピーについて」(渡久地明、公庫レポートより)

全県フリーゾーン
第487号(96年9月1日)
◎全県フリーゾーンなど県が振興策で正式に要請
◎新連載・情報ハブヘの道
◎沖縄で東アジア福祉サミット
◎ホテル旅館の苦情処理マニュアル
◎10月12日からハイサイリーグ

コンチ、沖縄から撤退
第488号(96年9月15日)
◎交換移住しませんか
◎福岡=那覇にANK
◎観光協会事務局長会議開く
◎地域活性化に立ち上がった商工会
◎コンチ、沖縄から撤退
◎台湾観光事情

マルチメディア特区
第489号(96年10月1日)
◎台風の夜、沖縄の心もフル回転
◎郵政省がマルチメディア特区
◎9日から観光立県会議
◎ホテルサン沖縄がリニューアル
◎グランドキャッスルに大駐車場
◎コンチの継続を要請

平和の礎に涙
第490号(96年10月15日)
◎観光立県会議・受入の充実を提言
◎日旅・琉装美女が歓迎
◎JTA那覇=久米島ジェット化決定
◎観光立県会議報告全文
◎瀬島氏ら平和の礎に涙

国民党の沖縄投資計画
第491号(96年11月1日)
◎台湾国民党の沖縄投資計画「買ってくれ」希望者続出
◎航空自由化を阻む8大要因・宮良正啓
◎那覇空港駐車場が連日満車
◎OTSが支店網LAN構築

スタークルーズが沖縄航路
第492号(96年11月15日)
◎4社共同運行でシャトルバス計画
◎来年は航空路線開設ラッシュ
◎ホテルの決算概況
◎スタークルーズが沖縄=台湾結ぶ
◎アロエベラを初めて調理
◎宮良氏に取材殺到

サンコーストが増築
第493号(96年12月合併)
◎記念公園年中無休へ
◎NTTが沖縄に研究部門設置
◎泡盛を全国で発売
◎HISかねひでが旋風
◎サンコーストが増築
◎黒糖の輸入が激増
◎国頭に大規模施設


アクアパークを設立
第494号(97年1月1日)
◎那覇のフリーゾーンに中華街を建設
◎アクアパークを設立
◎NTTフォーラム21世紀の企業経営戦略
◎航空業界新会社設立で大揺れ
◎観光関連施設60の計画進む

年末年始好調
第495号(97年1月15日)
◎OCVB経営刷新に着手
◎スタークルーズ3月から台湾、香港結ぶ
◎ふるさと観光人物記連載開始
◎今年の目標360万人
◎年末年始好調
◎JTB今年の見通し

タラソに融資制度
第496号(97年2月1日)
◎県カジノ推進協設立へ
◎保存版県内主要ホテルの稼働率
◎公庫タラソに融資制度
◎沖縄発着格安自由旅行マニュアル・入江信一
◎那覇空港ビル着工

カジノも完備
第497号(97年2月15日)
◎国際クルーズ時代幕開け
◎観光予算10%増
◎6月から大規模誘致キャンペーン
◎雪を満喫、うつくしま福島
◎船内にカジノも完備
◎花のカーニバル開幕

期間延長して首里城祭
第498号(97年3月1日)
◎高すぎる那覇港の使用料
◎1日からJAS出雲線
◎カプリコーン写真特集
◎労働保険ソフトを開発
◎日旅、今年も沖縄キャンペーン
◎期間延長して首里城祭

お墓ビジネス45億円
第499号(97年3月15日)
◎WWW使い旅行販売
◎ブセナテラス、新コンセプトで多様化に対応
◎玉泉洞が資本を強化
◎RACが新型器を導入
◎街の話題・お墓ビジネス45億円の争奪戦

世界の帆船が集結
第500号(97年4月1日)
◎OCVB、360万人へ5大事業を展開
◎本紙500号・先進の紙面制作工程
◎世界の帆船が那覇に集結
◎県内レンタカー業の現状
◎観光施設はまだ不十分

工芸産業80億円
第501号(97年4月15日)
◎JTA、香港=沖縄運航へ
◎帆船フェス盛況
◎DHC‐8が就航
◎NTTのOCN開始
◎県・OCVB職員配置図
◎JASで飛ぶ出雲
◎工芸産業の生産額は80億円

早くも目標突破の声
第502号(97年5月合併)
◎観光客早くも目標突破の声
◎7月から沖縄線大幅に拡大
◎カヌチャリゾート6月29日オープン
◎航空各社沖縄振興策で値下げ
◎マンスリーオキナワPDFで沖縄情報発信

カヌチャベイがオープン
第503号(97年6月1日)
◎上海から初の観光団
◎TAPフォローアップキャンペーン展開
◎沖縄に大きな可能性アスキー西社長が講演
◎豪華にカヌチャベイがオープン
◎伊江島にエアードルフィンの格納庫

とれない便が続出
第504号(97年6月15日)
◎全県フリーゾーンに反対する勢力
◎ジェットフォイル到着
◎10、l1月団体とれない便が続出
◎OTSの社屋落成
◎エコツアーの西表と石垣、宮古
◎高齢者誘致動き出す

スポーツコンベンション増加
第505号(97年7月1日)
◎全域フリーゾーンで観光業界の意見を調査
◎喜屋武商店がゆうパックキャンペーン
◎観光議員連盟旗揚げ
◎スポーツコンベンション大幅に増加
◎ANA赤外線で機体検査

ブセナがオープン
第506号(97年7月15日)
◎JAL沖縄線絶好調
◎東京=久米鳥線満席
◎観光議員連盟が発足
◎ブセナリゾートがオープン
◎人数で15%増、昨年の修学旅行
◎玉泉洞のシアターレストラン好評

カプリコーン試乗記
第507号(97年8月1日)
◎本紙社長らに観光功労賞
◎JAS11月から3路線新設
◎県内宿泊施設の稼働率
◎ジェット就航で自信ついた久米島
◎カプリコーン試乗記
◎OCVB美ら島発行

観光収入3743億円
第508号(97年8月15日)
◎台湾国営企業、アクアポリスに4000万ドル投資表明
◎生ゴミ処理施設建設へ
◎ANA札幌=沖縄申請
◎観光週間に多彩な催し
◎昨年の観光収入3743億円

全域フリーゾーン素案承認
第509号(97年9月1日)
◎県、全域フリーゾーン素案承認
◎航空各社夏休みは好調
◎ハイサイリーグ10月開催
◎大琉球まつり王国内容と日程
◎スポーツコンベンションに活路、沖縄市観光協会

ホテルオリオンが閉館
第510号(97年9月15日)
◎OCVB全県町FTZ実現を要望
◎沖縄牛の品質は最高級
◎返還後の香港を見る
◎東京夜間便利用のパックがヒット
◎那覇にスーパホテル開業
◎ホテルオリオンが閉館

下期も好調
第511号(97年10月1日)
◎バス不足解消に向かう
◎下期も好調
◎378万人を突破、海邦銀が予測
◎ホテル浜比嘉開業
◎首里城バス廃止
◎日旅が超豪華国内ツアー
◎名護市観光協会

首里城公園絶好調
第512号(97年10月15日)
◎バス増車前倒し認可
◎11月から一挙に4路線
◎首里城公園絶好調
◎日航那覇にチャペル
◎津堅島専門サービス会社設立
◎基地内でレクフエア
◎コンベンシヨン調査

琉球村に劇場完成
第513号(97年11月1日)
◎県、サミット開催要請へ
◎EM使い北朝鮮の食糧危機回避
◎琉球村に劇場完成
◎生活輸送で署名運動
◎伊良部高校を同際高校に
◎9月の観光客2割増

420万人の声
第514号(97年11月15日)
◎来年の沖縄観光420万人の声
◎福島県が観光セミナー
◎EMフェスタ開催
◎サントピア開催
◎サミット誘致で説明会
◎石垣市が観光宣言
◎国際観光白書のボイント

ノービザ、免税店で検討
第515号(97年12月合併)
◎ノービザ、免税店で検討開始
◎沖縄振興21世紀プラン策定へ
◎海水プール、タラソを実現・石垣全日空ホテル
◎沖縄県の新たな産業振興策
◎エアー沖縄が新春NZツアー


目標は410万人
第516号(98年1月1日号)
◎今年の目標は410万人
◎記者座談会・強化しよう情報発信力
◎500号記念連載小説「空手ホテル」
◎税制大綱で沖縄振興税制
◎カビラヴィレッジ着工

那覇と西海岸を結ぶ
第517号(98年1月15日号)
◎ホテルの送迎バス、活用解禁
◎4月からグアム線を復活
◎石垣にレストランシアター
◎那覇と西海岸にリムジンバス
◎スポーツキャンプ続々沖縄入り


黒糖製品が最も売れる
第518号(98年2月1日号)
◎久米島=石垣に直行便
◎JTB今年の観光動向
◎97年の観光客は387万人
◎OCVB調査、黒糖製品が最も売れる
◎ハーレクイン、満席でシドニーへ


テナント60社が内定
第519号(98年2月15日号)
◎新空港ビル、テナント60社が内定
◎運輸省が沖縄観光実態調査
◎アジア通貨危機・韓国は自粛、台湾は影響なしJNTOが報告
◎花のカーニバルで松山から生け花交流

FM放送で園内ガイド
第520号(98年3月1日号)
◎OCVB圏域別マーケティングに本腰
◎首里城FMで園内ガイド
◎保存版県内主要ホテルの稼働率
◎JTA鹿児島線を増便
◎JAL4月から沖縄キャンペーン

国際通りに温泉が出た
第521号(98年3月15日号)
◎那覇セントラル、温泉が出た
◎ANA沖縄キャンペーン
◎伊江島で4月に2大イベント
◎JAAがチャーター52本設定
◎J・TAPに鹿児島特選旅行が登場

