連載 観光業界のための紙上ITセミナー・IT利用の基礎知識(02)
島田勝也(NTT西日本沖縄支店勤務)


ブロードバンド時代の小学生

 今回は「ブロードバンド時代」の小学生の行動の一端を垣間見て頂く…。

 朝b毎朝、僕のパソコンで飼ってる犬が大声で吠えて起こしてくれる。学校のサーバと繋がっていて毎日の日課も表示してくれるから忘れ物も少なくなったし、宿題も忘れなくなった。

 学校b授業にもインターネットをよく使う。ルーブル美術館やエジプトのピラミッドだって万里の長城だって観て廻れるし、そう言えば6月の「慰霊の日」は平和資料館と繋いで戦争を体験した人の話を聞いたり、当時の写真や映像とかを使ったりしながら勉強した。

 それから、何か解からないことがあったらすぐにインターネットで調べる癖がついたので皆とても物知りだよ。外国にもメル友がいっぱいいるしね。

 家b家庭では教室に備え付けられたムービーカメラがとらえた学校の様子がインターネットでリアルタイムに届いている。学校の様子が見られると、ママも安心だよ。

 放課後bインターネットでいろんな人たちと一緒に対戦ゲームができる! 場所は離れていても、ネットで繋がってるから、まるで友達と一緒に部屋にいるみたい。1対1はもちろん、多人数で一緒に対戦することもできるから迫力満点。綺麗でカッコいいCGが盛り沢山のゲームでも、ブロードバンドならOK。知らない人たちと対戦しながらチャットで会話できたりもするから、友達がどんどん増える。英語は苦手だけど、アメリカの子供たちとゲームで競うのも楽しい。 夜b料金は大丈夫かって? 定額制の常時接続だからインターネット料金はどんなに使ったって変わらない。

 ゲームをダウンロードするのもブロードバンドなら簡単、ダウンロードできるゲームはいっぱいあるし、ブロードバンドなら時間もかからない。おこづかいが少なくても、無料のゲームもいっぱいあるよ。でも、そろそろ寝ないとママに怒られるかな。

 …このような仕組みは現在急速に普及しつつある「ADSL」レベルの通信速度でほとんど実現できる。ということは約2年先には全国的にそのようなインフラ環境がもれなく整うということである。 (「観光とけいざい」2001年7月15日号)


連載03 |  HOME |
本ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は沖縄観光速報社に帰属します。
Copyright (c) 1996 Okinawa Kankou Sokuhousya. No reproduction or republication without permission.