連載 Tourism Informatics (TI) の試み(49)
おきなわ観光情報学研究会


集合知:Collective Intelligence

おきなわ観光情報学研究会・遠藤聡志(琉球大学工学部情報工学科・教授)

■Wikipedia

 Web2.0の大きな特徴の一つが「参加のアーキテクチャ」であることを紹介してきました。参加者の情報発信や議論の過程がwebに蓄積され、膨大なデータベースが構築され利用者に共有されることを私たちは「2ちゃんねる」*1)で経験済みです。知識の蓄積をより意図的に洗練された形で実現しようとする試みが、Wikipediaプロジェクト*2)であり、集合知を実現する最も有名な事例として知られています。

 WikipediaのWikiとはウェブブラウザを利用してコンテンツを編集する機能を提供するソフトウェアの総称であり、日本国内ではPuki-wikiというwikiソフトウェアが広く使われています。そのサイトを見ているユーザがサイトのコンテンツを編集できる訳です。ちなみに、“wiki-wiki”とはハワイ語で”早い”を意味するそうです。pediaのほうは、“encyclopedia(百科事典)”の語尾ですから、Wikipediaがweb上での百科事典構築プロジェクトであることがお分かり頂けるでしょう。現在、250カ 国(言語)以上のプロジェクトがあり、日本語プロジェクトでは、40万件以上の記事(見出し語)登録があります。Wikipediaでは記事の執筆者が専門家である保証が無いため信頼性の確保に様々な工夫がなされています。例えば、ある記事において主張の異なるふたつの意見が出た場合には、当人同士の直接的な対話や第三者を交えた討論がweb上で行われます。それでも合意がえられなければweb上での投票が行われることがガイドラインに定められています。webを用いた合意形成の実験としても興味深いプロジェクトといえるでしょう。

 沖縄に関する記事も既に充実しています。沖縄でサーチしてみると、【沖縄(おきなわ)は、日本の地名。日本の南西端に位置する…(中略)…別名は琉球。日本側文献では『唐大和上東征伝』(779年)に「阿児奈波」として見いだされる地名が初見とされる…】と極めて本格的な情報が手に入ります。ブリタニカ百科事典と比較しても提供情報に遜色がないという研究もあるようです。沖縄の歴史、史跡、観光名所、離島情報なども写真入りの細かな解説が提供されていて調べたい項目名がわかっていれば極めて便利です。オリオンビールやDFSギャラリア・沖縄などの記事があり、企業情報の記載も出来るようです。テラスホテルズは記事が有るのにカヌチャはなかったり、玉泉洞や琉球村もなかったりと、まだ記載のない観光施設やホテルなどはこの際、記事登録してはいかがかと思います。

*1)http://www.2ch.net/
*2)http://wikipedia.org/
*2)http://ja.wikipedia.org/ (日本語ページ)

(「観光とけいざい」第728号07年8月15日号)


 |  連載50 |  HOME |
本ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は沖縄観光速報社に帰属します。
Copyright (c) 1996 Okinawa Kankou Sokuhousya. No reproduction or republication without permission.