旅行社の倒産にピリピリ
第522号(98年4月1日号)
◎トヨタレンタリースが値下げ
◎航空運賃来年度から自由化
◎沖縄・台湾観光セミナー成功
◎マリンピアザ7月オープン
◎県内観光業、旅行社の倒産にピリピリ

トロピカルウェアを販促
第523号(98年4月15日号)
◎運賃自由化に向け競争始まる
◎トロピカルウェアを販促
◎台湾からジャンボで来県
◎OCVBの予算と事業
◎久場局長に聞く
◎郵便局が花をプレゼント

豪華サロンカーをレンタル
第524号(98年5月合併号)
◎豪華船で2000年の初日の出
◎旅行業の大変革で論議活発化
◎琉宮城にハーブ園
◎ビオスの丘開業
◎サロンカーをレンタル
◎カヤマ島に超軽喫水船

サミット開催を要請
第525号(98年6月1日号)
◎サミット開催を要請
◎沖縄が国内1番人気、JATA調査
◎沖縄は有望な投資先
◎玉泉洞が台湾で観光展
◎航空3社伊丹=那覇を増便
◎座間味に新造船

自然を見つけよう
第526号(98年6月15日号)
◎キャッシュカードで買い物
◎来年から貸切バス自由化
◎2000年サミットを誘致しよう
◎初の4胴船登場
◎崎原永広・FTZ緊急提言
◎海中展望塔販売強化

免税店の設置主体
第527号(98年7月1日号)
◎香港の旅行社36人来沖
◎石垣市の観光動向調査
◎旅行市場成熟する台湾
◎免税店にOCVB名乗り
◎97年の修旅実績
◎97年の宿泊施設稼働率実績

クワガタが大ヒット
第528号(98年7月15日号)
◎夏休みの沖縄好調
◎座間味に初のホテル
◎NHK沖縄を次々放送
◎宮崎サミットの効果700億円
◎やんばる園のクワガタがヒット
◎8月1日に県民の集い

台湾企業と覚え書き
第529号(98年8月1日号)
◎アクアパーク台湾企業と覚え書き
◎旅行業組合に活路開拓資金
◎今年の観光記者座談会
◎OTS宮里社長らが観光功労者表彰
◎石垣全日空ホテル開業

情報提供機能を強化
第530号(98年8月15日号)
◎OCVB情報発信機能を強化
◎台湾OTF賑わう
◎台湾目的地からマーケットへ
◎東京に観光タクシー
◎「心ときめく観光」へのサービス
◎新セールスポイント

沖縄乗入れに意欲
第531号(98年9月1日号)
◎中国西北航空、沖縄乗り入れに意欲
◎昨年の観光収入4,172億円
◎石垣のリゾートが充実
◎国内運賃団体も規制緩和
◎ジャパレン沖縄が自動車販売

420万人の勢い
第532号(98年9月15日号)
◎観光客420万人の勢い
◎8月の稼働率空前の実績
◎ホテル基金に800万円
◎台湾の最高級リゾートを見る
◎東京片道11500円
◎航空会社と旅行社大揺れ

1000万人政策
第533号(98年10月1日号)
◎新知事に望む1000万人政策提言
◎8月の観光客空前の49万人
◎サミット、政府が現地調査
◎大琉球まつり間近
◎ハイサイリーグ開催
◎台北でアンケート

サンゴの白化
第534号(98年10月15日号)
◎アクエリアスが毎週本部に寄港
◎サンゴの白化でグラスボート打撃
◎やんばる亜熱帯園が人気
◎沖縄ツーリストが40周年
◎海中展望塔にライブカメラ

幅広い出資募り、運航へ
第535号(98年11月1日号)
◎先島乱売合戦撃ち方やめ
◎ジャパレン、これがVIP用レンタカー
◎サザンクロス知念社長が意欲
◎沖縄郵政が特産品カタログ
◎グアムまつりでエイサー

温泉オープン
第536号(98年11月15日号)
◎4万トンのアクエリアス入港
◎りっかりっか湯開業
◎新空港ビル入居で裁判検討
◎伊平屋島永住ツアーが人気
◎10月のホテル不振
◎サントピア開催

危機管理は大丈夫か
第537号(98年12月合併号)
◎観光不況、危機管理は万全か
◎10月の観光客23カ月ぶりに減少
◎来年6月からオープンスカイ
◎赤土流出防止剤開発
◎保証協会がお金貸します


目標440万人
第538号(99年1月1日)
◎沖縄の玄関、空港ビル5月オープン
◎今年の目標440万人
◎県観光産業事業協同組合設立
◎コンベンションセンターで多彩なコンサート
◎平成9年のホテル業績

サミット誘致に努力
第539号(99年1月15日)
◎どうなる特定免税店、復帰前にDFSあった
◎傷ついたイルカを救肋
◎ガイド派遣会社が発足
◎県、サミット誘致に努力
◎JTB99年の旅行動向見通し

一声運動
第540号(99年2月1日)
◎昨年の観光答412万人
◎大城栄禄局長が就任
◎海邦銀行が一声運動
◎アポロ機能強化で説明会
◎RACの奄美線就航
◎台湾とホテルマン交流

域振興券で旅行商品
第541号(99年2月15日)
◎県、サミット誘致推進班を設置
◎JASが関西線新設
◎トラベル翼地域振興券で旅行商品
◎写真特集・新空港ビルを見る
◎デビットカードいよいよ登場

自貿制度の問題点と提言
第542号(99年3月1日)
◎うえちグループ、ナゴパラダイス継承
◎昨年のホテル稼働率データ
◎ミネラルたっぷり新しい塩に成功
◎沖縄特別自貿制度の問題点と提言・崎原永広

惜別・宮里定三さん
第543号(99年3月15日)
◎那覇ビーチ4月オープン
◎資料新空港ビル平面図
◎石垣に見せる窯元
◎惜別・宮里定三さん
◎環境庁長官サンゴを視察

空港ビル見学会
第544号(99年4月1日)
◎新空港テナント一覧
◎本紙が空港ビル見学会
◎那覇市の観光統計
◎台湾観光セミナー
◎新連載・大嶺正行「がんばれ県内経営者」、上原守「マネーマーゲット活用術」

今月中に決定
第545号(99年4月15日)
◎サミット開催地、今月中に決定
◎2001年にスーパースターレオ投入
◎機内食廃止でケータリングも新体制へ
◎クマノミ公園、ブセナでチャレンジ
◎那覇空港に平行滑走路

サミット開催の真相
第546号(99年5月合併)
◎米論文で読み解くサミット開催の真相
◎2000年正月は空前の入込
◎GWの搭乗実績各社好調
◎空港ビル見学会に旅行社74杜参加
◎ダイビングの現状

440万人達成確実
第547号(99年6月1日)
◎観光客客440万人達成確実
◎那覇空港ビル開業
◎沖縄県調理師会設立
◎免税品会社設立
◎堤氏の藍綬褒章祝賀会
◎石垣地中海クラブ9月1日オープン

アクアポリス最終局面
第548号(99年6月15日)
◎エアーオリオンに航空局が指導
◎サミット事務局設置
◎ハーバービューをANAが買収
◎アクアポリス投棄含め最終局面
◎ハイビスカスで首脳迎えたい

宿泊施設建設の動き
第549号(99年7月1日)
◎宿泊施設建設の動き活発化
◎連載「風カ発電」開始
◎1割伸びても稼働率上がらず
◎水中バイク登場
◎レンタカー協会総会
◎コンベンションセンタ会議棟増設

アクア投資中止
第550号(99年7月15日)
◎那覇=上海=西安をプログラムチャーター
◎アクア投資中止、新規航路の認可得られず
◎JTB夏休みの旅行動向
◎ハイビスカスワインがヒット
◎ロワジールに蝶々園

プリウス5台
第551号(99年8月1日)
◎フジレンタカーがプリウス5台
◎夏休みの航空予約好調
◎功労賃に上江川氏ら
◎八重山自然村リニューアル
◎21世紀プラン観光部門
◎サミット料理披露

免税店内定
第552号(99年8月15日)
◎トクメン沖縄が免税店内定
◎サミットに23年古酒を
◎10年版観光要覧発行
◎風力協会が沖縄視察
◎琉宮城が蝶の図鑑
◎ビール一日大学体験記
◎ロシア宇宙展

クラブメッドカビラ開業
第553号(99年9月1日)
◎緊急雇用交付金、観光地の美化作業も対象
◎1日からビザ発給緩和
◎クラブメッドカビラ開業
◎久米島、深層水研究棟着工
◎沖縄への関心高まる台湾観光業界

ハワイが苦戦
第554号(99年9月15日)
◎貸切バスの需給調整廃止
◎ホテルでデイサービス
◎台湾市場の開拓を考える辺野喜英昭
◎中琉文化協会蔡代表インタビュー
◎ハワイ観光が苦戦

台風時の混乱大幅解消
第555号(99年10月1日)
◎南大束が観光振興に取り組む
◎サミット宿舎西海岸10ホテルに内定
◎デイサービス正式に認める
◎大判カラー出力、品質向上
◎台風時の混乱大幅解消

日航深夜便、条件整い初めて運航
第556号(99年10月15日)
◎日航深夜便、条件整い初めて運航
◎使える労働関連公的資金
◎カヌチャにパークゴルフ
◎バケツでウラン臨界
◎新連載・島田勝也「リゾートと情報流通」

東良恒氏逝く
第557号(99年11月1日)
◎東良恒氏逝く
◎台湾官民一体で復興キャンペーン
◎復興航空、台北=石垣でチャーター便
◎PDFが進化、印刷経費削減に威力
◎JTB秋のハネムーン動向

甘い体質OCVB
第558号(99年11月15日)
◎甘い体質OCVB
◎2010年には那覇空港満杯
◎旅行商品に仲田幸子
◎マリンジェット経営診断
◎最近の那覇市内中堅ホテル
◎世界一のアソスリューム園

加油台湾
第559号(99年12月合併)
◎国際競争一段と加速
◎那覇市の観光統計
◎OCVB理事長に饒波正之氏
◎ハワイ移住100周年で各社企画
◎加油台湾キャンペーン
◎10月の観光客25%増


アーミテージ・インタビュー
第560号(00年1月1日)
◎独占インタビュー・アーミテージ「沖縄基地に長居はしない」
◎今年の目標485万人
◎那覇空港に特定免税店
◎JTB年末年始の旅行動向
◎観光振興8地域を指定

航空自由化
第561号(00年1月15日)
◎航空自由化来月から火花
◎米大学、稲嶺知事の講演を要請
◎航空各社の年末年始不振
◎JTB2000年の旅行見通し
◎公庫平成10年のホテル経営概況

リゾートタウン構想
第562号(00年2月1日)
◎県観光局、リゾートタウン構想発表
◎確立した基地閉鎖ノウハウ
◎3月末まで花のカーニバル
◎ANA全国1万円に衝撃
◎旧国内線ビル国際線へ転用検討

戻税と特免の統合案
第563号(00年2月15日)
◎戻税と特免の統合案浮上
◎米、閉鎖前に基地の浄化着手
◎300万画素超のデジカメ続々登場
◎12年ぶりにジュリ馬復活
◎石垣の観光客が60万人突破

本部町に250室のリゾート
第564号(00年3月1日)
◎特別インタビュー・トップクォークを発見したイェー博士
◎本部町に250室のリゾート
◎水中観光船トムソーヤ登場
◎米国防総省環境保護にも支出
◎福島の旅
国内航空のチャーター
第565号(00年3月15日)
◎国内航空のチャーター解禁
◎米労働組合が基地従業員再訓練プログラム
◎特別資料平成11年のホテル稼働率
◎中国が写真CD無料配布
◎奄美ツアー

次期観光計画策定へ
第566号(00年4月1日)
◎次期観光計画策定へ
◎基地跡利用の成功例を示せ
◎食品検査、民間に開放
◎OCVB予算23億円
◎とまりん家賃問題に反論
◎大城局長がお別れ会見

宮古にホテルセイルイン
第567号(00年4月15日)
◎サミット100日前イベント
◎宮古にホテルセイルイン
◎全日空沖縄キャンペーン、携帯電話にeメール
◎南大東、観光に取り組む
◎レキオス航空に応援団

万国津梁館落成
第568号(00年5月合併)
◎万国津梁館落成
◎GWの沖縄不振
◎ニッポンレンタカー万座営業所開く
◎沖縄の家庭料理発売
◎サミット不況の予感
◎ハブクラゲ対策
◎北朝鮮レポート

NHKが朝ドラ
第569号(00年6月1日)
◎サミット期間中の交通規制、観光に大きな影響
◎風力発電機の輸入が急増
◎沖縄舞台にNHKが朝ドラ
◎航空各社の決算
◎OCVBのマーケット調査から
那覇乗り入れ決定
第570号(00年6月15日)
◎中国線、那覇乗り入れ決定
◎琉球村の小判が好評
◎10月7日からまつり王国
◎Cセンターに新会議棟
◎自衛隊基地研修
◎公営宿泊施設の増改築禁止

サミット前の落ち込み
第571号(00年7月1日)
◎サミット前の落ち込み深刻
◎観光客と7人の警官
◎サミット参加国と沖縄の貿易
◎回復する香港
◎元気いっぱい八重山観光
◎創業支援が鍵・公庫レポート

485万人難しい
第572号(00年7月15日)
◎サミット交通規制に苦情殺到
◎空港にインターネットブース
◎8月のコンベンションセンター予定
◎沖銀調査室が485万人難しい
◎9月から中国観光団体解禁

サミット写真特集
第573号(00年8月1日)
◎沖縄サミット無事終了
◎サミット写真特集
◎OCVBが旅客向け台風対策ガイド
◎クリントン大統領の生家が再現
◎糸数局長、国際会議核にサミット後乗り切る

上海便が就航
第574号(00年8月15日)
◎上海便が就航
◎2万円台の東京ホテルパック
◎観光功労者を表彰
◎沖縄観光整備課題・公庫レポート
◎サンエー株公開で活気
◎宜野座リゾートお披露目
マハイナがオープン
第575号(00年9月1日)
◎那覇空港国際線ビル、立て直せの大合唱
◎夏休みの沖縄不振
◎糸満市で平和の光
◎マハイナが開業
◎中国人訪日の制限除け
◎那覇市の観光統計

那覇東急ホテル閉鎖
第576号(00年9月15日)
◎那覇東急ホテル閉鎖
◎台湾の半導体工業
◎玉泉洞にビール工場
◎ウェルカムレイサービス提供
◎昨年の観光収入4677億円
◎オーストラリアのHOT NEWS

恩納村にお菓子御殿
第577号(00年10月1日)
◎恩納村にお菓子御殿建設
◎OCVBがウェルネスシンポ
◎運輸省eメールで契約書面交付検討
◎沖縄観光関連WEBリスト
◎乱立気味の宿泊予約サイト

残波岬ロイヤルが風力発電
第578号(00年10月15日)
◎サラバンダ売却へ
◎残波岬ロイヤルが風力発電
◎NHK朝の連ドラで沖縄が舞台
◎マハイナのウェルネス戦略
◎OAS航空が新体制
◎上海旅博写真特集

DFSが沖縄進出表明
第579号(00年11月1日)
◎DFSが沖縄進出表明
◎経営者協会が観光税導入知事に要請
◎航空各社元日に大幅割引
◎カヌチャが103室着工
◎シティコート、宮古テレビが買い取る

アクアポリス解体
第580号(00年11月15日)
◎観光基盤整備の制度求める
◎デジタル修旅沖縄で実験
◎かつお節の輸入急増
◎JTA旅客4500万人
◎基地内フレンドシップツアー
◎アクアポリス解体

琉球王朝の遺跡が世界遺産に
第581号(00年12月合併)
◎琉球王朝の遺跡が世界遺産に
◎旅行各社年末年始の座席やーい
◎来年はこうなる記者座談会
◎パシフィックホテルが改装
◎ADSLコスモスが開始


観光客目標500万人
第582号(01年1月1日)
◎2001年観光客目標500万人、観光局が設定
◎年末年始沖縄線は4〜5%の伸び
◎PCクラスターとLINUXが21世紀のカギ
◎実験進む公共のジャーナリズム

年末年始沖縄伸びる
第583号(01年1月15日)
◎500万人目指して一致協力、新年の集い
◎ITが及ぼすホテルとは
◎年末年始沖縄伸びる
◎県とOCVB、東京で新春の集い
◎県観光局の2001年見通し

全国一律5000円運賃
第584号(01年2月1日)
◎近ツーと日旅が統合
◎JALグループが全国一律5000円運賃
◎ANAは新サービスモデル
◎過去最高、JTB今年の旅行見通し
◎OTSミニミニツアーがヒット

低価格ホテルブーム
第585号(01年2月15日)
◎3月中国から旅行社40人招待
◎プロ野球キャンプも花盛り
◎世界遺産のCDを配布、OCVB
◎全旅協県支部新年会
◎各地で低価格ホテルブームの様相

ちゅらさんの商標
第586号(01年3月1日)
◎どうなっている「ちゅらさん」の商標
◎有力旅行社、熟年旅行開拓
◎雪が魅力の福島観光
◎インタビュー特集・堤朗、坂巻嘉孝、東良和、南一二三

ラグナISO9001取得
第587号(01年3月15日)
◎個性光るユースホステル
◎ラグナISO9001取得
◎魅力は青い海・中国の旅行社
◎海のカーニバル全イベント
◎インタビュー特集・當山智士、仲村富吉

サンゴ地ビール
第588号(01年4月1日)
◎激変続く県内宿泊業界
◎JTA福岡と福島線開設
◎JTB春のハネムーン動向
◎サンゴ地ビール販売開始
◎波の上で海開き
◎OCVB台風情報を携帯で提供

国内振興でリアルジャパン
第589号(01年4月15日)
◎国内振興でリアルジャパン展開
◎公取室が警告、原産国の表示を
◎JTB、GWの旅行動向
◎宮崎市、宿泊業界にテコ入れ
◎4月施行の観光関連新法

ITフォーラム
第590号(01年5月合併)
◎ITフォーラムで多彩なアイデア、先進事例
◎SMAP起用パラダイス沖縄
◎本紙、那覇空港で観光出口調査開始
◎サンリーフが閉鎖
◎昨年のホテル稼働率

ラグナ99室増室
第591号(01年6月1日)
◎ラグナ99室増室
◎ラモスさん、かりゆしのTDに就任
◎ちゅらさん激励でNHK表敬
◎航空会社と旅行社、販売巡りぎくしゃく
◎那覇市にビジネス、ロコイン沖縄

道の駅許田、好評
第592号(01年6月15日)
◎新連載・観光業界のためのITセミナー
◎道の駅許田、好評
◎生きている砂、コマカ島で発見
◎糸満市観光協会近く発足
◎リゾートタウン整備事業とその効果

物産公社総会で宮城専務退任
第593号(01年7月1日)
◎御菓子御殿オープン
◎8次空整向け大詰めの取組
◎物産公社総会で宮城専務が退任
◎大琉球・まつり王国日程
◎サントピア日程
◎評判を悪くする10ヶ条

国民の保養地へ
第594号(01年7月15日)
◎国民の保養地へ、新振計県案決定
◎JAL下期に期間拡大してバーゲン運賃
◎観光週間で多彩な行事
◎JTB夏休みの予約動向
◎旅に老化予防の可能性

大学院大学構想
第595号(01年8月1日)
◎DFSの宜野湾進出決まる
◎万国津梁館を増築
◎大学院大学構想
◎パームタワーズ落成
◎南部全域視野に糸満市観光協会発足
◎昨年のホテル稼働率

政府関連国際会議
第596号(01年8月15日)
◎沖縄航空で100億円余の補償求める
◎平成16年度までの政府関連国際会議
◎観光週間特集
◎旅客2割増だが稼働率伸びず
◎おきなわ新世紀・宮城弘岩

東北から大型チャーター
第597号(01年9月1日)
◎沖縄コンベンションセンターの駐車場など拡張へ
◎東北から大型チャーター便
◎花のカーニバルスケジュール
◎低価格宿泊施設に人気
◎JALパック説明会

米国同時テロの影響
第598号(01年9月15日)
◎米国同時テロの影響、キャンセル出る
◎観光で新制度、下地代議士が見通し
◎第4次観光振興基本計画策定へ
◎ロコイン沖縄開業
◎人材育成の現場から

ヤンバルで投資ラッシュ
第599号(01年10月1日)
◎DFS進出に反対の声
◎米同時テロで県が「通常通り」強調
◎米同時テロ世界の観光団体の声明
◎マリーンフォレスト工事進む
◎ヤンバルで投資ラッシュ

沖縄公庫が支援窓口
第600号(01年10月15日)
◎安全・快適|観光宣言
◎9月のホテル稼働率は微増
◎10月1〜10日の航空旅客10%減
◎風評被害、旅行業界が文科省に抗議
◎沖縄公庫が支援窓口

経済危機で緊急フォーラム
第601号(01年11月1日)
◎テロ後、国・県が5億円の緊急予算
◎経済危機で緊急フォーラム
◎「だいじょうぶさぁ沖縄」展開
◎この3年間に起こっていたこと・渡久地明
◎世界長寿会議

テロの影響くっきり
第602号(01年11月15日)
◎JALとJASが統合発表
◎国交省が緊急テロ対策で教育関係者を招待
◎10月のホテル稼働率テロの影響くっきり
◎OCVBが全国観光キャンペーン開始

沖縄応援ツアー続々
第603号(01年12月合併)
◎東京からMTP198
◎11月の到着便実績26%減
◎南大東島ツアーが好評
◎沖縄応援ツアー続々
◎特別論説・同盟強化で基地縮小の環境整う・渡久地明


早期完全回復を誓う
第604号(02年1月1日)
◎JATA松橋会長「早期完全回復を誓う」
◎年末年始の航空予約、前年並みまで戻す
◎次の10年600万人では少なすぎる・渡久地明
◎新振計はもっと知恵絞れ

沖縄で商品発表
第605号(02年1月15日)
◎JAL・JTAが沖縄で商品発表
◎県、500万人再挑戦
◎年末年始沖縄伸びる
◎ANA50人に一人無料キャンペーン
◎JAA台北線運休
◎知事が東京でセールス

次の10年700万人目指す
第606号(02年2月1日)
◎観光審議会次の10年700万人目指す
◎今年の目標480万人
◎県、昨年の実績と今年の見通し
◎陽光真玉橋生コン起工式
◎ふくしまの冬体験
◎PRを見直せ

全国から報道・旅行社400人
第607号(02年2月15日)
◎全国から報道・旅行社400人、JAL発表会
◎金剛石林山3月公開
◎近ツー・日旅、統合を中止
◎県内ホテル急ピッチで回復
◎国場幸一郎氏のカジノ構想

客足戻った
第608号(02年3月1日)
◎客足戻った、Wブッキングも続出
◎那覇ビーチサイドホテル開く
◎01年県内主要ホテル稼働率
◎壺屋博物館が業界向けツアー
◎ホテル明け渡しで強制執行

鈴木宗男氏の一喝だった
第609号(02年3月15日)
◎ホテルの売買増える
◎4月以降もキャンペーン
◎全日空50便に一便全乗客に1万円
◎鈴木宗男氏の一喝だった、水上バイク免許無しで乗れる水域の凍結

Re沖縄キャンペーン
第610号(02年4月1日)
◎復帰処理は終わっていない
◎Re沖縄キャンペーン開始
◎全国でエイサー
◎ハマバルリゾート開業へ
◎沖縄観光30年史・渡久地政夫
◎レキオス航空767発注

10年後は650万人
第611号(02年4月15日)
◎10年後は650万人
◎JTAがRe沖縄号披露
◎復帰30周年イベント
◎JTB、GWの旅行動向
◎JTA238万人輸送し過去最高の実績
◎陽光真玉橋生コン製造開始

宜名真新局長に聞く
第612号(02年5月合併)
◎土産品業界も組織化
◎海底貯蔵酒がグランプリ
◎宜名真新局長に聞く
◎ハマバルリゾート開業
◎おきなわ新世紀に鳩山由紀夫氏
◎スカイツアーズ30周年

那覇空港にDFS開業
第613号(02年6月1日)
◎那覇空港もう一本滑走路を
◎IDB総裁が来沖
◎那覇空港にDFS開業
◎大阪から世界遺産ツアー
◎リゾート局が施策説明会
◎マリーナを活用せよ・柳生徹夫

住民が決起
第614号(02年6月15日)
◎金剛石林山の現状回復命令に住民が決起
◎新水族館は海洋博以来のチャンス
◎修旅今年28万人まで回復
◎国交省、那覇空港など長期需要に対応方針

恩納村がビーチ条例
第615号(02年7月1日)
◎J・J統合で奄美が沖縄圏に
◎OTS宮古へチャーター計8本
◎観光戻税30年の実績
◎大琉球・まつり王国日程
◎サントピア沖縄日程
◎恩納村がビーチ条例

那覇スカイプラザ閉鎖
第616号(02年7月15日)
◎「金剛石林山」今度は村民決起大会
◎観光週間のスケジュール
◎JTBまとめ、夏休みの旅行動向
◎那覇スカイプラザ閉鎖
◎沖縄フィルムオフィスが準備室

國場組「観光に特化する」
第617号(02年8月1日)
◎國場組「観光に特化する」
◎観光情報学会設立へ
◎西表に第3の自然休養林
◎480万人達成可能と発表
◎ANA全国1万円乗り放題
◎県観光功労者を表彰

環境美化条例
第618号(02年8月15日)
◎04年の観光客510万人
◎那覇市の観光功労者
◎環境美化条例を施行
◎オピニオン「食品行政」崎原永広、「対馬丸引き揚げ」徳村直栄、他

観光特区を提案
第619号(02年9月1日)
◎県が観光特区を提案
◎花のカーニバル日程
◎夏休みの沖縄線0.1%増
◎琉球総合開発が撤退
◎玉泉洞の琉球ガラス作家展
◎世界遺産セミナーが成功

ANK八重山を増強
第620号(02年9月15日)
◎ポーラが2000人大会
◎ANK八重山を増強
◎滑走路は独自に建設すべき・渡久地明
◎台湾、モノレールMRT完成で便利に
◎県の観光アクションプラン

沖縄米軍は撤退する
第621号(02年10月1日)
◎沖縄米軍は撤退する・神浦氏講演
◎JTBファーブル第2弾は沖縄
◎OCVB韓国でハネムーン誘致
◎美ら海水族館がマスコミ公開
◎ハブ港としての軍港移設

癒し旅行の時代
第622号(02年10月15日)
◎琉球村1000席超のシアター建設へ
◎エコツー国際大会沖縄で
◎御菓子御殿、レストランを増築
◎屋久島のエコツーを体験する
◎堤朗・癒し旅行の時代

かりゆしブセナ計画発表
第623号(02年11月1日)
◎昨年の観光収入大幅減
◎かりゆしブセナ計画発表
◎那覇空港の沖展を要請
◎宜野座村漢那に初のタラソ
◎県がリーダー研修
◎県民1泊運動が教えるもの

JTA増収減益
第624号(02年11月15日)
◎JTA増収減益、2大勢力時代へ
◎太平洋島サミット来年沖縄で
◎日旅、JR西日本の傘下に
◎産業まつりベンチャースタジオ特集
◎JTB秋のハネムーン動向

デジタルアーカイブが不評
第625号(02年12月合併)
◎「アウト中心の旅行業は片肺飛行」
◎沖縄デジタルアーカイブが不評
◎10月の観光客3割増
◎JJは減収減益、ANAは損失計上
◎海外旅行でJTBと提携


観光行政の強化を要請
第626号(03年1月1日)
◎旅行社トップ、観光行政の強化を要請
◎年末年始、極めて好調
◎名城ビーチにキャンピングリゾート
◎観光業界から観光産業へ・渡久地明
◎DFSが空港店舗拡大

目標500万人
第627号(03年1月15日)
◎目標500万人、昨年は483万人
◎温泉のガスで発電
◎御菓子御殿にチュラ海カフェ
◎JTBの旅行見通し
◎海の駅4月に開業
◎プラザハウスがリニューアル

積極予算で財政は健全化
第628号(03年2月1日)
◎麻生政調会長が普天間の嘉手納統合主張
◎積極予算で財政は健全化、シミュレーション結果
◎国が観光関連に初の予算
◎宿泊業界県内重視へ方向転換

地域主導型商品
第629号(03年2月15日)
◎国内観光型運賃4月から大幅値上げ
◎土産品の表示で協議会
◎需要の変化に応じたサービス必要・日銀那覇支店がレポート
◎OTSの地域主導型商品

ホーム風力発電
第630号(03年3月1日)
◎JAL、ANA、県が沖縄キャンペーン
◎県まとめ01年の稼働率56.4%
◎沖縄観光危機管理マニュアル
◎白銀の福島県を行く
◎これがホーム風力発電の実験機

インターネットで旅客増えた
第631号(03年3月15日)
◎インターネットで旅客増えた
◎滑走路沖展で討論会
◎元気企業が外貨獲得宣言
◎県内ITベンチャーがプレゼン
◎佐敷町は美容介護
◎JTB訪日旅行に全力

イラク戦争の影響少ない
第632号(03年4月1日)
◎うえちグループ、八重山民俗園取得
◎イラク戦争の影響少ない
◎OCVB大都市圏の旅行博でPR
◎新型の水中歩行用ヘルメット開発
◎スタークルーズの計画

空港で舞踊
第633号(03年4月15日)
◎空港で舞踊、通年披露
◎韓国から新婚27組
◎恩納村に大学院大学
◎賃貸型宿泊形態増える
◎JTB、GWの旅行動向
◎平成14年県内主要ホテルの稼働率

やんばる海の駅
第634号(03年5月合併)
◎03年度県の観光施策
◎やんばる海の駅がオープン
◎新型肺炎で自粛要請相次ぐ
◎万国津梁館の増築完了
◎沖縄コングレ発足
◎GW入込は前年並み

台湾政府に渡航自粛要請
第635号(03年6月1日)
◎ゆいレール運賃申請
◎バスも大幅再編
◎SARSで台湾政府に渡航自粛要請
◎商工会・観光の産業化でリーダーシップ
◎大琉球・まつり王国、サントピア日程

かりゆし363室着工
第636号(03年6月15日)
◎かりゆし363室着工
◎しこり残したSARS対策
◎沖縄の観光考える100人委員会
◎花のカーニバル日程
◎6割がレンタカー利用
◎情報工学から観光を研究

県経済専門のTV番組
第637号(03年7月1日)
◎昨年の観光収入8.3%減の3466億円
◎OCVB会長に饒波氏
◎ゲーミングのメリット・デメリット報告
◎経済専門の県内TV番組
◎水族館・首里城の入場者数

台湾が回復キャンペーン
第638号(03年7月15日)
◎県、SARS制圧で回復ツアーを計画
◎台湾が回復キャンペーン
◎JTB調査、夏休みは北海道・沖縄と東京
◎南都がリキュール4種
◎首里城下町活性化策

工学系の観光学会設立
第639号(03年8月1日)
◎民主、1国2制度を政権公約
◎リゾート局、500万人達成できる
◎夏休み絶好調
◎工学系の観光情報学会設立
◎県、観光功労者表彰
◎観光施設レンタカーに照準

モノレール開業
第640号(03年8月15日)
◎モノレール開業
◎県、観光人材育成に本腰
◎ベンチャーに投資家紹介
◎おきなわワールド入園自由に
◎建設進む糸満観光農園
◎那覇市の観光功労者

沖縄音楽で予算要求
第641号(03年9月1日)
◎沖縄音楽で予算要求、内閣府
◎夏休みの実績7%増
◎「受け入れ態勢練り直し必要」渡久地明
◎10月から予約締切10日前
◎高速インターネット普及率14%

リゾートウェディングが急増
第642号(03年9月15日)
◎大学の正規授業で沖縄研修
◎リゾートウェディングが急増
◎ハーバービューが改装
◎日旅、貸切バスのネット予約開始
◎淡水化施設など修旅の新スポット

上海・浙江省報告
第643号(03年10月1日)
◎ホテル建設ラッシュ05年までに1000室
◎那覇市の観光収入
◎体質転換すべき、饒波氏辞任のOCVB・渡久地明
◎上海・浙江省報告
◎景気は自らつくれ

新会長に松本氏
第644号(03年10月15日)
◎観光情報学会が発足
◎県、ヘルスクレイムツアーを提唱
◎OCVB新会長に松本氏
◎県、観光要覧を発行
◎沖縄・台湾で共同プロモーション可能だ、馬潮氏

他社のパンフ類も積極取扱
第645号(03年11月1日)
◎他社のパンフも積極取扱、古郷の駅
◎人材育成で先進事例視察、OCVB
◎観光産業は人材集積、総合事務局が調査
◎ベンチャー企業の上場目指す

消費額やや拡大
第646号(03年11月15日)
◎売れる県産品、観光客が評価
◎東京と大阪で500万人感謝の夕べ
◎香港で日本食が定着
◎漁協が海人体験募集
◎JTA中間増収増益
◎消費額やや拡大

土産品通信販売
第647号(03年12月合併)
◎会員募集し、土産品通信販売
◎レンタカー最大1万4000台に
◎冬でも山頂まで行ける、中央アルプス
◎香港観光V字形に回復
◎話題豊富、ベンチャープラザ開く


石造のリゾート
第648号(04年1月1日)
◎初の石造リゾートを計画
◎04年目標525万人
◎ノンリコースローンで資金調達、05年開業のDFS
◎沖縄観光の頭打ちを試算、2000万人以上受入できる
◎往復6車線の大トンネルを見る

温泉の魅力
第649号(04年1月15日)
◎12月まさかの前年割れ
◎温泉の魅力開発する、ロワジール阿形社長
◎JTBの旅行見通し
◎NHKがちゅらさん3、秋に放映
◎スカイマーク7月から沖縄線就航

深層水でタラソ
第650号(04年2月1日)
◎県、観光予算を強化2割増
◎沖縄挙式新しいマーケットと認識
◎年末年始の不振を分析
◎海洋深層水のタラソ6月オープン
◎Gオーシャン1泊3〜5万円設定

沖縄ウェディング
第651号(04年2月15日)
◎沖縄ウェディング50万人の可能性
◎旧ターミナルの有効活用求める
◎国立劇場おきなわが開場
◎OCVB松本会長に聞く
◎JTBがポイントカード
◎JAL50周年

目の前に来た普天間返還
第652号(04年3月1日)
◎沖縄ウェディング360億円の効果
◎OTSが私募債で1.5億円調達
◎JAL深呼吸の必要展開
◎目の前に来た普天間返還
◎観光客、客室の増加とともに拡大

供給と同時に消費
第653号(04年3月15日)
◎県産品、供給と同時に消費の状態に
◎公庫、ネット予約へ転換を打診
◎環境・バイオ産業のVスタジオ
◎全旅協が着地型商品
◎4〜6月に大会・会議の余地

移住者のタウン開発
第654号(04年4月1日)
◎OCVB組織改革案
◎予算は38億円
◎沖縄移住者のタウン開発
◎御菓子御殿、国際通りに新店舗
◎「健康長寿を取り戻す」キャンペーン
◎03年ホテル稼働率

カヌーが2000艇超
第655号(04年4月15日)
◎香港、中国人客が激増
◎JTA03年実績も過去最高
◎カヌー県内に2000艇超
◎空手研修センター開所
◎JTBまとめGWの動向
◎初の観光情報学会全国大会

旧シェラトン改築
第656号(04年5月合併)
◎旧シェラトン改築、来春開業
◎万座も増築を計画
◎GWの沖縄線17.6%増
◎昨年の観光収入8.3%増の3753億円
◎県、受入に軸足
◎読谷村観光協会できる
見つけた! 沖縄観光成長の法則
第657号(04年6月1日)
◎観光速報30周年記念特集・見つけた! 沖縄観光成長の法則
◎JTAが好決算
◎ラグナがオキナワン音楽CD
◎大規模ほど稼働率高い
◎琉大観光科学科でアンケート

返還軍用地をリゾートに
第658号(04年6月15日)
◎大手旅行社、返還基地住宅地「リゾートに使いたい」
◎北谷町に24階建て7月Gオープン
◎県、客室数の推移まとめる テロ以前から客室不足
◎ANA ピカチュウジャンボ集中投入
◎真南風プラス開く

テラス売上100億円突破
第659号(04年7月1日)
◎神戸市出店の物産店舗で調印式
◎テラスホテルズ売上100億円突破
◎世界のヘビ子ども館、おきなわワールド
◎「資格より資質」琉大観光科学科のアンケート結果
◎北谷のビーチタワー客室に特化
◎このままでは尻すぼみ、関係者で貿易推進フォーラムつくれ
◎修旅、今年は40万人突破

夏休み予約好調
第660号(04年7月15日)
◎1日フリー乗物パスを提言
◎航空各社、夏休み予約数5.1%増
◎JTB夏休みの旅行動向、沖縄好調
◎夏休みの国内95年から増加傾向
◎ビーチ、工芸、芸能、農産物、変化に富む南部

アリビラ周辺に4ホテル
第661号(04年8月1日)
◎アリビラ周辺の開発静かに始動 ゴールドマンサックスあと4ホテルの誘致、積極的にすすめる
◎ポルシェがISO9001・HACCP同時認証
◎万座が中華レストランリニューアル
◎へびグッズ1000点展示
◎観光農園が大看板
◎沖縄カジノの詳細発表
◎観光週間特集 記者座談会「上期、需要強く伸びる余地あり伸びた」
◎県産品比率49.5%と試算・沖縄県観光産業実態調査報告書

那覇市内は価格回復せず
第662号(04年8月15日)
◎7月の不振、各社が見込み違い
◎カジノ、糸満が誘致に名乗り
◎ヘリ墜落で普天間返還求める
◎那覇市内価格回復せず、宮里一郎氏
◎沖縄に満足96.2%「沖縄観光客満足度調査」
◎那覇市の観光功労賞

カジノシンポに500人
第663号(04年9月1日)
◎糸満カジノシンポに市民500人
◎たびJALスタート
◎IDB推進本部発足
◎上半期観光収入1,741億円
◎前半好調7・8月に減速
◎需要と供給と情報の観光学・渡久地明
◎11月21日からサントピア沖縄
◎12月に第10回大琉球まつり王国

マリオットと合意
第664号(04年9月15日)
◎かりゆしの新ホテル、マリオットと提携
◎国交省が経済波及効果推計システム公表
◎那覇市の観光収入3034億円
◎ホテル限定土産品、県が製造を呼びかけ
◎南部観光施設協、商品造成で現地説明会
◎観光を核とした産業振興策、総合事務局が提案

国際通りにJALシティ
第665号(04年10月1日)
◎那覇に307室のJALシティ建設発表
◎金剛石林山に遊歩道
◎西武オリオンがロビー一新
◎万国津梁館で初の挙式
◎健康食品200億円突破
◎沖縄観光の波及効果
◎ANA 機内でインターネット

ラグナがタワー計画
第666号(04年10月15日)
◎カジノ糸満で急展開
◎ラグナ、タワー増築を計画
◎神戸、宝島11月19日開業
◎おかしなシークワサー真贋論争
◎参院選争点は経済問題だった、日本財政研が分析
◎JTB沖縄社長西山氏逝く
◎「マーケティング戦略沖縄」創刊

ユビキタス観光情報システム
第667号(04年11月1日)
◎注目集めるユビキタス観光情報
◎光で玉泉洞内を演出
◎クライン博士招き積極財政シンポ
◎沖縄の魅力増えていない・宍戸喜夫
◎やちむん通りでラリー
◎那覇セントラル、広場を緑にリニューアル
◎国交省、観光交流モデル事業に宮古を指定
◎韓流ブームでJTBの韓国商品売れる

07年に580万人
第668号(04年11月15日)
◎次の3年で580万人か 県、07年までのアクションプラン策定へ
◎国民の旅行消費額27億円
◎琉銀調査室・宿泊特化型ホテルの動向
◎スリープインが石垣進出
◎国際通りに新ホテル、来年7月オープン
◎MSO創刊記念「自立」シンポ
◎てんぶす那覇がオープン

上地兄弟そろって観光カリスマ
第669号(04年12月合併)
◎外郭団体・予算が組めない
◎カリスマに上地兄弟
◎初のエコマップ登場
◎全国9月までに5.3%減、沖縄は2.5%増だが
◎中央ツーリストが初の24時間店舗
◎花のカーニバル1月15日開幕
◎おきなわワールドでツアー初の健康講座


巨大レンタカーステーション構想
第670号(05年1月1日)
◎豊崎に巨大レンタカーステーション構想
◎05年目標は540万人
◎琉大マクロモデルで05年度は549万人と予測
◎JTB年末年始の旅行動向調査、年末年始は海外が牽引
◎琉球村、毎日道ジュネー
◎イシン・グループが不二ホテル買収
◎宜名真局長「650万人に向け準備に入る」
◎JAL沖縄坂井支店長「長期的に沖縄は伸びる」
◎DFSが世界最大規模でオープン
◎「超一流の人材供給する」琉球大学観光科学科で嘉数副学長講演

震災で弱気の見通し
第671号(05年1月15日)
◎花のカーニバル本部町でオープニング
◎540万人目指しOCVB新春の集い
◎航空各社年末年始は前年割れ
◎JTB見通し、05年は1.9%増
◎03年度高校修旅先沖縄が1位
◎3カ月でたったの3件、万国津梁館の挙式
◎旅行業界、震災で見通し弱気

12月の輸入、DFSで17億円増
第672号(05年2月1日)
◎観光情報学会が5月に全国大会
◎12月の輸入、DFSで17億円増
◎東京の配達依頼、那覇で受ける
◎昨年の観光客515万人
◎香港マカオの観光客が大幅増
◎今村展大講演「インターネットマーケティングの基本」
◎プロ野球キャンプ国内8、韓国3球団で花盛り
◎県台風対策事業、特空券発行システムを提言

観光予算25%減の27億円
第673号(05年2月15日)
◎観光予算25%減の27億円
◎JAL、4月から理想島沖縄キャンペーン
◎やんばる100キロマラソン構想
◎沖縄観光成長の法則・函館版
◎「付加価値高める努力必要」東急観光新垣安男所長
◎OCVB経営者セミナー・地域重視の経営が利益生む

需要と供給の相互作用で観光伸びた
第674号(05年3月1日)
◎県外・海外から100人、4月1日開業のマリオット
◎旧石器らしい石片、読山原から出る
◎被災地ののお年寄り到着
◎たびJAL効果出る 上期商品DFSとマリオット強調
◎ANAもDFS、マリオット、アッタを前面に
◎香港観光協会が修旅セミナー
◎観光客増加の要因、譜久山氏の講演から

基隆=沖縄に200室の客船
第675号(05年3月15日)
◎200室の客船、基隆=沖縄就航へ
◎観光情報学会、5月16日リザンで開催
◎南大東島の観光客急増
◎IDB総会のプログラム
◎近ツー・那覇=与那国12往復チャーター
◎日旅・携帯にホットな沖縄情報提供
◎「沖縄」は最強のキーワード

観光立国シンポ
第676号(05年4月1日)
◎マリオットリゾート開業
◎07年観光客580万人へ 国と県が詳細な3年計画
◎南大東村フォーラム、計画的に観光客増やした
◎外務省シンポ「ハワイ 人数は充分、歩留まり高める」
◎観光立国シンポ「沖縄は日本の宝、世界の観光地」

スカイマークが深夜便
第677号(05年4月15日)
◎浦添ようどれ復元
◎観光情報学会プログラム
◎スカイマークが7〜9月に深夜便
◎JTBのGW見通し、海外は過去最高
◎04年のホテル稼働率
◎ハワイはもう限界か

観光情報学会、リザンで開催
第678号(05年5月合併)
◎ゲーム機の景品に県産品好評
◎GW、沖縄だけ伸びる
◎観光情報学会が盛況
◎沖縄の駅ちゃんぷるー
◎観光部が施策説明会
◎沖縄そばやかたオープン

最高級アッタテラス開業
第679号(05年6月1日)
◎昨年の観光消費額減少
◎若狭に旅客船バース
◎かりゆしウェア霞ヶ関に進出
◎那覇市観光協会予算は1.2億円
◎ジ・アッタテラス開業
◎墓石の輸入急増

民主党が沖縄ビジョン協議
第680号(05年6月15日)
◎尖閣の開発、沖縄に任せてと民主党に提言
◎OCVB経営改革の土台
◎3大イベントの日程
◎与那国から黒潮観察のコマ放流
◎「橋本元総理を沖縄知事に」

540万人に王手
第681号(05年7月1日)
◎540万人に王手
◎海フェスタで多彩な催し
◎国交省、地域の観光振興策に補助
◎昨年の修旅39万人
◎楽トラ手数料で旅館団体猛反発
◎泡盛学会できる

夏休み好調見込み
第682号(05年7月15日)
◎24時間店舗で売り上げ急増
◎IDB沖縄総会は大成功
◎観光産業は労働力不足
◎かりゆしウェア・毎日着る人86%
◎JTB夏休みの予約動向、沖縄は好調

那覇空港ビル増築へ
第683号(05年8月1日)
◎那覇空港ビル、観光客好調で増築へ
◎観光功労者を表彰
◎供給増やせば需要つく・JAL坂井支店長
◎負の要因ない・万座菊池GM
◎御菓子御殿本店開業

糸満カジノ「市民の会」解散
第684号(05年8月15日)
◎糸満・カジノ誘致「市民の会」が解散
◎市長は「治安確保なら誘致」
◎Edyリウボウ全店で採用
◎夏休みの沖縄線7%増
◎プロ野球キャンプ48億円の効果

那覇空港拡張で調査
第685号(05年9月1日)
◎那覇空港の拡張に向け総合的な調査
◎上半期の観光消費額が拡大
◎かりゆしウェア東京でPR
◎サービス技能検定が人気
◎沖縄ファッションで概算要求

石垣空港の設置許可申請
第686号(05年9月15日)
◎県、石垣空港の設置許可申請
◎映像を入口に宿泊予約システム
◎バリアフリー化の指針
◎レンタカー観光の実態報告
◎ネットで調査・泡盛市場は840万人

宜野湾に大規模計画
第687号(05年10月1日)
◎大和地所・宜野湾に447室計画
◎中国国際航空福岡経由北京などを検討
◎県、観光消費額を詳細に測定
◎コンベンションC、万国津梁館の運営者を募集

読谷にチャペル
第688号(05年10月15日)
◎アフィリエイト可能な旅行予約システム開発
◎台湾から報償旅行600人
◎那覇市の観光収入3107億円
◎9月上乗せできた
◎読谷にビーチサイドチャペル

辺野古に新滑走路
第689号(05年11月1日)
◎日米、辺野古新施設で合意
◎9月観光客49万人
◎神戸空港セミナー開催
◎観光要覧発行
◎ウェディングの翁長氏インタビュー
◎ラグナのCD第2弾
◎スリープイン石垣開業

海兵隊は撤退だ
第690号(05年11月15日)
◎RVリゾートを推進
◎海兵隊「移転」は撤退である
◎香港、観光客2,000万人突破
◎洋蘭博20周年
◎JAL、鹿児島線を開設へ
◎JALグループ、120億円の赤字

首里城で花まつり
第691号(05年12月1日)
◎船で毎日島唄ライブ
◎郵便大口割引でコスト削減
◎県内消費額4.2%増
◎首里城花まつりを開催
◎JTB調査、年末年始増える
◎謝花流古酒のつくり方公開

目標565万人
第692号(06年1月1日)
◎目標565万人、宜名真部長に聞く
◎ハワイ、観光で完全雇用達成
◎JAL、仙台線を開設
◎岩盤浴、県内ホテルで人気
◎シンガポール、官民でスパ推進、成功

国営沖縄公園が独自の振興策
第693号(06年1月15日)
◎国営沖縄公園、独自の沖縄振興策
◎年末年始実績、沖縄12.4%増
◎金秀グループ、喜瀬別邸07年開業へ
◎沖縄は好調維持、JTB見通し
◎県の目標解説

05年は550万人達成
第694号(06年2月1日)
◎済州道観光協会・OCVBが協定
◎花のカーニバル
◎首里城花まつり
◎05年の観光客550万人
◎「ザ泡盛」ラグナがCD第3弾
◎ホテル協会県支部が新年会


神戸線開設
第695号(06年2月15日)
◎JAL・ANA神戸線、毎日4往復開設
◎JAL、4月からオキナワチャージ
◎名古屋、05年14.7%伸びる
◎DFS開業で輸入額55億円増える
◎4銘柄の泡盛詰合せ

観光収入4,061億円
第696号(06年3月1日)
◎観光収入11.8%増の4,061億円
◎県、観光予算は半減
◎総合事務局、初のレンタカー道の駅
◎観光消費不況が直撃
◎キンザー返還で浦添市長にカジノ要望


ツアーに合わせて芸能提供
第697号(06年3月15日)
◎本部町、需要に応じて芸能提供
◎北九州線が開設
◎香港ディズニーランドなど最新事情
◎05年ホテル稼働率
◎スパカレッジと機能性スパオイルできる

RVパーク協発足
第698号(06年4月1日)
◎OCVB収益事業が倍増
◎RVパーク協が発足
◎JTB、GWの沖縄好調
◎那覇セントラル、岩盤浴10床
◎リゾートW、昨年は4605件
◎辺野古にV字型滑走路

観光予算が半減
第699号(06年4月15日)
◎県の観光予算半減
◎GWの予約低い伸び
◎テンブス館、要望に応じ琉球芸能
◎琉宮城蝶々園が11周年
◎古民家「大家」が人気
◎オクマがリニューアル

GW前年割れ
第700号(06年5月合併)
◎OCVB、ビル建設など多彩な事業拡大策あった
◎「観光が有望」王毅駐日大使講演
◎GWの沖縄前年割れ
◎日銀、最近の観光動向
◎14年に嘉手納以南返還

かりゆしグループの方針
第701号(06年6月1日)
◎新ブランドに着手、かりゆし平良CEO
◎ホテルマンに俳優講座
◎大連雑技団初公演、トップ沖縄
◎ドミトリの入会認めず、ホテル組合
◎修旅予定43万人

国際通りにトランジットモール
第702号(06年6月15日)
◎国際通り、1月からトランジットモール
◎JALシティ開業
◎国交省・本島全域でまちナビ
◎泡盛の伝統製法で博士号
◎糸満、美々ビーチに大型開発が応募

SKY、9月以降も運航
第703号(06年7月1日)
◎リゾートの集積に環境整備必要
◎RAC、宮古線就航
◎SKYが9月以降も運航
◎JTB夏休みの動向、北海道・沖縄好調
◎国交省、観光部門6課2室体制に移行

自販機ビジネス
第704号(06年7月15日)
◎自販機オーナーどんどん増える
◎客室数10.4%増える
◎JETROレポート「観光再生を通じた地域活性化」
◎95年の事件を映画化
◎県外で観光人材育成

着地型旅行とはオプショナルツアー
第705号(06年8月1日)
◎県観光功労者7個人、2団体を表彰
◎琉球大、文・理融合型の観光実習開始
◎沖縄観光成長の法則2006
◎堤朗インタビュー氏「着地型旅行とはオプショナルツアーのこと」

565万人に黄信号
第706号(06年8月15日)
◎那覇空港需要予測、弱気の見通し
◎夏休みの沖縄線7.2%増
◎東京で県内観光企業説明会
◎記者座談会「565万人に黄信号」
◎沖縄経験なし国民の63.1%

RAC、Q300導入
第707号(06年9月1日)
◎RAC、50人乗り新型器受領
◎JAL・ANA、11月から那覇路線を大幅に拡大
◎4月以降の伸び悩み運賃値上げの影響では
◎県・OCVBがコンベンションシンポ

世界のウチナーンチュ大会
第708号(06年9月15日)
◎価格政策で565万人届きそう
◎世界の4000人が来沖
◎かりゆしにチャペル
◎内閣府、ITで14億円要求
◎データセンターを強化、NTT沖縄
◎空港シンポ

愛犬のイベントで集客
第709号(06年10月1日)
◎喜瀬別邸来年5月開業
◎北谷町、犬のイベントで集客
◎オクマにチャペル
◎琉球王国ウェディング
◎アリビラの省エネに補助
◎上半期観光収入3.9%増

知事選で政策発表会 第710号(06年10月15日)
◎知事選で業界が初の政策発表会 ◎回復模索する与論
◎観光タクシーに資格
◎1〜3月に4万人、クラブツーリズム
◎福井千鶴・ウチナーンチュ大会に参加して
第711号(06年11月1日)
◎かりゆし新ブランドホテル建設へ
◎大小のホテル計画続々
◎菜の花モンゴルプロジェクト・渡久地明
◎JTA売上7.1%増
◎ANAとIHGがホテル合同会社

1000万人掲げる仲井眞知事誕生
第712号(06年11月15日)
◎仲井真氏当選、目標の上方修正必要
◎豊崎に3ホテル内定
◎1〜9月の観光収入4.7%増
◎日観連・国観連統合、沖縄は影響少ない
◎上期国内運賃3.4%増

琉球村が登録文化財に
第713号(06年12月合併号)
◎琉球村、登録文化財に
◎波及効果は55.3兆円
◎公租公課軽減301億円
◎JTBが花粉症疎開ツアー
◎OTSシャトルバス導入
◎那覇市の観光収入3,591億円

第714号(07年1月1日)
1000万人実現に向けて
◎1,000万人実現へ、業界が知事に要請
◎県、暦年目標廃止
◎年末年始の予約7.2%増
◎滑走路不足が深刻化する07年
◎観光立国推進基本法
◎北谷に450室計画

第715号(07年1月15日)
06年の観光客数564万人
◎専任担当官の設置など求める
◎年末年始は8.4%増
◎昨年の観光客数563.7万人
◎沖縄の好調続く、JTB見通し
◎西崎に大型リゾート
◎県が観光要覧発行

第716号(07年2月1日)
オクマにチャペル
◎観光客、1億人突破
◎初のバスケオールスター戦
◎かりゆしG玉城専務インタビュー
◎好調維持した宮古・石垣観光
◎オクマにチャペル完成
◎社会資本整備の観光への功績

石垣に新桟橋
第717号(07年2月15日)
◎竹富島、民宿予約とれない状態
◎石垣、新桟橋の供用開始
◎沖縄都・池宮専務
◎07年度は590万人目指す
◎JAL、ちゅらかーぎになろう
◎国際通りを開放

日本カジノ創設サミット開催
第718号(07年3月1日)
◎かりゆし、シアターホテル建設へ
◎國場組、再建なる
◎那覇空港はいますぐ着工すべき
◎おきなわワールド、世界のシーサーを展示
◎日本カジノ創設サミット、那覇で開催

JTBが1000万人支援で組織
第719号(07年3月15日)
◎JTB、1,000万人支援で新組織
◎バリアフリー化進む県内ホテル
◎マリオット・木戸GMインタビュー
◎2紙が相次いで1,000万人困難視
◎オクマ、周辺農家から仕入れ

JTAが石垣=神戸線開設
第720号(07年4月1日)
◎アジア・ゲートウェイ構想に立候補
◎振興地域に文化紹介施設
◎JTA那覇、石垣=神戸を新設
◎JTB、GWの動向
◎ベトナム観光
◎主要ホテル年間稼働率

喜瀬別邸オープン
第721号(07年4月15日)
◎最高級に絶賛の声、喜瀬別邸
◎緊急提言・真に必要な道路
◎GWの予約数12.6%増
◎JTA、40周年で制服一新
◎人気のマカオを見る
◎海洋博、夜も開ける

県がカジノ検討予算
第722号(07年5月合併号)
◎県、カジノ検討など新規7事業
◎GW実績12%増
◎JAL・ANA決算、単価上げ旅客は微増
◎ADEX視察記・東南アのダイビング観光
◎ラグナのエンタメ教育

アジアゲートウェイに取組む
第723号(07年6月1日)
◎県、7月にアジアゲートウェイの取組策定
◎JTA市ノ澤社長が退任
◎修旅、今年は減少
◎香港EGLユエン社長の講演
◎サザンリンクス改装
◎OCVB利益出し、税納める

賃金低いホテル従業員
第724号(07年6月15日)
◎賃金低いホテル従業員、沖縄観光連盟調べ
◎観光立国基本計画案
◎那覇空港、福岡より早い
◎09年に東急ビズフォート
◎ロイヤルオリオンが飲食部門改装
◎雇用拡大で県民運動

JTAが40周年
第725号(7月1日)
◎JTA40周年、神戸線就航
◎大森社長インタビュー
◎06年の観光収入4,000億円突破
◎基金取り崩す首里城復元期成会
◎客室増え650万人では間に合わない

ANAが那覇に貨物ハブ計画
第726号(07年7月15日)
◎ANAと県、那覇の貨物ハブ化で合意
◎ラグナが15周年
◎JTBがRikkaおきなわデスク
◎リゾート挙式全国最多
◎アパH開業
◎ナハナも
◎JTB夏休み動向

返還10年元気な香港
第727号(07年8月1日)
◎予約数0.2%増
◎台湾統一パック好調
◎考える会、OCVB会長と意見交換
◎デフレ状態の沖縄観光
◎返還10年、元気な香港
◎風評被害に対する沖縄の対応

CI120便が炎上
第728号(07年8月15日)
◎CI120便、那覇空港で炎上
◎徹底分析、減少続く台湾客
◎台湾の免許で運転可能に
◎国内航空、夏休みは微減
◎サクシードバス、プロが車内でライブ演奏

与那国に初のリゾート
第729号(07年9月1日)
◎那覇空港、沖合い3案を提示
◎与那国に初のリゾート
◎パッションフルーツで発砲酒
◎JAL9月、臨時便大幅増発
◎上原良幸・沖縄21世紀ビジョンについて

屋根なしバス快走
第730号(07年9月15日)
◎台湾から初のレンタカー利用客
◎屋根なしバス快走
◎表示の基礎的ルールを研修
◎登録文化財、琉球村に7枚のプレート
◎商工会が石垣のブランド化

西日本最大のレンタカー店舗
第731号(07年10月1日)
◎西日本最大規模のレンタカー店舗・ジャパレン
◎香港で沖縄ブーム
◎那覇空港・熱烈歓迎プロジェクトにしたい
◎航空乗客・満足度調査結果
◎オランジュール開業

空港増設で総決起大会
第732号(07年10月15日)
◎15年までの空港増設で総決起大会・考える会
◎ハワイに行けなくなった日本人
◎旅行先、所得の減少に応じて変化
◎新博物館で港川人の来た道
◎奄美でシンポ

TV電話で旅行販売
第733号(07年11月1日)
◎中央ツーリスト、TV電話で旅行販売
◎OTSレンタカー、臨空豊崎開業
◎JTB、WEB2.0で観光情報提供
◎カヌチャ、31階建て新館計画
◎航空各社、中間決算

米ダイビング見本市で手応え
第734号(07年11月15日)
◎米ダイビング見本市で手応え
◎東京の複数企業研修で成果
◎受入能力750〜800万人引き出せ
◎武芸洞で港川人発掘調査
◎香港旅行社商談に41社参加


慶良間の世界
第735号(07年12月合併号)
◎目標値決まらず‐第3次観光計画
◎ロイヤルオリオン、送迎バス駐車場整備
◎堤氏に旭日双光章
◎「慶良間の世界」がブーム
◎航空各社、単価上げ、旅客横這い


11年720万人に上方修正 第736号(08年1月1日)
◎11年目標720万人に上方修正
◎那覇市が4施設でクーポン対応
◎車内で衛星放送受信、日産レンタカー
◎JTB、年末年始は沖縄好調
◎土井教授の連載開始


08年は横這いの見通し
第737号(08年1月15日)
◎5年以内に37ホテル、8,500室増える、公庫統計
◎年末年始は8.4%増
◎JTB旅ホ連県支部世界7地域に142人派遣
◎08年は横這い、JTB見通し
◎新春の集い

目標620万人 第738号(08年2月1日)
◎08年度目標620万人
◎07年の観光客587万人
◎10年後、初めての客2割まで減少・JTBF試算
◎10年以内に700万人、公庫の見通し
◎JALがWAONカード導入

県の観光予算2割増
第739号(08年2月15日)
◎石垣市商工会、環境と観光で活性化策
◎観光予算19.2%増
◎観光要覧発行
◎杜の賑いが連続25回
◎今年もJAL沖縄キャンペーン
◎スポーツで地域振興

マカオ観光局がPR
第740号(08年3月1日)
◎マカオ観光局、香港線開設でPR
◎消費単価1.1%減
◎空港増設、構想段階へ移行
◎香港で沖縄セミナー
◎観光産業、求人が求職上回る
◎年間ホテル稼働率

香港に定期便
第741号(08年3月15日)
◎4月3日から香港定期便
◎カジノ、懸案は解決できる
◎香港での県産品販売戦略
◎スパでシンガポール、タイのセミナー
◎海外減少した20代の旅行実態

那覇JCが2万人大会誘致
第742号(08年4月1日)
◎香港から初便、下旬から週4便に
◎文化審議会がおきなわワールドの5件答申
◎JTB、GWの動向
◎OCVB、31.5億円の積極予算
◎来年10月にJCが2万人大会

所持金半分残す、47%
第743号(08年4月15日)
◎所持金半分残す人47%、OKAF調査
◎GW予約沖縄は1.0%減
◎観光ケアサポーターを養成
◎AJCCが雇用対策法改正セミナー
◎琉民が35周年感謝展示会

GW不振で不透明感
第744号(08年5月合併号)
◎GW不振で不透明感広がる
◎八重山民俗園に文化財プレート
◎航空各社、単価上げ、旅客微減、収入は拡大
◎ファッションキャンディに県初のTPM・C賞
第3種を取得、那覇市観光協会
745号(08年6月1日)
◎OCVB、財政は改善の兆し
◎JTA、売上465億円
◎石垣・宮古・久米島の観光客数
◎那覇市観光協会、第3種を取得
◎JTB、美々ビーチにバス
◎東京で販売実習

最上階全室にプール
第746号(6月15日)
◎最上階全12室にプール・エグゼス
◎南都に文化財プレート
◎プリンスが進出
◎全国航空実績分析
◎山入端好盛・東京時代
◎2枚あった「回想する守護神」

マカオから初のチャーター
第747号(08年7月1日)
◎マカオから初のチャーター、市場は香港・広州
◎JC大会成功させる会
◎宿泊施設は1,087軒
◎国頭村でトライアスロン
◎海洋博出展のダリの作品里帰り

緊急経済対策必要、JATA事務局長
第748号(08年7月15日)
◎需要回復に緊急経済対策必要・JATA奥山事務局長
◎香港エキスプレス、増便を検討
◎ゼファーが民事再生申し立て
◎オクマ、30周年で全室リニューアル

ガンガラーの谷公開
第749号(08年8月1日)
◎ガンガラーの谷公開、おきなわワールド
◎夏休み予約は3.3%増
◎OCVB、2.8億円補正
◎修旅、2年連続減
◎観光収入5.1%増
◎日航那覇のロビー改装
◎ロワジール・ビズ発売

夏休み、3.5%増
第750号(08年8月15日)
◎11年まで微増続く
◎夏休み実績3.5%増
◎来年に向け県と業界が意見交換
◎オープンパラレル必要、那覇空港増設で
◎スポコン、昨年355件開催
◎外客受入、面白い沖縄

ロコアナハが開業
第751号(08年9月1日)
◎カジノ法制化、目的は外国人の消費
◎世界で日本など8カ国だけ衰退
◎東京・名古屋が成長
◎07年ハワイ、観光好調で完全雇用か
◎ロコアナハ、県庁隣に222室

石垣やいま村オープン
第752号(08年9月15日)
◎石垣やいま村がオープン
◎李登輝元総統「絆深めよう」と講演
◎グアム、97年のピークまで回復せず
◎県民所得全国で減少
◎壺屋巡りが実証実験に採択

英旅行社、沖縄「パーフェクト」
第753号(08年10月1日)
◎JTB、世界で沖縄売り出す
◎「パーフェクト」英旅行社
◎観光庁が発足
◎OTSが創立50周年
◎美ら海水族館、4時から3割引
◎農商工連携に寿味屋他認定

ヨーロッパから見た沖縄
第754号(08年10月15日)
◎「物流、観光…が成長分野に」伊藤元重
◎16観光圏を認定
◎「ヨーロッパから見た沖縄」マイケル・ランジ
◎DEMA2008に出展
◎大連旅行博で沖縄が表彰

島嶼会議に6カ国
第755号(08年11月1日)
◎島嶼会議に6カ国参加
◎ひめゆりの駅開業
◎沖縄合宿で世界王者
◎OCVB、初の海外市場調査
◎油に溶かしたウコン発明者がクレーム
◎県、原油高で企業支援

旅客船バース、ビル出来ない可能性
第756号(08年11月15日)
◎旅客船バース、ビルできない可能性
◎ダイナミックパッケージが急伸
◎ノーブランドで運営グリーンホスピタリティー
◎上半期の航空実績・単価上げ、旅客は減少

とまりんから撤退
第757号(08年12月合併号)
◎かりゆし、とまりんから撤退
◎武芸洞から2〜3,000年前の人化石
◎おきなわ公庫・07年度主要ホテルの稼働状況
◎JTB年末年始の旅行動向、沖縄は激減

やっぱり、かりゆし
第758号(09年1月1日)
◎泊ふ頭開発、かりゆしを選定
◎11年春から巨人キャンプ
◎年末年始予約は2.0%減
◎コーネル大の教育方針
◎本紙、09年は630万人予想
◎滑走路増設2案

欧州で沖縄販売
第759号(09年1月15日)
◎欧州のネット大手が沖縄販売
◎年末年始は1.0%増
◎サザンビーチ5月20日開業
◎JTB09年見通し、国内は1.1%減
◎7月までに1,569室
◎JALが特大絵馬

フチャクリゾートが準備工事
第760号(09年2月1日)
◎フチャクR準備工事に着手
◎09年度目標630万人
◎ハワイ・グアム金融危機の影響受ける
◎県と業界が09年度見通しで意見交換
◎北京から初のチャーター

現代の結婚とブライダル論
第761号(09年2月15日)
◎那覇市観光案内所、欧州客が半数占める
◎所得下がっても旅行出かけた
◎08年の航空乗客3.1%減
◎土井久太郎「現代の結婚とブライダル論」連載開始

65歳以上9,000円
第762号(09年3月1日)
◎ANAが全国一律9,000円、65歳以上に
◎藻谷浩介「高齢者観光確実に伸びる」
◎ゆがふいん、あがり館開業
◎県内主要ホテルの年間稼働率
◎名桜大が1,400万人打出す

インサイト47台導入
第763号(09年3月15日)
◎観光対策で5億円支出
◎OTSがホンダインサイト47台導入
◎コンド・ホテル打出す フチャクリゾート
◎投資額3,200億円想定カジノ構想
◎OCVB・国際観光推進戦略フォーラム

危機打開で緊急会議
第764号(09年4月1日)
◎危機打開策で緊急会議・考える会
◎リゾート開発は活発化
◎万座、改装しリブランド
◎オクマにアルベルトが専属出演
◎沖縄不振、JTB・GWの旅行動向

県、特別対策を説明
第765号(4月15日)
◎県、特別対策を説明
◎GW予約、沖縄は8.7%増と好調
◎初の全室スイート7月1日開業、ジノンハウス
◎ネット予約躍進の秘密
◎航空各社08年度沖縄線実績
◎那覇市の観光統計

 |  HOME |
本ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は沖縄観光速報社に帰属します。
Copyright (c) 1996 Okinawa Kankou Sokuhousya. No reproduction or republication without permission.